メディア情報

新聞掲載履歴

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2017年8月30日(水)付(8/29発行)

夕刊スポーツ紙「東京スポーツ」から、“映画舞台挨拶での公然わいせつ”に関する記事で、岩沙弁護士が取材を受けました。岩沙弁護士は、どのような場合に公然わいせつ罪が成立するのかや、騒動が原因で公開中止になった映画館は損害賠償請求できる可能性があることなどについて、わかりやすく解説しています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2017年8月29日(火)

スポーツ新聞「スポーツニッポン」から、“橋本市議が架空チラシ問題で辞職”に関する記事で、吉岡達弥弁護士が取材を受けました。吉岡弁護士は、架空経費の計上は詐欺罪が成立する可能性があることや、印刷会社が架空経費の計上と認識して領収書を発行していた場合、罪に問われるのかなどについて、わかりやすく解説しています。

日刊スポーツ新聞社【日刊スポーツ】

日刊スポーツ新聞社【日刊スポーツ】

2017年8月29日(火)

スポーツ新聞「日刊スポーツ」にて、8月に発売した当事務所の新刊「弁護士が教える!小さな会社の法律トラブル対応」(あさ出版)が紹介されました。書籍は、中小企業の経営者に必須の法律知識がQ&A形式で学べる内容になっており、6つのテーマ(従業員、消費者、商取引、契約書、債権回収、知的財産)ごとに、具体的な事例をあげて丁寧に説明していることなどが紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年8月26日(土)

スポーツ新聞「サンケイスポーツ」にて、債務整理に関する相談先として、当事務所が紹介されました。借金を整理することで、減額や支払いの免除、払いすぎた金利(過払い金)を取り戻せる可能性があることや、過払い金の請求、任意整理、民事再生、自己破産に関するご相談は、何度でも無料で行っているため、まずはお気軽にご相談いただきたいという、当事務所のメッセージが紹介されております。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2017年8月23日(水)

スポーツ新聞「スポーツニッポン」にて、債務整理に関する相談先として、当事務所が紹介されました。より身近な法律事務所を目指している当事務所では、債務整理の依頼で満足できなかった場合、90日以内の契約解除であれば着手金を全額返金する制度を導入していることや、過払い金の請求、任意整理、民事再生、自己破産に関するご相談は無料で行っているため、まずはお気軽にご相談いただきたいという、当事務所のメッセージが紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年7月29日(土)

スポーツ新聞「サンケイスポーツ」にて、8月発売の当事務所の新刊「弁護士が教える!小さな会社の法律トラブル対応」(あさ出版)が紹介されました。記事では、本書が生まれたきっかけや、従業員、消費者、商取引、契約書、債権回収、知的財産の6つのテーマごとに、トラブルを未然に防ぐための法律知識を、具体的な事例をもとに、Q&A形式で丁寧に説明していることなどが紹介されています。

日刊スポーツ新聞社【日刊スポーツ】

日刊スポーツ新聞社【日刊スポーツ】

2017年7月29日(土)

スポーツ新聞「日刊スポーツ」にて、債務整理に関する相談先として、当事務所が紹介されました。借金を整理することで、減額や支払いの免除、払いすぎた金利(過払い金)を取り戻せる可能性があることや、過払い金の請求、任意整理、民事再生、自己破産に関するご相談は、土日祝日も無料で行っているため、まずはお気軽にご相談いただきたいという、当事務所のメッセージが紹介されております。

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2017年7月29日(土)付(7/28発行)

夕刊スポーツ紙「東京スポーツ」から、“今井絵理子議員の不倫疑惑”に関する記事で、鮫島玲央弁護士が取材を受けました。鮫島弁護士は、不倫相手の今井さんへ妻が裁判を起こすことも可能なことや、離婚調整中の慰謝料は金額としては低額になる可能性もあることなどについて、わかりやすく解説しています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2017年7月26日(水)

スポーツ新聞「スポーツニッポン」にて、8月発売の当事務所の新刊「弁護士が教える!小さな会社の法律トラブル対応」(あさ出版)が紹介されました。記事では、中小企業の経営者に必須の法律知識がQ&A形式で学べることや、120年ぶりの大改正である民法改正についてもいち早く取り上げ、その内容を分かりやすく説明していることなど、書籍の内容に触れ紹介されています。

産業経済新聞社【産経新聞 和歌山版】

産業経済新聞社【産経新聞 和歌山版】

2017年7月25日(火)

産経新聞和歌山版で掲載されている法律コラム「暮らしの法律相談」に、池本弁護士の借金問題に関する解説が掲載されました。池本弁護士は、たとえ友人から頼まれていても、債務引受(他人の借金を肩代りすること)の契約書へ署名をすることは、友人の借金問題が解決しないばかりか自分まで問題に巻き込まれてしまうので、注意が必要だと解説しました。その上で、友人の借金問題を解決するための有効な手段が、別にあることを説明しました。

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2017年7月20日(木)付(7/19発行)

夕刊スポーツ紙「東京スポーツ」から、“松居一代さんが船越英一郎さんを個人事務所の役員から解任”に関する記事で、池田弁護士が取材を受けました。企業トラブルに詳しい池田弁護士は、不倫疑惑を理由に松居さんは船越さんを取締役から解任できるのかや、その場合船越さんは解任に伴う損害賠償請求ができるのかなどについて、弁護士の立場からわかりやすく解説しています。

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

東京スポーツ新聞社【東京スポーツ】

2017年7月7日(金)付(7/6発行)

夕刊スポーツ紙「東京スポーツ」から、“松居一代さんと船越英一郎さんの離婚調停”に関する記事で、村松弁護士が取材を受けました。村松弁護士は、今後離婚調停はどのような展開になるのかや、離婚裁判になった場合、判決までに数年かかる可能性もあることなどについて、弁護士の立場からわかりやすく解説しています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

2017年6月28日(水)

スポーツ新聞「スポーツニッポン」にて、B型肝炎の給付金請求に関する相談先として、当事務所が紹介されました。記事では、どのような方が給付金の対象になるのかや、給付金の請求には期限があるため、まずはお気軽にご相談いただきたいという、当事務所のメッセージが紹介されております。

毎日新聞社【毎日新聞 朝刊】

毎日新聞社【毎日新聞 朝刊】

2017年6月22日(木)

毎日新聞社「毎日新聞 朝刊」にて、松澤弁護士が講師を務めた「弁護士が伝えるB型肝炎の給付金セミナー」について紹介されました。記事では、松澤弁護士が給付金制度の内容や制度についてわかりやすく解説している様子や、施行から5年経った今もその認知度が低いという現状をふまえたうえで、「B型肝炎や給付金制度についての理解が広がっていない。自分が被害者かもしれないという認識を持って、保健所や病院でウイルス検査を受けてほしい。」というメッセージが紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年6月15日(木)

スポーツ新聞「サンケイスポーツ」にて、B型肝炎の給付金請求に関する相談先として、当事務所が紹介されました。記事では、どのような方が給付金の対象になるのかや、感染された方に対する給付金制度の施行から5年が経った現在も、いまだ給付金に関する情報が広く認知されていない現状をふまえ、ご相談は無料のため、まずはお気軽にご相談いただきたいという、当事務所のメッセージが紹介されております。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

2017年5月30日(火)

スポーツ新聞「スポーツニッポン東京版」にて、B型肝炎の給付金請求に関する相談先として、当事務所が紹介されました。給付金は、集団予防接種などの注射器の連続使用によりB型肝炎ウイルスに感染された方や、それに起因して母子感染された方、このケースで感染された方の相続人が対象となることや、給付金の請求には期限があるため、まずはお気軽にご相談いただきたいという当事務所のメッセージが紹介されております。

日本経済新聞社【日本経済新聞 夕刊】

日本経済新聞社【日本経済新聞 夕刊】

2017年5月26日(金)

日本経済新聞社「日本経済新聞 夕刊」から、岩沙弁護士が取材を受けました。記事では,“不当な残業どう減らす?”という特集記事を掲載。労働トラブルに詳しい岩沙弁護士は、不当な残業を強要されたときの自衛策として、正確な勤務時間を自分で記録するのが大事なことや、どのようなものが証拠になるのかなどについて、わかりやすく解説しています。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年5月26日(金)

スポーツ新聞「サンケイスポーツ」にて、B型肝炎の給付金請求に関する相談先として、当事務所が紹介されました。記事では、B型肝炎に感染された方は国内に約40万人いると言われており、感染された方に対する給付金制度の施行から5年が経った現在も、いまだに認知度が低いという現状や、ご相談は無料のため、まずはお気軽にご相談いただきたいという当事務所のメッセージが紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年4月22日(土)

スポーツ新聞「サンケイスポーツ」にて、交通事故被害に関する相談先として、当事務所が紹介されました。交通事故に遭われた際は、早くから弁護士に相談するのが大切なことや、今年4月時点で10,000件以上の交通事故被害に関する解決実績があり、相談は何度でも無料で行っているため、まずは気軽にご相談いただきたいという当事務所のメッセージが紹介されております。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

2017年4月19日(水)

スポーツ新聞「スポーツニッポン」にて、交通事故被害に関する相談先として、当事務所が紹介されました。治療費の支払や休業損害の金額を気にせずケガの治療に専念するには、早くから弁護士に相談することが大切なことや、身近な法律事務所を目指す当事務所は、交通事故に関するご相談は何度でも無料で、土日祝日も休まずに受付対応を行っていることなどについて、紹介されております。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

2017年3月30日(木)

スポーツ新聞「スポーツニッポン」から、当事務所の新刊「知識ゼロからの 小さな会社の始め方」について紹介されました。記事では本書が、専門用語を最小限にとどめた解説と図解で、難解な資金繰りや税金についての理解を手助けすることや、数年先を見据えて順調な会社運営をするために必要な法的リスクへの備えも学ぶことができることに触れ、紹介されています。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年3月29日(水)

スポーツ新聞「サンケイスポーツ」から、当事務所の新刊「知識ゼロからの 小さな会社の始め方」について紹介されました。記事では本書の特徴である、会社の設立手順や、設立後の運営ポイントを漫画を交えてわかりやすくまとめていることや、知らなかったばかりに「不利益を被った」ということにならないように、あらかじめ押さえておきたい注意事項を挙げていることに触れ、紹介されています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

2017年2月22日(水)

人気スポーツ紙「スポーツニッポン 東京版」にて,未払い残業代請求に関する相談先として,当事務所が紹介されました。サービス残業をしている方だけではなく,固定残業代やみなし残業代を貰っていても,原則,残業時間が残業手当分の賃金を超過していれば未払い残業代を貰う権利があり,残業代は最大2年分まで遡っての請求が可能となることや,相談は無料で行っているため,まずは弁護士にご相談いただきたいという,当事務所のメッセージが紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年2月21日(火)

人気スポーツ紙「サンケイスポーツ」にて,未払い残業代請求に関する相談先として,当事務所が紹介されました。記事では,職種・業種を問わず原則,1日8時間,1週間40時間を超えた労働時間であれば,時間外労働分の残業代が支払われることや,「固定残業代」や「みなし残業代」を受け取っていても残業時間が残業手当分の賃金を超過すれば,未払い残業代をもらう権利があることなどについて紹介されております。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

2017年2月4日(土)

人気スポーツ新聞「スポーツニッポン 東京版」から,岩沙弁護士が取材を受けました。記事では,4歳児を自転車でひき逃げした19歳少年が書類送検された事故について掲載。岩沙弁護士は,自転車事故は自動車のような保険制度が浸透していない実情や,賠償金の支払いが困難になる事態もあることなどについて,わかりやすく解説しています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】

2017年1月25日(水)

人気スポーツ新聞「スポーツニッポン 東京版」にて,未払い残業代請求に関する相談先として,当事務所が紹介されました。記事では,業種・職種問わず,原則,1日8時間,1週間40時間を超えた労働時間であれば,時間外労働分の残業代が支払われることや,相談は無料で行っているため,まずはお気軽に弁護士にご相談いただきたいという,当事務所のメッセージが紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ 大阪版】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ 大阪版】

2017年1月22日(日)

人気スポーツ紙「サンケイスポーツ 大阪版」にて,未払い残業代請求に関する相談先として,当事務所が紹介されました。サービス残業をしている方だけではなく,固定残業代やみなし残業代を貰っていても,原則,残業時間が残業手当分の賃金を超過していれば未払い残業代を貰う権利があり,残業代は最大2年分まで遡っての請求が可能となることなどについて紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

2017年1月19日(木)

人気スポーツ紙「サンケイスポーツ」にて,未払い残業代請求に関する相談先として,当事務所が紹介されました。原則として,職種・業種を問わず1日8時間,1週間40時間を超えた労働時間であれば,時間外労働分の残業代が支払われることや,相談は無料で行っているため,「自分の業種・職種では残業代請求は難しいのではないか」と思い込まず,まずは弁護士にご相談いただきたいという,当事務所のメッセージが紹介されております。