当事務所の弁護士・司法書士紹介

松日樂 健吾

弁護士 松日樂 健吾

まつひら けんご

池袋本店
資格 弁護士
所属 東京弁護士会
出身 東京都
出身大学 早稲田大学法学部、早稲田大学大学院法務研究科

ご挨拶

トラブルが発生したとき、それは法律で解決すべきなのか、解決するためにはどこで何をすればいいのかということは、必ずしも簡単にわかるものではありません。だからといって、真っ先に泣き寝入りする必要はありません。ぜひ一度、弁護士にご相談ください。「相談してよかった」と思っていただけるよう、私も弁護士として最善を尽くします。

私のキーワード

その1「映画」

幼少期から、映画を観るのが好きです。なかでも、観るだけでスカッとするようなアクション系のジャンルが好きです。「ミッション:インポッシブル」シリーズや、「ワイルド・スピード」シリーズなどは欠かさずチェックし、最新作が公開されたらすぐに映画館に足を運んでいます。また、作品を鑑賞するだけではストーリーの全容をつかむのが難しかったり、作中では語られない複雑な背景設定が用意されていたりする映画も面白いなと感じます。まず作品を観て、そのあとにストーリー解説などを読み漁り、もう一度作品を見直すということを繰り返しています。

その2「サッカー観戦」

小学生の頃、当時住んでいた地域をホームタウンとするチームの試合を何度か観に行ったことがきっかけで、サッカー観戦が好きになりました。最近では、国内外を問わず、サッカーの試合観戦や情報収集が趣味の一つです。たくさんの試合を、すべてリアルタイムで観戦・視聴することは難しいですが、試合結果や選手の成績、移籍情報などは、ほぼ毎日欠かさずチェックしています。いつかヨーロッパ旅行をして、現地で試合を観戦するのが夢です。

その3「地元」

生まれは東京ですが、「地元」がどこかというのは実は自分でもよくわかりません。というのも、父が「転勤族」だったため、幼少期から引越しを繰り返しており、一ヵ所で何年も過ごした経験がないのです。たとえば、小学校は計4校通いました。当時は、転校のたびに友達と別れることになり、悲しかったですが、今になって思い返すと、全国各地を旅行したり、地域ごとにカラーの異なる同級生と友達になれたりと、貴重な体験がたくさんできました。こうした経験が、今の自分の糧となっています。

弁護士・司法書士紹介へ戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。