債務整理のよくある質問

借金の一本化は得策ですか?

借金の一本化とは、多重債務者が銀行などから低金利で貸付を受け、そのお金で他の貸金業者の借金を完済することにより、借金をその銀行などに一本化することをいいます。銀行は、貸金業者等に比べて非常に低い金利で貸付を行いますので、一見すると借金の一本化は金利を安くするうえで非常に効果的であるように思えます。

しかし、貸金業者からの借入れが利息制限法の上限を超えた金利で行われている場合、一本化するには、貸金業者に本来払わなくてよい分まで支払うこととなります。また、一本化のための借入れは高額となることが多いので、金利が下がるとはいえ、利息を払う負担は小さくありません。これに対し、任意整理をした場合には、利息制限法の上限金利に引き直し計算を行い、これまで返済した超過金利分はすべて元本に充当されるため、金利を返済しすぎるということがなくなります。また、任意整理では、原則としてその元本のみを返済すればよく、将来の金利は返済する必要がありません。そのため、任意整理は借金の一本化に比べ、これまで返済しすぎた金利を全額回収できる点、および将来の金利を返済する必要がない点で有利であるといえます。

債務整理のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。