債務整理に関する基礎知識

金利による返済額の違いについて

金利は、金融機関とその借入額・借入期間によって異なります。近年、改正貸金業法で金利を20%以下に設定しているキャッシング会社が多くなってきましたが、まだまだ大きな幅があります。返済金額を考える際、借入金額に対し、上乗せされた金利を踏まえていかなくてはいけません。ここで、50万円を借り入れた場合の返済を、金利を上乗せしてシミュレーションしていきましょう。

【50万円を3年間で支払う場合の金利別一覧】
金利 利息 返済合計金額
7% 55,770円 555,770円
10% 80,404円 580,404円
13% 103,733円 603,733円
15% 120,605円 620,605円
18% 147,073円 647,073円
20% 164,855円 664,855円
25% 215,313円 715,313円
29% 247,202円 747,202円

50万円の場合、利息制限法の上限では「18%」となるので、50万円の借り入れに対し、約14万8千円の利息がつきます。月々7,500円が利息となるので、返済額が月7,500円以下では、元本である50万円は一切減らずに利息のみを永遠と支払い続けることになります。50万円を借り入れた場合、あなたは毎月いくらの返済が可能ですか?5万円であれば11ヵ月で返済完了ですが、1万円であれば7年10ヵ月(94回)支払い続けなければなりません。 このように、金利によって返済額や返済年数が大きく変わってきます。

金利はしっかりチェックしましょう。

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

今すぐ電話で相談予約 0120-316-742