自己破産後はクレジットカードが使えなくなる!新規契約もできない?

自己破産

「自己破産すると、やっぱりクレジットカードは使えなくなってしまうの?」

「過去に自己破産をしたことがある。あれから数年たったけど、新たにクレジットカードは作れるのだろうか?」

結論からお伝えすると、自己破産すると今契約中のクレジットカードは使えなくなり、その後新たなカードも“一定期間”は作ることができなくなります。自己破産を検討しなければいけない状況にある方は、クレジットカードの支払いで厳しいときの当座をしのいでいる…という方もいるかもしれません。カードが利用できなくなると、不便になるばかりでなく、生活のやりくりができるか不安で、なかなか自己破産に踏み切れない…という方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、自己破産後の信用情報やクレジットカードについて弁護士が解説していきます。また自己破産の手続き開始後、クレジットカードの代わりに利用できるものをご紹介します。生活の見直しはしたいけどもクレジットカードが使えなくなるから……と、自己破産に踏み切れない方はぜひお読みください。

弁護士による過払い金・借金の無料相談を実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

アディーレ法律事務所は債務整理・過払い金のご相談が無料です。お気軽にお問い合わせください。

自己破産すると持っているクレジットカードはどうなる?

契約中のクレジットカードはどうなる?

まず知っておいていただきたいのは、自己破産の手続きを行うと契約中のクレジットカードの利用は継続できなくなるということです。自己破産を正式に弁護士に依頼すると、弁護士は、依頼者の自己破産の予定と、依頼を受けたことを知らせる通知(受任通知)を債権者(お金を貸す側、つまり今回の場合はクレジットカード会社)に送ります。この受任通知を受け取ったクレジットカード会社は、契約に基づき強制解約を行います。この時点で契約中のクレジットカードはすべて利用できなくなります。

さらに自己破産する場合は、すべての債権者を巻き込んで手続きを進める必要があります。詳しい説明はとても難しくなるので省きますが、クレジットカードが使えなくなることを回避するために、クレジットカード会社の分だけ返済を続けるということはできません。任意整理のように一部の債権者だけを避けて手続きするというやり方は、自己破産ではありえないのです。

自己破産の依頼後の流れはこちらの記事もご参照ください。受任通知が送られるタイミングがよりわかりやすいと思います。

自己破産手続きにかかる期間と流れ。手続きを早く終えるために大切なこと
「自己破産は手続きが終わるまで、どのぐらいの時間がかかるのだろう?」 「自己破産後、どのぐらいの期間が経てば信用情報は回復するの?」 自己破産を検討されている方は、借金から早く解放されたいという気持ちもありますから、手続きの完了に一体ど...

契約しているけど一度も使ってないカードはどうなる?

一度も使っていないクレジットカードだとしても、弁護士は依頼を受けると受任通知をそのカード会社にも送ります。そのため破産を依頼した後は使っていなかったカードも使えなくなります。もしも一度も使っていないカードだからと弁護士に申告をせず、依頼後に利用してしまった場合は、大変なことになりますので、くれぐれもご注意ください 。
具体的に何が起こるかというと、弁護士に自己破産の依頼をした後に債務(借金)を増やすようなことをすると、裁判所に自己破産(免責)を認めてもらえなくなる可能性がでてくるでしょうし、それどころか詐欺罪に問われる可能性すらあります。それゆえ、自己破産手続きを弁護士に依頼する場合は、使用してなかろうと、必ずカードの有無を申告してください。ちなみに大抵の弁護士は依頼を受けると、依頼者の持つクレジットカードをすべて預かり、ハサミを入れます。強制的に使えないようにするためです。

自己破産した場合、貯まっていたポイントはどうなる?

自己破産をするとクレジットカードが強制解約になるのと一緒に、そのクレジットカード会社独自のポイントは、すべて失効してしまいます。「解約」ですから当たり前ですよね。なお、自己破産を弁護士に依頼する直前にポイントを利用しても、手続きにおいて不利になることはほぼありません。もし大量にポイントを保有しているという場合は、依頼前に使いきっておくのが賢いかもしれません。ただし、ここで一点注意してください。ポイント購入で足りなかった分を追加で直前利用(借入れ)した場合、手続きにおいて不利になることがあります。ポイント内で収まるようにしてください。

クレジットカード会社発行のETCカードなどはどうなる?

先ほど自己破産をすると、クレジットカードはすべて強制解約になるとご説明しました。しかし、カードが解約となった後でもETCカードだけは利用できてしまうことがあります。クレジットカード会社によっても異なりますが,カード解約後からETCカードが使えなくなるまでに、手続きの関係で一定の期間があいてしまうことがあるようです。しかし、だからと言って利用し続けてもいいというわけではありません。ご自身で必ず自動車からETCカードを取り外し、利用しないようにしてください。もし誤って使ってしまうと、これも免責を認めてもらう上で影響がでてしまうかもしれません。

配偶者が自己破産した場合、自分名義のカードはどうなる?

配偶者などのご家族が自己破産手続きをしたとしても、ご自身名義のクレジットカードが解約になるなどの影響は基本的にありません。クレジットカードの契約や、このあとご説明する信用情報は個人単位で管理されるものなので、配偶者であっても影響はないのです。
ただし破産手続き中の方は、同居する配偶者をふくむ、他人名義の負債の返済をすることはできません。例えば次のような場合が考えられます。妻の名義で作ったクレジットカードで冷蔵庫を割賦購入し、実際には夫が毎月の返済をしている場合に、もし夫が自己破産するとなると、夫の収入から返済することができなくなります。この場合は、妻の収入で返済するか、親族などに援助してもらうなどの方法で対処しなければなりません。

自己破産するとクレジットカードは二度と作れないのか?

これまで述べてきたように、自己破産の手続き後は契約中のカードはすべて解約されてしまいます。さらにそれだけでなく、新たなカードもしばらくは作ることができなくなるのです。ここからは、自己破産の手続き後のクレジットカードの新規契約について触れていきます。

自己破産後は新たなクレジットカードが一定期間作れなくなる理由

自己破産をすると、クレジットカードが新たに作れなくなるのは、自己破産すると信用情報機関に事故情報として登録されてしまうためです。信用情報とは、消費者金融、クレジットカード会社、銀行などの金融機関が業界ごとにつくっているデータベースのことです。各信用情報機関と提携している金融機関やクレジットカード会社などは、このデータベースを閲覧することができるようになっており、新規契約が申し込まれた際に必ずこのデータベースを参照します。そのため、自己破産した人がクレジットカードを申し込むと、審査時に事故情報が引っかかって、審査に通らないということが起こります。つまり事故情報が登録されている間は新規契約ができなくなるわけです。ちなみに、これが皆さんもご存知と思いますが、俗に「ブラックリストに載る」とか、「ブラックになる」と呼ばれる状態を表しています。それでは、このまま信用情報についてもう少し詳しく説明します。

信用情報が回復するのはいつ?いつになったらクレジットカードが作れるのか?

信用情報への事故登録期間は、3つある信用情報期間によって異なります(それぞれの機関の説明は下表を確認してください)。CICとJICCでは免責許可決定から5年間、KSC(全銀協)では免責許可確定の官報掲載から10年間と言われています(官報は国が発行する新聞のようなもので、裁判所併設の本屋など官報販売所だけで販売しています)。ただし、多少前後することもあるため、自己破産終了から7〜10年程度と表現されることも多いです。KSCだけが少し登録機関が長いので、自己破産後にクレジットカードを作るなら、KSCに登録していないクレジットカード会社に問い合わせる方が良いかもしれません。

 

機関名所属会員の業種事故情報の登録期間
CIC信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・
銀行系クレジットカード会社・家電メーカー系クレジット会社・
自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・
保証会社・銀行・農協・労働金庫・消費者金融会社・
携帯電話会社 など
5年
JICC消費者金融会社、
流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社、
信販会社、金融機関、保証会社、リース会社など
5年
KSC
(全銀協)
全国の銀行など10年

自己破産後にクレジットカードの審査を受ける際の注意点

まず、信用情報に事故情報が残っていないか(消えたか)を確認する必要があります。思い違いなどで、事故情報が残っている状態でクレジットカードを申し込んでも審査に通りません。ご自身の信用情報は、専門的知識がなくても、各信用情報機関から書面で簡単に取り寄せることができます(開示請求といいます)。先ほど説明した3つの信用情報機関すべてから取り寄せることも、調査したい機関だけから取り寄せることもできます。ただ、1つあたり500〜1000円程度の手数料がかかります。取寄せ方法などは、各信用情報機関のホームページに詳しい説明が載っていますので、そちらをご参照ください。信用情報を取り寄せて確認したところ、事故情報が残っていなかった場合、新しくクレジットカードを作れる可能性が高いでしょう。
事故情報がないことを確認後、クレジットカードの申込みをする際は、短期間に複数社へ同時に申し込みすることは避けてください。お金に困っていると思われ、審査が通りにくくなると言われています。仮に審査に通らなかった場合も、次の申込みまで数ヶ月空けたほうがよいでしょう。この申し込み情報も登録されてしまうからです。
また過去に自己破産に巻き込んだクレジットカード会社への申込みは控えた方が無難です。信用情報とは別に、クレジットカード会社個別に社内情報として記録が残っている可能性もあるからです。

クレジットカードが持てない間にカードがどうしても必要な場合は…

繰り返し説明してきた通り、自己破産するとクレジットカードは使えなくなります。ただ、決済方法が限られていて、カードがないとどうしても受けられないサービスや購入できない商品もあるかと思います。そのような場合は、「家族カード」「デビットカード」を利用してください。

自己破産しても家族カードはつくれる

信用情報はあくまで個人単位で登録・管理されており、自己破産をしてもご家族の信用情報に影響はありません。このため、ご家族がクレジットカードの契約をし、そのクレジットカードの家族カードであれば、利用をすることはできます。ただし、せっかく自己破産をして、今後は借入れに頼ることのない生活をスタートさせたのですから、弁護士としてはご家族名義であったとしても、借入れをされないことを強くおススメします。

ご自身だけでなんとかするなら、デビットカード

また、デビットカードであれば、信用情報の影響を受けずに作成することができます。デビットカードは、利用をすると登録している銀行口座から即時に代金が引き落とされ、残高不足の場合はそのときだけ利用不可になるだけです。借入れにはならないため、信用情報機関を利用しての審査は不要となっています。審査不要でも年会費がかかるカードもありますので、申し込み先はきちんと各社比較して選んでください。

まとめ

今回の記事では自己破産、信用情報、クレジットカードについて、掘り下げました。お伝えしてきたとおり、自己破産するとしばらくの間はクレジットカードが利用できません。クレジットカードが使えなくなることは、自己破産のデメリットのようにも思いますが、見方を変えると新たな借金ができないという、メリットにもなります。クレジットカードの利用や借入れができない間に自分の生活をしっかりと建て直し、同じことが起こらないようにお金と向き合うようにしましょう。

弁護士による過払い金・借金の無料相談を実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

アディーレ法律事務所は債務整理・過払い金のご相談が無料です。お気軽にお問い合わせください。