債務整理に関する基礎知識

特定調停をすると、保証人に迷惑はかかりませんか?

特定調停の申立をすると、債権者が保証人に対して借金の全額を請求する可能性があります。このため、保証人がいる借金を特定調停で整理する場合は、事前に保証人に対して事情をよく説明し、納得してもらった上で申立をする必要があります。また、場合によっては、保証人も特定調停、任意整理、自己破産等の債務整理手続をとる必要があります。

ただし、特定調停は、一部の債権者のみを相手として申し立てることができますので、保証人がいる借金については特定調停から除外して約定どおりに返済していけば、保証人に迷惑をかけることはありません。

よくあるお悩みハッシュタグ

特定調停のよくある質問一覧に戻る