ヤミ金融被害とは?

ヤミ金融業者はどこから多重債務者の情報を得るのですか?

主に自己破産や民事再生をした際に掲載される官報から情報を得ているといわれています。官報には裁判所からの公告として、自己破産や民事再生をした方の名前と住所が掲載されます。日本全国の地方裁判所から情報が集まるので当然なのですが、毎日、非常に多くの方の情報が掲載されます。そのため、意識して懸命に探さなければ、誰にも気づかれないのが一般的です。

しかし、ヤミ金業者だけは、官報を見ているといわれています。なぜなら、自己破産や民事再生を行った人は、それまでの借金がゼロあるいは大幅な減額がされていて、かつ、しばらくの間は正規の貸金業者から借入をすることができないからです。

ですから、官報に掲載されると、その後、数ヵ月間は自宅にヤミ金業者からのダイレクトメールが届くことがあるようです。また、一度でもヤミ金業者からお金を借りてしまうと、その情報が悪用され、別の業者から融資勧誘の電話がかかってきてしまうこともあるようです。
万が一、ヤミ金業者からの勧誘があった場合は、絶対に応じてはいけません。

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。