あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

任意整理をした情報はいつまで残る?クレジットカードやローンへの影響を解説

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「任意整理をしたら、いつからまたクレジットカードを使えるんだろう?」

任意整理を行うと、一定期間はクレジットカードやローンの利用が困難になります。
また、一定期間が経ってからクレジットカードやローンの利用を再開したいときには注意点があります。

この記事では、

  • 「任意整理をするとブラックリスト(事故情報)に載る」とはどういうことか
  • 事故情報が消えてから、クレジットカードやローンを利用する際どのようなことに注意すべきか
  • 事故情報が登録されている間でも利用できるキャッシュレス決済には、どのようなものがあるか
  • 任意整理を行った後で、クレジットカードやローンを利用してよいのか

について、弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

「任意整理をしたらブラックリスト(事故情報)に載る」とは?

任意整理は、

  • 支払い過ぎた利息がないか、負債を再計算し、
  • 残った負債について、支払の負担減(将来利息のカットや数年間の分割など)を目指して個々の債権者と交渉する手続

です。

「任意整理をしたらブラックリストに登録される」と聞いたことがある人も多いと思います。

金融機関が「ブラックリスト」という名前の名簿を作っているわけではありません。
個人のクレジットカードやローンの申込み、契約や利用の状況についての情報を「信用情報」といいます。
信用情報を管理しているのが信用情報機関です。
信用情報の中でも、滞納や債務整理などで当初の契約どおりの支払ができていないという情報を「事故情報」と呼ぶことがあります。

事故情報が信用情報機関に登録されている期間は、クレジットカードやローンなどの審査を原則通らなくなってしまいます。
金融機関が審査の際に、信用情報機関へ照会を行うためです。

任意整理をした際の事故情報による支障について、詳しくはこちらをご覧ください。

任意整理後いつから5年経つとクレジットカードを作ることができる?

任意整理の事故情報は、一定期間経過で消える

事故情報は、永遠に登録され続けるわけではありません。

任意整理の場合、長くても

完済してから5年程度

で事故情報が消されることとされています。

信用情報機関ごとの、任意整理の場合の事故情報の扱いは次の表のとおりです。
※2021年8月16日時点の情報です。以下の情報は、随時更新、修正される可能性があります。

信用情報機関任意整理をすると登録される主な情報いつまで載るか
CIC・支払条件変更
・支払総額変更
契約期間中+契約終了後5年以内
JICC
【キャッシングの契約】
・債務整理【契約日または貸付日が2019年9月30日以前】
⇒発生日から5年以内

【契約日または貸付日が2019年10月1日以降】
⇒契約継続中+契約終了後(完済後など)から5年以内
JICC
【クレジットや金融機関等の契約】
・返済条件変更
・返済総額変更
【契約日または貸付日が2019年9月30日以前】
⇒発生日から5年以内

【契約日または貸付日が2019年10月1日以降】
⇒契約継続中+契約終了後(完済後など)から5年以内
KSC(全国銀行協会)任意整理をしたという事実の登録はない

参照:信用情報について|信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構(JICC)
参照:CICが保有する信用情報|割賦販売法・貸金業法指定信用情報機(CIC)
参照:個人情報の取扱い|一般社団法人 全国銀行協会

5年経って、クレジットカードやローンを利用したい際の注意点

「任意整理をしても、支払い終えてからだいたい5年たつと、またクレジットカードとかを使えるの?」と思われるかもしれません。
事故情報が消えたとしても、再度の申込みの際には注意が必要です。

それでは、完済から5年ほど経ってから、クレジットカードやローンの利用を再開したい際の注意点を説明します。

(1)任意整理を行った金融機関やグループ会社では審査を通らない場合も

信用情報機関の事故情報が削除されても、任意整理の際に手続対象とした金融機関やグループ会社の中では「この人は以前任意整理をした」という情報が残っている可能性があります(いわゆる社内ブラック)。

そうすると、「この人は約束通りに、返済してもらえない可能性がある」と警戒し、新規の取引を断る可能性があります。

そのため、任意整理の際に手続の対象とした金融機関やグループ会社は、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりしたい時には避けることが無難です。

(2)クレジットヒストリーが全くないと、審査を通りにくいことも

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンの利用履歴のことで、信用情報機関に登録されています。
事故情報が一定期間の後に抹消された人は、クレジットヒストリーが全くない状態になります(俗に「ホワイト」といいます)。

クレジットヒストリーがまったくないと、「過去に事故情報が登録されていたのではないか」と審査の際に疑われクレジットカードやローンの審査が、やや通りにくいといわれています。

もっとも、生まれてから一度もクレジットカードなどを利用したことがない人であっても、クレジットヒストリーは全くありません(俗に「スーパーホワイト」といいます)。

信用情報の状態は、スーパーホワイトもホワイトも同じなので、金融機関は信用情報を見ただけでは事故があったか分かりません。
そのため、ホワイトだからと言って必ず審査に落ちるというわけではありません。

(3)事故情報が本当に消えているか、信用情報を照会するのがおすすめ

「支払い終わってから大体5年くらい経ったから、もう大丈夫だろう」と安易にクレジットカードやローンの申込みをしても、実はまだ事故情報が残っていて審査を通らないという懸念があります。
事故情報が残っている状況でやみくもに複数社に審査を申し込んでは、審査落ちの回数が増えて信用情報機関に登録され、のちの審査で不利に働くリスクがあります。

本当に事故情報が消えているか、前もって、信用情報機関に照会を行うことがおすすめです。

事故情報がある間のキャッシュレス決済の方法

「事故情報がある間は現金でしか買い物できないのかな……」と不便に思われる方も多いです。
しかし、事故情報が登録されている間でも、利用可能なキャッシュレス決済はあります。
それでは、事故情報があっても基本的に利用可能なキャッシュレス決済について、説明します。

(1)家族カード

任意整理を行うことで事故情報が登録されるのは、手続をした本人だけです。
家族まで事故情報が登録されてしまうことはありません。

そのため、家族が契約しているクレジットカードについて家族カードを作ってもらえば、任意整理を行った本人もクレジットカードを使うことができます。

(2)デビットカードやプリペイドカード

デビットカードとは、利用と同時に同額が銀行口座から引き落とされるカードです。
口座にある範囲のお金しか使えないため、デビットカードの申込みをした際に信用情報が照会されることは基本的にありません(クレジットカードの機能が付帯している場合などを除きます)。
また、あらかじめ入金した範囲の額しか使えないプリペイドカードについても、事故情報が原因で作れないということは基本的にありません。

そのため、事故情報が登録されている間でも、デビットカードやプリペイドカードは基本的に利用可能です。

(3)ETCパーソナルカードなど

任意整理を行うとクレジットカードの新規作成や更新が困難になるので、日常的に高速道路を使う人はETCカードを使えなくなって不便です。

もっとも、ETCパーソナルカードであれば、設定したデポジットの範囲内しか使えないので、信用情報の審査なしに作成できます。(ETCパーソナルカード利用規約に基づく審査があります)

任意整理後のETC利用について、詳しくはこちらをご覧ください。

任意整理をしてもETCカードを使えるのか?その方法を解説

任意整理後にクレジットカードやローンを利用して問題ない?

ここまでは任意整理後にクレジットカードやローンを利用する際のポイントを説明してきました。
しかし、「そもそも利用していいのか?」も慎重に検討する必要があります。

任意整理を行ったのは、それまでに抱えた借入れの返済負担を減らすためです。
「本当にきちんと支払えるのか」を深く考えず、安易にクレジットカードやローンを利用した結果任意整理に至った人も少なくありません。
事故情報がなくなったからといって気軽に利用を再開して、再び債務整理が必要な状況になってしまっては本末転倒です。

任意整理後にクレジットカードやローンを利用したいと思った場合には、自分の家計の状況で無理なく支払っていけるかどうかを慎重に検討してください。

【まとめ】任意整理の事故情報は最長でも完済から約5年で消える。それ以降は、任意整理の対象とした金融機関以外のクレジットカードやローンを利用できる可能性がある

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 任意整理を行うと、一定期間(完済から5年程度)事故情報が信用情報機関に登録される(俗にいう「ブラックリスト」)。この期間はクレジットカードやローンの利用が困難。
  • 事故情報が抹消されてからも、任意整理の対象とした金融機関やグループ会社でのクレジットカードやローンの利用が困難な場合もある。また、クレジットヒストリーがまっさらになると、審査をやや通りにくい場合もある。本当に事故情報が消えているかを、申込みの前に信用情報機関に照会するのがおすすめ。
  • 事故情報が登録されている間でも、次のようなキャッシュレス決済は基本的に利用可能。
    -家族カード
    -デビットカードやプリペイドカード
    -ETCパーソナルカードなど
  • 事故情報がなくなったからといって安易にクレジットカードやローンの利用を再開しては、再び債務整理が必要な事態になりかねない。本当に支払っていけるのか、家計と照らし合わせて慎重に検討する。

アディーレ法律事務所では、任意整理をご依頼いただいたのに所定のメリットがなかった場合、当該手続にあたってアディーレ法律事務所に、お支払いいただいた弁護士費用を原則として全額ご返金しております(2021年7月時点)。

任意整理でお悩みの方は、任意整理を得意とするアディーレ法律事務所にご相談ください。