メディア情報

新聞掲載履歴

東京スポーツ新聞社「東京スポーツ」

東京スポーツ新聞社「東京スポーツ」

2020年6月25日(木)

東京スポーツ新聞社「東京スポーツ」から‟売春防止法“について河合誠弁護士が取材を受けました。誌面では“渡部建 1回1万円の〝トイレ不倫〟は買春に当たるのか?専門家を直撃”という記事を掲載。河合弁護士は、相手の女性が18歳以上であることを前提とした上で、売春防止法ではあくまで『不特定の相手方』でなければならず、報道を見る限り、相手女性は『不特定の相手方』という要件を満たさない可能性が高く、売春防止法には当たらない可能性が高いのではないかとコメントしています。

報知新聞社【スポーツ報知】

スポーツ報知

2020年5月27日(水)

報知新聞社「スポーツ報知」から、“SNSなどによる誹謗中傷問題”について、長井健一弁護士が取材を受けました。誌面では、木村花さんの訃報を受け、年内の法改正が進む見通しであることについて掲載。長井弁護士は、SNSによる誹謗中傷がどのような罪に問えるか、被害者が裁判を起こすことが難しい問題点、被害者救済のためにはどのような法整備が必要なのかについて解説しています。

日本経済新聞社【日本経済新聞 朝刊】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

2020年3月5日(木)

日本経済新聞社「日本経済新聞 朝刊」から島田さくら弁護士が取材を受けました。紙面では、「真相深層:2020年4月からの民法改正による未払い残業代の請求期間延長」を取り上げ、さくら弁護士は労働問題に詳しい弁護士としてコメントしています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

2019年5月17日(金)

スポーツ新聞「スポーツニッポン」から、“小室圭さんの母とその元婚約者との金銭トラブル”に関する記事で、秦和昌弁護士が取材を受けました。秦弁護士は、個人間の借金は10年(※)で時効を迎えることについてや、口約束であっても借金は成立することなどについて、借金問題に詳しい弁護士として解説しました。この記事はSponichi Annexにも掲載されています。

※当時の法制度による。

産業経済新聞社【産経新聞 和歌山版】

産業経済新聞社【産経新聞 和歌山版】

2019年2月25日(月)

産経新聞和歌山版で掲載されている法律コラム「暮らしの法律相談」に、池本泰智弁護士の過払い金の返還請求手続きに関する解説が掲載されました。池本弁護士は、過払い金が発生する仕組みについてや、過払い金請求の時効についてなど、借金や過払い金に詳しい弁護士としてわかりやすく解説しました。

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2019年2月21日(木)付(2/20発行)

夕刊スポーツ紙「東京スポーツ」から、“不倫逆転裁判”について、鮫島玲央弁護士が取材を受けました。この裁判は、不倫相手に離婚の慰謝料請求を求める裁判で、今回、一審・二審の判決を覆す判断がなされました。鮫島弁護士は、今回の裁判のポイントや、今後の見通しなどについてわかりやすく解説しています。

産業経済新聞社【産経新聞 和歌山版】

産業経済新聞社【産経新聞 和歌山版】

2018年4月22日(日)

産経新聞和歌山版で掲載されている法律コラム「暮らしの法律相談」に、池本泰智弁護士の強制執行手続きに関する解説が掲載されました。池本弁護士は、自分の土地に他人が勝手に物を置かれていたので裁判を起こし、その物をどけるよう判決を取得した際に、強制的に物をどけるにはどのような手続きを取れば良いのかなどについて解説しました。