当事務所の弁護士・司法書士紹介

山下 汐里

弁護士 山下 汐里

やました しおり

池袋本店
資格 弁護士、TOEIC650、簿記2級、行動心理士
所属 東京弁護士会
出身 三重県
出身大学 立命館大学法学部
所属委員会等 消費者問題特別委員会

ご挨拶

私の夢は、多くの人に法律に関する事柄をかみ砕いてご説明し、「法律ってこういうものなんだ」と理解していただくことです。本来、法律は身近な存在であるにもかかわらず、それを理解することは簡単ではありません。そんな社会を変えたいので、「こんなこと訊いて迷惑じゃないかな」と思わずに、気になったことは何でも遠慮なく尋ねてください。皆さんがどんな疑問を抱くかを把握して、より分かりやすい説明の仕方を探求していきます。

私のキーワード

その1「笑顔」

「弁護士は人の不幸で飯を食う」と揶揄されることがあります。しかし、今の時代普通に生活していても交通事故や離婚などの法的トラブルに見舞われます。弁護士がいなければそれらのトラブルを解決できず、悩み続けることになるでしょう。ですから、私は「弁護士は人を笑顔にしてお金を頂戴する」仕事だと信じています。法的トラブルを抱えて当事務所を訪れた方が、無事事件が解決して最高の笑顔を見せてくれるように、弁護士として最善を尽くします。

その2「スイーツ」

甘いものにとにかく目がなくて、ダイエットをしていてもスイーツバイキングで食べ過ぎてしまうくらいです。スマホでスイーツの情報を眺めていたら半日過ごせます。中でもチョコレートが大好きで、受験時代には2日で「神戸ショコラ」を1袋開けてしまうこともありました。おかげで太りすぎて困りました。その反面、ブラックコーヒーはいまだに苦手なので、子どもっぽい口なのだと思います。

その3「創作活動」

役者になりたいと真剣に思ったこともあるくらい、演劇が大好きで、下北沢の演劇からブロードウェイのミュージカルまでいろいろなものを観てきました。自分の体験できない人生や世界を、まるで当事者のように味わえるのが創作活動の魅力です。また、創作活動を通じて知り合った人々とのつながりは私の一つの財産です。今でも趣味でシナリオを書き続けており、これからも時間の許す限り、演劇鑑賞やシナリオの執筆を続けたいと思っています。

弁護士・司法書士紹介へ戻る

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。