過払い金請求とは?

履歴を開示してくれない場合はどのような対応が可能ですか?

前述のように,貸金業者は取引履歴を開示する法的な義務を負っています。しかし,取引履歴を廃棄したことを理由として,いまだに一部の取引履歴しか開示を行わない貸金業者も若干存在します。

当事務所では,そのような貸金業者に対しては,何度も全部の取引履歴を開示するよう請求しますが,それでも開示を拒否する貸金業者が存在します。そのような場合には,金融庁や各都道府県知事に行政指導を申告したり,訴訟を提起し,証拠保全や文書提出命令という手続で開示を求めることになります。ただ,これらの裁判所の手続によっても開示に応じない貸金業者がいくつか存在し,現状の課題となっています。もっとも,貸金業者からの協力を得られない場合には,資料をもとに取引経過を推定して計算し,過払い金を請求する方法や,初回の残高を無視し,0円として計算をするという方法で対応できる場合があります。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

とりあえず試してみるか…ぐらいの気持ちで依頼したら、想像以上の過払い金が戻って来て驚きました!

  • ★★★★★★大満足
  • 過払い金
  • 60代以上
  • 男性
債務者アイコン

ダメでもともと、借りたことがある人はまず電話してみては

  • ★★★★やや満足
  • 過払い金
  • 60代以上
  • 男性
債務者アイコン

借金がなくなり、過払い金を取り戻せたので幸せです。

  • ★★★★★★大満足
  • 過払い金
  • 不明以上
  • 女性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

過払い金のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。