あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

ゲーム課金の借金では自己破産できない?破産以外の方法も紹介

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「ゲーム課金をリボ払いしてたら、払いきれなくなった……。でもゲーム課金じゃ自己破産は無理なの?」
ゲーム課金などの浪費が原因で返しきれない借金を抱えた場合、免責不許可となり、負債の支払い義務が残ってしまう可能性があります。

もっとも、免責不許可事由があっても、免責許可決定が出て原則として負債の支払い義務がなくなるケースは少なくありません(裁量免責)。
実際に免責許可決定が出るかどうかはあくまで個々のケース次第ではありますが、ゲーム課金をしていても直ちに自己破産を諦める必要はないのです。

この記事では、次のことについて弁護士が解説します。

  • ゲーム課金をしていても、免責許可決定が出る可能性はあること
  • ゲーム課金をしていても、無事免責許可決定が出たケース
  • 自己破産以外の、借金の返済の負担を減らす手続き
  • 自己破産の手続きが終わった後の注意点
この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

ゲーム課金すると自己破産は無理?

まず、ゲーム課金で借金を抱えた場合に自己破産を選択することはできないのかを説明します。

(1)ゲーム課金の借金だと、「免責不許可」で借金が残ってしまう可能性

自己破産の手続きのゴールは、裁判所から「免責許可決定」をもらうことです。
免責許可決定が出れば、原則全ての負債についての支払義務がなくなります(税金など、一部の支払義務は残ります)。

ただし、ゲーム課金で抱えた借金の場合、「免責不許可」となってしまう可能性があります。
ゲーム課金で借金が膨らんだ場合は「免責不許可事由」に該当する可能性があるためです。

もっとも、免責不許可事由があっても自己破産の手続きで返済義務をなくせる可能性があります。裁判所が「裁量免責」を出してくれるケースがあるためです。
そのため、ゲーム課金をしていても自己破産を諦めずに済む可能性があります。

それでは、免責不許可事由や裁量免責についてご説明します。

(1-1)免責不許可事由とは

免責不許可事由とは、裁判所が免責許可決定を出さない可能性がある一定の事由です(破産法252条1項各号)。

免責不許可事由にどのようなものがあるのかについて、詳しくはこちらをご覧ください。

免責不許可事由とは?該当すると自己破産できないって本当?

(1-2)ゲーム課金で借金が膨らんだ場合「免責不許可」の可能性あり

ゲーム課金のために借金をした場合、免責不許可事由にあたる可能性があります。

破産法では、免責不許可事由の一つとして次のことを定めています。

浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

引用:破産法252条1項4号

次の2つのケースを考えてみます。

・仮称Aさんは収入が減ってしまい、生活費の補填のために借金をし始めました。借金は300万円になり、返済できなくなりました。Aさんは気晴らしにゲーム課金もしていましたが、ゲームに使われたのは借金のうちの10万円程度でした。

・仮称Bさんはついつい限定ガチャなどでリボ払いを重ね、気づけば250万円のリボ払いを抱え、支払えなくなってしまいました。250万円のうち、ゲーム課金に充てられたのは210万円ほどでした。

一般的に、ゲーム課金は「浪費」ととらえられます。

Aさんの場合、ゲーム課金のための借金もしているのですが、借金全体に占めるゲーム課金の割合は低めです。
そのため、浪費が原因で返しきれないほどの借金を抱えたわけではなく、「免責不許可事由がある」とまでは言われずに済む可能性があります。

一方、Bさんの場合はゲーム課金という浪費が原因で返しきれないほどの借金を抱えたといえます。
そのため、「免責不許可事由がある」と判断される可能性があります。

(2)諦めるのは早い!ゲーム課金していても「裁量免責」の可能性も

もっとも、免責不許可事由がある場合でも、裁判所が「裁量免責」を出す可能性があります。
それでは、裁量免責について説明します。

(2-1)裁量免責とは

裁量免責とは、免責不許可事由がある場合に、裁判所が裁量で免責許可を出すことです(破産法252条2項)。

実際に免責となるかどうかは、あくまで個々のケースによります。ですが、免責許可決定が出る割合は非常に高いです。
2017年の日本弁護士連合会の調査によると、免責申立てをした人の内、免責不許可となった人の割合は約0.6%にとどまっています(申立ての件数は1238件)。
また、データは古くなりますが、2014年には一人も免責不許可となっていません(不許可相当の見込みがあり、申立て自体が取り下げられた可能性はあります)。

そのため、免責不許可事由があっても、無事に免責許可決定をもらえている人が多いと推測できます。

参照:2017年破産事件及び個人再生事件記録調査(2)【データ編】破産事件記録調査|日本弁護士連合会
参照:2014年破産事件及び個人再生事件記録調査|日本弁護士連合会

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

自己破産で免責許可される割合は96.7%もある!?その理由もくわしく解説

(2-2)ゲーム課金していても裁量免責となる場合はある

先ほどの2017年の調査では、自己破産を申立てた人が負債を抱えることとなった原因について、次のことが判明しています(ゲーム課金は、浪費や遊興費と判断されることが多いです)。

浪費・遊興費 4.07%

このうちの何%の人がゲーム課金をしていたかまでは分かりません。しかし、スマートフォンゲームに課金をする人は近年少なくありません。

また、先ほど出てきたように、免責不許可となった人の割合は0.6%です。

そのため、ゲーム課金で借金を抱えた人でも、免責許可決定が出たケースが多いと推測できます。

参考:スマホゲームに関するアンケート結果|消費者庁

ゲーム課金していたものの、無事免責許可決定が出た事例

ゲーム課金をしていたものの無事に免責許可決定が出た事例をご紹介します。

(1)事例の概要

仮称Cさんは20代のころ、ゲーム課金や遊興費などで約510万円もの借金を抱えるに至りました。
収入が下がり、返済が難しくなってしまったCさんは自己破産の手続きを弁護士に依頼しました。

Cさんの借金が膨らんだ主な原因は「浪費」ということで、自己破産の手続きは「管財事件」という方法で行われることとなりました(※)。

※自己破産の手続きの方法は、大きく分けて「管財事件」「同時廃止」の2つがあります。高価な財産がある場合や、調査すべき免責不許可事由がある場合などには、「管財事件」となるのが一般的です。
管財事件では、裁判所から「破産管財人」が選任されます。
破産管財人は、負債が膨らんだ経緯や財産の調査、債権者への配当などを行います。

管財事件の流れや破産管財人のすることについて詳しくはこちらをご覧ください。

管財事件とは?手続きの流れや注意点についても解説

破産管財人から細かく借金の経緯を聴かれることなどはありましたが、Cさんにも無事、免責許可決定が出ました。

(2)手続きのポイント

裁判所は裁量免責を出すかどうかについて、通常、次のようなポイントを元に判断しています。

裁量免責の判断ポイント

  • 債務者はどのような事情で負債を抱えるに至ったのか
  • 債務者は、どのような経緯で自己破産を選択することとなったのか
  • どのような免責不許可事由があるのか
  • 免責不許可事由はどの程度重大で、債務者にどれくらい責任があるか
  • 債務者が免責不許可事由についてどれくらい反省しているか
  • 債務者は経済的に立ち直るためにどれくらい努力しているか
  • 債務者は真摯に手続きを行っているか

借金が膨らんだ理由について、破産管財人や裁判所から厳しい指摘を受け、説明を求められる場合もあります。
そうした場合でも、借金が膨らんだ経緯としっかり向き合い反省していて、生活を立て直そうと努力している姿勢をしっかり示さなければなりません。

自己破産以外の、借金返済の負担を軽減する手続き2つ

ゲーム課金をしていても自己破産を選べる可能性はあるんですね。
そうは言っても、「免責不許可」になったら借金が残ってしまうと思うと不安です…。

自己破産以外にも、借金の返済の負担を軽くする手続きはあります。
主に、「任意整理」と「個人再生」の2つです。
この2つだと、借金を抱えた理由によって手続きがとん挫するケースは限られています。
ですので、「自己破産が無理なら、このまま返済を続けるしかない!」というわけではないのです。

それでは、自己破産以外の2つの手続きと、選び方を説明します。

(1)任意整理

1つめが、任意整理です。

任意整理とは、次のような手続きです。

  • 支払い過ぎた利息がないか、負債を正確に再計算します。払い過ぎたお金があれば、その分負債の残高が減少します。
  • それでも残った負債について、毎月の返済額を減らすことや、今後発生するはずだった利息をゼロにすることなどを目指して、個々の債権者と交渉します。

任意整理の場合、それぞれの債権者について手続きの対象とするかどうかを選べることがあります。

例えば、住宅ローンや迷惑をかけたくない保証人がいる借金を手続きの対象とせず、それ以外の借金について負担の軽減を目指すなど、柔軟に対処できることがあります(ただし、特定の債権者だけ手続きから除外しては、支払が滞ってしまうところがある状態の場合、任意整理の対象とする業者を選べないことがあります)。

(2)個人再生

2つめが、個人再生です。

個人再生とは、次のような手続きです。

  • 負債を返済できなくなってしまうおそれがある場合に、
  • 裁判所から認可を得て、基本的に減額された金額(※)を原則3年間で分割払していく。
    ※負債の額や所持している財産の価額などにもよりますが、任意整理よりも大幅に総支払額を減らせることがあります。また、税金など一部の負債は減額されません。

個人再生の場合、条件を満たしていれば、住宅ローンの残った自宅を手放さず、それ以外の負債を減額できる可能性があります。

(3)どの手続きにする?

免責不許可事由がある場合でも、裁量免責が出るケースは少なくありません。
一方、免責不許可事由があまりに深刻な場合には、他の手続きも検討する必要があります。
そのため、裁量免責の見込があるか、自己破産を選択できるかについては、債務整理を取り扱っている弁護士に相談することがおすすめです。

自己破産について、弁護士に相談する主なメリットは次の2つです。

  • 免責許可決定の見込があるかどうか、それぞれのケースや手続きを行う裁判所ごとの運用などに基づき見当をつけられる
  • 裁量免責を見込めない場合でも、その他の手続きで返済の負担を軽減できないか検討してもらえる

まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

手続き後の生活のポイント

無事に免責許可決定が出た場合でも、着実に家計を立て直していく必要があります。

それでは、自己破産の手続きが無事終わった後の生活でのポイントを説明します。

(1)スマホゲームの扱い方を見直す

1つめのポイントが、スマホゲームの扱い方を見直すことです。
借金を抱えることとなった原因に対処しないと、せっかく免責許可決定が出てもまた生活が苦しくなってしまうためです。

借金しないと家計が回らなくなってしまうような課金は、繰り返さないようにしましょう。

また、スマホゲームをついついやり過ぎてしまうのは、スマホ1つで手軽に楽しめることに大きな原因があります。
この手軽さは他の趣味ではなかなか得られないものなので、急に「スマホゲームを完全にやめる」のは難しいと感じる方もいるかもしれません。
同じスマホゲームでも、ガチャなどの課金が不要なものだけプレイするなどして、お金をかけ過ぎないよう気を付けましょう。

(2)借金を繰り返さない

2つめのポイントが、借金を繰り返さないことです。
せっかく返済義務がなくなっても、また借金を抱えてしまっては手続きが無駄になってしまいます。
借金をせず、支出は収入の範囲内におさまるよう、家計を立て直しましょう。

自己破産の手続きをすると、5~10年程度、基本的に金融機関から借金ができなくなります。
これは、自己破産の手続きを行ったという情報が、信用情報機関に一定期間登録されるためです(いわゆる「ブラックリスト」です)。
自己破産を機に無理のない生活水準にしましょう。

自己破産で事故情報が登録されることについて、詳しくはこちらをご覧ください。

自己破産したら何年でローンを組める?信用情報について徹底解説

2回目以降の自己破産は、審査が厳しくなる

再び返しきれないほどの借金を抱えてしまった場合、自己破産を選択できない可能性があります。
自己破産で免責許可決定が出れば、債権者は配当を得られなかった分の債権の回収を諦めなければなりません。そのため、同じ人に何回も免責許可決定を出すことについて、裁判所は慎重になるのです。

自己破産を選択する場合には、「これを最初で最後の自己破産にしよう」という決意が必要と言えます。

2回目以降の自己破産の際の注意点について、詳しくはこちらをご覧ください。

二度目の自己破産は可能か?再び借金を抱えてしまった場合の対処法

【まとめ】ゲーム課金が原因の借金でも、自己破産を選べる可能性はある

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • ゲーム課金で借金を抱えた場合、自己破産の手続きをしても借金の返済義務がなくならない可能性がある。
    これは、ゲーム課金などの浪費で返しきれない借金を抱えることが「免責不許可事由」に当たり、裁判所が免責許可決定を出さない可能性があるため。

⇒もっとも、免責不許可事由があっても裁判所が免責許可決定を出す場合はある(裁量免責)。実際に、2017年には自己破産の手続きで免責申立てをした人のうち免責不許可となったのはわずか0.6%程度。
⇒ゲーム課金で借金をした場合でも、自己破産を選択できる可能性はある。

  • ゲーム課金をしていても、無事免責許可決定が出たケースはある。
    免責不許可事由がある場合の自己破産の手続きでは、反省して経済的に立て直していく姿勢をしっかり示すことが大切。
  • 自己破産以外にも、借金の返済の負担を軽減する手続きはある。主に次の2つ。
    • 任意整理
    • 個人再生
      これらの手続きは、借金の経緯が原因でとん挫するケースが基本的に限られている。
  • 無事に自己破産の手続きが終わった後の生活のポイントは次の2つ。
    • スマホゲームの扱い方を見直す
    • 借金を繰り返さない

アディーレ法律事務所では、万が一個人の破産事件で免責不許可となってしまった場合、当該手続きにあたってアディーレ法律事務所にお支払いいただいた弁護士費用は原則として、全額返金しております(2022年3月時点)。

自己破産についてお悩みの方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士法人アディーレ法律事務所の動画
弁護士法人アディーレ法律事務所のチャンネル
弁護士法人アディーレ法律事務所の動画
弁護士法人アディーレ法律事務所のチャンネル