あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

ヤミ金融(闇金融業者)に「時効」は通じない!借金問題の解決方法

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「銀行も消費者金融もお金を貸してくれなくて、闇金に手を出してしまった……最初入金されたお金の何倍もの返済を迫られて、取立ても厳しくて、もうどうしたらいいか分からない……」

生活苦等から、ダメだとは分かっていても、ついつい闇金からお金を借りてしまい、執拗な取立てで苦しんでいませんか。

数年間乗り切れば時効で返済の義務が消滅する、それまで耐えよう、と思われる人もいるかもしれません。

実は闇金からの借金は、時効完成を待つまでもなく、そもそも法律上返済する義務はないのです。
しかし、闇金相手に借主が「返済義務はない」と主張することは難しい場合が少なくありません。

この記事では、次のことについて、弁護士が解説します。

  • 闇金とはどのようなものか
  • 闇金からの借金の時効消滅を狙えるか
  • 闇金からの借金の返済義務について
  • 闇金からの借金を解決するための方法
この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

闇金とはどのようなものか

貸金業法や出資法等の法律に違反して貸金業を行い、高利の返済を迫ったり執拗な取立てを行うものを総称して「ヤミ金融」「闇金」等と呼びます。

それでは、闇金とはどのようなものなのかについて説明します。

(1)闇金とは

闇金には、主に次のような特徴があります。

  • 無登録
    貸金業を行うためには、貸金業登録が必要です(貸金業法3条)。
    登録の要件が法改正により加重されたため、現在の闇金の多くは、貸金業登録を行っていません。
  • 過剰な貸付
    闇金は、既に消費者金融等からは借金ができない段階になっている人の情報を名簿屋等から入手し、言葉巧みにお金を貸そうかと勧誘します。
    とてもお金を返済する資力はないと明らかな人に対しても、闇金はお金を貸し、返済を迫ります。
  • 高金利
    闇金は、利息制限法で定められた上限金利(年利15~20%)を大幅に上回る金利を取ろうとします。
    例えば、10日で20%(トニ)、10日で30%(トサン)等です。
    トサンの場合、年利は約1095%(単利)にまで及びます。複利計算だと、約144万%となります。闇金が取ろうとする利息がいかに高く法外なものであるかがが分かります。
    年利109.5%を超える利率での貸付は当然無効となる(貸金業法42条1項)ばかりでなく、5年以下の懲役や1000万円以下の罰金の対象となります(出資法5条1項)。
  • 脅迫めいた取立て
    貸金業法21条では、取立行為の態様を規制しています。
    たとえ貸金業登録をしていなくても、貸金業を行うものは貸金業の規制に服します。
    しかし、闇金は貸金業法21条違反の苛烈な取立てを行い、お金を借りた人を追い詰めていきます。
    闇金がどのような取立てを行うかについて、詳しくはこちらをご覧ください。
闇金の取立てで受ける可能性がある6つの行為と対処法を解説

(2)闇金の形態や貸付の方法

現在の闇金は、主に「090金融」と呼ばれる形態で運営しているところが多いです。

090金融は、携帯電話で勧誘や取立てを行うことから、携帯電話番号の頭3文字を取ってそう呼ばれます。
090金融には、貸金業登録をせず、勧誘も取立ての連絡も他人名義の携帯電話で行い、融資の際も他人名義の銀行口座を用いることで、足がつきにくいようにしているところが多いです。

また、貸金業登録をしていないにもかかわらず、架空の登録番号や他社の登録番号を流用して登録業者を装うものもあります。

闇金の中には、そもそも借入れをしたいと連絡すら入れていないのに、勝手に現金を振り込んで法外な利息を請求する「押し貸し」や、複数の借入先からの借金を一本化すると称して手数料を取る「整理屋」等もいます。

(3)闇金かどうかを判別するには?

自分がお金を借りてしまった業者や、連絡を取ってきた業者が闇金かどうかを確かめる方法には、主に次の3つがあります。

  • 登録貸金業者情報検索サービスの利用
    貸金業登録をしている業者であれば、「登録貸金業者情報検索サービス」で検索すると出てきます。
    この検索で出てこない業者は、金融庁等の規制を免れるために登録を行っていない、闇金である可能性が高いです。

参照:登録貸金業者情報検索サービス|金融庁

  • 悪質な無登録業者かどうかの確認
    金融庁では、架空の登録番号や、実在の会社に類似する名称を用いる等して違法・悪質な貸付を行っている業者の一覧をまとめています。
    この一覧に載っている業者は、闇金である可能性が高いといえます。

最新の情報については、金融庁のホームページをご確認ください。

参照:違法な金融業者に関する情報について|金融庁

  • 利息制限法の上限金利を超過しているかどうかの確認
    当初入金されたお金と、返済を迫られている金額を比べて利率を割り出せば、利息制限法の上限利率を超過しているかどうかが大体わかります。
    明らかにオーバーしている業者であれば、闇金である可能性が高いといえます。

闇金からの借金について時効消滅を狙っても、解決からは遠ざかる

「いくら闇金でも、時効が完成すれば返済義務はなくなるはず……」
数年間耐えようと思う方もいるかもしれません。

しかし、後述するように、闇金からの借金を返済する法律上の義務はありません。
そのため、時効の完成を待つまでもなく、返済しなくてよいのです。

もっとも、相手は闇金です。
法律の規制を無視した高金利や取立てを、本人だけでなく家族にまで迫ることがあります。
また、数年間、苛烈な取立てから逃れ続けることも、精神的に大きな負担となります。

闇金相手に年数が経つことで取立てを免れようとすることは、非現実的と言えます。

闇金からの借金を返済する法律上の義務はない

時効の完成を狙うまでもなく、闇金からの借金を返済する法律上の義務は存在しません。
これは、利息だけでなく、最初に借りた元本も含めての話です。

「そうは言っても、少しでも借りてしまったのは事実だし、全く返さなくていいの?」
と思われる方もいるかもしれません。

闇金は、出資法の上限金利違反の金利で貸付を行っています。
このような違法な貸付は法律上無効となります。
そして、違法な貸付に基づいて融資されたお金は、「不法原因給付」(民法708条)に当たるため、元本も含め一切返済する必要がないのです。

参考:最判平成20年6月10日民集62巻6号1488頁|裁判所 – Courts in Japan

闇金からの借金問題を解決するためには

闇金からの借金は法律上の返済の必要がないとは言っても、借主は日々闇金からの取立てを受けて疲弊しています。
借主が自力で「法律上の義務がない以上、支払わない」と闇金を退けることは、どうしても難しい一面があります。
闇金はあの手この手で借主を言いくるめ、支払を迫ることに長けています。

それでは、闇金から借金をしてしまった場合の解決策について、説明します。

(1)闇金に対しては「お金を払わないこと」が肝心

闇金に言われるがままにお金を支払ってしまうと、闇金は「この借主からはまだお金を取れる」と判断し、取立てを続けます。
闇金に対しては、もうお金は払わないという毅然とした態度を取ることが不可欠です。

闇金は、追い詰めさえすればお金を取れるかどうかの判断をし、苛烈な取立てを行います。
もうこの借主からはお金を取れない、と諦めさせることが解決につながります。

(2)闇金への対処は弁護士に依頼

闇金から借金をしてしまい、闇金からの取立てが止まらない、いくら支払っても完済と認めてくれない、支払ってもまた押し貸しされる、といった場合に自分ひとりで解決することは非常に難しいと言わざるをえません。
お金を借りてしまったという負い目があるうえ、闇金からの日々の連絡で借主は精神的に疲弊してしまっていて、自力で毅然とした対処をするのは困難なためです。

闇金からお金を借りてしまったという場合には、闇金への対処を行っている弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士に闇金対処を依頼するメリット

弁護士に依頼し、弁護士が闇金に対して連絡を取ったことで取立てをやめる闇金もいます。
これは、主に次のような理由によります。

  • 闇金が、弁護士が間に入ったことで取立てが難しくなったと判断することがある
  • 違法なことをしている自覚がある闇金が、刑事事件になることを回避するため取立てを諦める

それでも取立てをやめない闇金に対しては、弁護士は刑事告発の準備をする等、厳正な態度で闇金に臨み、問題解決に努めます。

弁護士への依頼で、闇金からの取立が実際に止まった解決事例については、以下のリンクをご覧ください。

闇金に対しては……

  • 決して支払をしない
  • 弁護士に対処を依頼する

【まとめ】闇金からお金を借りてしまった場合には、すぐに弁護士に相談を

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 闇金は、法定の上限金利をオーバーした違法な貸付を行い、苛烈な取立てを行う悪質な業者。
  • 闇金からの借金の時効消滅や年数の経過による解決を狙っても、その数年間苛烈な取立てから逃れ続けるストレスが非常に大きなものになりかねず、解決にはつながりがたい。
  • そもそも闇金からの貸付は違法なものなので、「時効の完成」以前に、闇金に対してお金を支払う法律上の義務は存在しない。
  • 闇金に対するお金の支払はストップし、支払わないという毅然とした態度を示すことが大切。ただ、借主が一人で対処することは非常に困難なため、闇金への対処を行っている弁護士に問題解決の依頼をすることがおすすめ。

闇金から借金をしてしまうと、際限なくお金の支払を迫られます。
また、取立行為は自分だけでなく、家族や職場にまで及ぶことさえもあります。

法律上支払義務がないといっても、闇金に対して借主本人がそのように主張することは難しい場面も少なくありません。
闇金からの借金については、早期に弁護士に相談することがおすすめです。

アディーレ法律事務所では、アディーレ法律事務所が介入しても、闇金業者からの取立行為が停止しなかった場合には、アディーレ法律事務所にお支払いいただいた闇金対応の弁護士費用(基本費用)を全額返金しております(2022年5月時点。取り立て行為の停止の判断は業者ごとに判断。)

闇金から借金をしてしまってお困りの方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。