あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

闇金の取立てで受ける可能性がある行為とは?取立てへの対処法も解説

作成日:更新日:
リーガライフラボ

一般的な貸金業者から融資を断られ、金策に困り果てたところにかかってくる一本の電話。
「お金、貸しましょうか?」
冷静に判断できる状態であれば、そんな不審な申入れを当然断るはずです。
ところが、周囲に頼れる人もなく、明日の生活に困る状況だと藁にもすがるような思いで、融資を受けてしまう人がいるのです。これが闇金の被害者が生まれる仕組みです。

闇金とは

貸金業者は、貸金業者として財務局または都道府県に登録しなければなりません。
また、次のような行為は禁止されています(貸金業法21条1項)。

  • 早朝または深夜(21~8時)の電話・FAX送信・訪問
  • 勤務先など自宅以外への電話・FAX送信・訪問
  • 借主(債務者)の自宅等を訪問し、退去を求められたにもかかわらず居座る行為
  • 貼り紙や立て看板等で借金の事実を周囲に明らかにする行為
  • 債務者以外の人に借金の返済を求める行為
    そのほか貸し付けできる金額の上限や上限金利に関する規制にも服しています。

一方、闇金業者は貸金業者として登録しておらず、上記の行為も平然と行います。
近年多い闇金業者は、事務所を持たず、携帯電話1つで業務を行っています。LINEでのみやり取りし、携帯番号さえ明かさない業者も珍しくありません。

闇金の取立てで受ける可能性のある6つの行為

闇金業者が取立てに際してよくする6つの迷惑行為をお伝えします。
このような行為が立て続けに続くと、自宅でそれまでどおりの平穏な生活をすることが不可能になりかねません。
一概にはいえませんが、借りている金額が高い人ほど嫌がらせを受ける可能性は高まります。逆に、借りた金額を返済し終えていれば嫌がらせを受ける可能性は低くなります(ただし、この場合でも利息を支払わせるために執拗な嫌がらせを受ける可能性があります)。

(1)脅迫まがいの催促の電話がくる

昔ほど頻繁ではありませんが、期日までに返済しない場合、闇金業者は昼夜を問わず乱暴な言葉遣いで返済を催促してくる可能性があります。

「〇日までに払えなければ、お前の家族から回収するからな!」
「お前の職場をこっちは掴んでんだよ。近いうちに回収しに行くからな」
「金を返せないお前のせいで、お前の子どもが地獄を見ることになる」
「夜道に気を付けろ」

ひっきりなしに携帯に電話がかかってくるため、携帯の電源を落としたくなるでしょう。そうなると、仕事に支障がでたり、周囲に連絡がしづらくなったりしてしまいます。

(2)自宅に直接取り立てに来る

警察の取り締まりが強化されたため、最近では少なくなりましたが、借金の返済が滞ると自宅に直接取立てに来ることがあります。その際、大声を上げられたり、乱暴な言葉を言われたりして、近所の人にも迷惑がかかります。
帰り際、「金返せ」「ドロボー」など玄関や家の塀に貼り紙をしていくケースもあります。近所の人にも借金のことが発覚してしまいますし、その日以降もこそこそと噂をされる可能性もあります。本来であれば心休まるはずの自宅で落ち着けなくなるため、精神的な疲労は相当でしょう。

(3)実家や勤務先に電話をする

携帯電話の電源をオフにしたり居留守を使ったりすると、闇金業者は本人ではなく、実家や勤務先に返済を催促する電話をするケースがあります。悪質なケースでは、実家の家族にまで取り立てたり、勤務先に来たりします。
本来、家族や勤務先は対応する必要がないのですが、暴力的な言葉や執拗な取立てで家族や勤務先に迷惑となるケースが多いのが実情です。勤務先に迷惑がかかると、出世に影響したり、何かしら理由を付けて解雇されたりする可能性もあります。

(4)ネット通販で注文され大量の商品が自宅に届く

嫌がらせ目的で、大量の出前、ネット通販の大量発注をされる可能性があります。自分で注文していなければ、商品を受け取らずに代金の支払いを拒否できます。もっとも、相手には注文された分の損害が生じるため、素直に引き下がってくれるとは限りません。初回はともかく、同じことが何度も続けば何らかの対応が必要になってきます。
他人に迷惑をかけるため、精神的に追い詰められるでしょう。

近隣の店舗に「悪質な嫌がらせを受けているので、注文があったとしても自分ではない」とあらかじめ連絡しておくのも1つの手段です。もっとも、出前を引き受けている店舗が数多くある都会では、この手段は採りづらいでしょう。

(5)消防車や救急車を呼ばれる

嫌がらせ目的で「火事になっている」と勝手に消防車を呼ばれることがあります。周囲は騒然となりますし、何度も同じことが続けば居心地が悪くなってしまうでしょう。そのほか、救急車やタクシーを呼ばれるケースもあります。

(6)動物の死骸を送られる

嫌がらせ目的で、ネズミやヘビなど動物の死骸を宅配便で送られることがあります。債務者の不快感は計り知れず、相当な精神的ダメージを与えられます。

闇金を恐れる前に知っておくべきこと

闇金を恐れる前に知っておくべきことをお伝えします。

(1)闇金の嫌がらせの目的は恐怖を与え借金の支払いをさせること

このような数々の嫌がらせをする目的は、債務者に借金の支払いをさせることです。
周囲に迷惑をかけ「周りの人に迷惑をかけて居づらくなるくらいならば、お金を何としてでも払おう」と追い込もうとしているのです。

(2)闇金は違法であり返済の義務はない

闇金業者は、利息制限法の上限金利に違反しており、登録をせずに貸金業を営んでいるため、違法な業者にあたります。そのため、闇金業者に返済する義務はありません(民法708条)。
しかし、私たちは子どもの頃から「借りたものを返す」のが常識だと教えられているので、闇金業者もまた「借りたものを返すのが当たり前」だと知識のない人を追い詰めるのです。「借りたものを返す」という常識が通用するのは法律を守っているもの同士ですので、闇金業者には利息はもちろん借りたお金さえ支払う必要がありません。

(3)闇金が嫌がることは弁護士などの介入

闇金が最も嫌がることは、弁護士や警察の介入です。
闇金は自分たちの貸付が違法であることを知っているため、法律に基づいて行動する弁護士や警察が介入すると、それ以上取り立てられないと考えるのです。
ただし、悪質な闇金業者であれば、弁護士に依頼したことでかえって逆上する可能性もありますので、弁護士に依頼するときには毅然と闇金に立ち向かう覚悟を持ちましょう。

闇金の取立てから逃れる対処方法

闇金の取立てから逃れる対処方法をお伝えします。

(1)警察に相談する

闇金の取立てから逃れる方法のひとつは警察に相談することです。
もっとも、警察に実際に動いてもらうためには、闇金の取立てが単なる借金の督促ではなく脅迫や強要にあたることを示す証拠が必要となります。「ぶっ殺す」や「家に火をつける」など直接危害を加える発言があった場合には、それを録音しておき、警察に聞いてもらいましょう。

闇金業者以外の貸金業者から借入れがある場合、警察は借金に対する根本的な解決をしてくれるわけではありません。

(2)弁護士に相談する

弁護士に相談すれば、証拠がなくても闇金の取立てから解放される可能性があります。
弁護士に依頼をすれば闇金業者が逆上してしまう可能性もある一方、最短即日で取立てがなくなることもあります。どちらの結果となるかは依頼してみるまでわかりません。
いずれにしても、法律のプロである弁護士が一緒に闇金業者と戦ってくれるため、心強いはずです。また、借金自体の相談もできるため、根本的な解決となる可能性が高いといえます。

【まとめ】闇金の取立てにお困りの方はアディーレ法律事務所へ

闇金業者への対応はひとりでは難しいのが実情です。
弁護士に相談すれば、闇金業者が取立てをやめる可能性や根本的な借金の解決に繋がる可能性もあります。借金問題でお困りの方はアディーレ法律事務所へご相談ください。