メディア情報

雑誌掲載履歴

小学館「女性セブン」

小学館「女性セブン」

2022年8月18日(木)発売(9/1号)

人気週刊誌「女性セブン」から長井健一弁護士が取材を受けました。誌面では、“昭恵さん「それでも安倍家を捨てられない」死後離婚の葛藤”という記事を掲載。長井弁護士は、死後離婚とは「親族関係終了届」によって配偶者の親族との姻族関係を終了させる手続きであると説明し、死後離婚をしても配偶者との戸籍上の婚姻関係は継続されたままであるため、配偶者の遺産の相続や遺族年金を受け取ることができると解説しています。

小学館「女性セブン」

小学館「女性セブン」

2022年7月28日(木)発売(8/11号)

人気週刊誌「女性セブン」から古沢隆之弁護士が取材を受けました。誌面では、“法律相談事務所 特別版 相続を争族にしないために”という記事を掲載。古沢弁護士は、読者からのの相続に関するお悩みに回答し、遺産分割協議書、民事信託、離縁などについて説明しています。また、あびる優さんの親権トラブルの記事でも解説しています。

主婦と生活社「週刊女性」

主婦と生活社「週刊女性」

2022年7月26日(火)発売(8/9号)

人気週刊誌「週刊女性」から長井健一弁護士が取材を受けました。誌面では、“知らなかったじゃ済まされない その行為、犯罪ですよ!”という記事を掲載。長井弁護士は、「1円玉を割ったら」、「カフェで充電していたら」、「ママ友にDVDを焼いてお金を受け取ったら」、「子供をお留守番させたら」という何気なくやっている行為が犯罪になる可能性とその理由について解説しています。

小学館「女性セブン」

小学館「女性セブン」

2022年6月9日(木)発売(6/23号)

人気週刊誌「女性セブン」から長井健一弁護士が取材を受けました。誌面では、“思い出しても腹が立つ!「返しやがれ、このヤロウ!」”という記事を掲載。長井弁護士は、「お金を貸す際、借用書は必要?」「借りたお金を返さないと、何の罪にあたり?」といった疑問に詳しく答えています。

小学館「女性セブン」

小学館「女性セブン」

2022年4月21日(木)発売(5/5号)

人気週刊誌「女性セブン」から林頼信弁護士が取材を受けました。誌面では、“泉ピン子が悩む 残念な夫との「死後離婚」”という記事を掲載。林弁護士は、配偶者の死後、姻族との関係を断ち切る手段として「姻族関係終了届」を紹介し、これによる相続などへの影響について詳しく解説しています。

主婦と生活社「週刊女性」

主婦と生活社「週刊女性」

2022年3月29日(火)発売(4/12号)

人気週刊誌「週刊女性」から長井健一弁護士が取材を受けました。誌面では、“3つ星整体師わいせつ事件「判決は甘すぎる!」”という記事を掲載。長井弁護士は、「懲役3年、執行猶予5年」という判決について、被害者が複数いること、容疑を否認し示談も成立していないことを考慮し、量刑は妥当とコメントしました。整体院でのわいせつ事件の立証の難しさなどについても解説しています。

光文社【FLASH】

光文社【FLASH】

2022年1月25日(火)発売(2/8号)

人気週刊誌「FLASH」から島田さくら弁護士が取材を受けました。誌面では、“宮根&羽鳥を叱る人気女性コメンテーター6人が注目する「ヒト・モノ・コト」”という特集記事を掲載。さくら弁護士は、番組に出演する際に心がけていることについてや、注目している「ヒト・モノ・コト」についてもお話ししております。