あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

借金返済の3つの心得とは?借金のストレスから解放されるために

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「借金を返済していくためには、どんなことを心得ておけばいいんだろう?」

借金を返済するための心得は、次の3つです。

  • 借金の正確な状況を把握する
  • 家計を見直す
  • 一人で悩まない

まず、返済の見通しを立てるためには、自分がどこからいくら借金を抱えているのか全体像を把握する必要があります。
また、これ以上借金を増やさず、早めに完済するためには家計を見直す必要があります。

さらに、借金は一人で抱え込んでいても利息などで総返済額が増えるばかりで、解決からは遠ざかります。場合によっては、周囲の人や相談機関などに相談することも大切です。

これらの心得に沿っても、自力での返済が困難な場合には、返済の負担を減らしたり無くしたりできる可能性がある「債務整理」を検討しましょう。

この記事では、

  • 借金返済のための3つの心得
  • 返済の負担を軽減するための「債務整理」

について弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

借金返済のための3つの心得

借金を返済するための心得は、次の3つです。

  1. 借金の正確な状況を把握する
  2. 家計を見直す
  3. 一人で悩まない

それでは、それぞれについてご説明します。

(1)借金の正確な状況を把握する

借金を返済するための1つめの心得が、借金の正確な状況を把握することです。
現在抱えている全ての借金について、次のことを書き出しましょう。

  • 借入先
  • それぞれの借入先の残高
  • それぞれの借入先の利率
  • 毎月の返済額

消費者金融や銀行などからの借金だけでなく、クレジットカードや車・住宅ローンなど月々の支払が必要なものは全て漏れなく書き出す必要があります。

借金の正確な状況を把握せずに返済を続けても、完済の見通しを立てることができません。また、あるところに返済した後で家計のやり繰りができなくなり、結局別のところからまた借金をしてしまうという自転車操業に陥ってしまうおそれもあります。

借入先は全て思い出せるものの、残高などが分からないという場合には、各金融機関の会員ページを確認したり、電話窓口へ問い合わせることなどで把握することができます。

どこから借りたのか思い出せない場合には、どうすればいいですか?

「信用情報機関」に問い合わせることで、金融機関からの借入れを把握することができます。
信用情報機関は国内に3つあります(CIC、JICC、KSC)。3つ全てに問い合わせることで、漏れを防ぐことができます。

信用情報機関とは、信用情報(個人の借入れやカードの申込み、契約、支払状況などの情報)を管理する組織です。

※信用情報機関は、金融機関が加盟するものです。そのため、個人からの借入れなど、金融機関以外からの借入れは登録されていないことに注意が必要です。

(2)家計を見直す

借金を返済するための2つめの心得が、家計を見直すことです。

ストレスを感じるほどの借金を抱えてしまった原因は、

家計を把握せずにお金を使い、お金が足りなくなってしまったこと

であることが少なくありません。

そのため、毎月の家計を見直して、家計からいくら返済に回すことができるかを把握する必要があります。
次のように毎月の家計を整理しましょう。

  1. 毎月の収入
  2. 毎月の返済以外の支出
  3. 1.の収入から2.の支出を引いた金額(=返済に充てることができる金額)

1.の収入については、ボーナスなどの臨時収入をなるべく除き、毎月確実に得られる金額を求めます。臨時収入を前提に返済計画を組んでしまうと、臨時収入が得られなかった場合に返済がうまく行かなくなってしまうおそれがあるためです。

2.の支出については、次のような項目で書き出してみましょう。

  • 家賃や住宅ローン(管理費なども)
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 食費
  • 交通費
  • 生活必需品の購入
  • 医療費
  • 娯楽費
  • そのほか、毎月固定でかかる金額

※冠婚葬祭などの臨時出費に備えて、予備費も多少計上しておくことがおすすめです。

項目ごとに支出を書き出す際には、節約できそうなものがないかにも注意してください。

もっとも、3.の返済に充てることができる金額を求める際には、行き過ぎた節約を前提としないようにしてください。
過度の節約を前提にしてしまうと、予定通りの節約ができずに返済が行き詰ってしまうおそれがあるためです。

支出について項目ごとに書いていると、買い物やギャンブルなどの浪費が原因で借金を抱えてしまったことが分かる場合があります。
このような場合には、浪費をやめなければ、借金を繰り返すことになりかねません。
浪費癖などへの対処法については、次の(3)にてご紹介する「日本貸金業協会」や「日本クレジットカウンセリング協会」などで再発防止のカウンセリングも提供しています。
また、ギャンブルや買い物などをどうしてもやめられない場合、「依存症」になってしまっている可能性もあります。このような場合には、医療機関での治療が必要なケースもあります。

(3)一人で悩まない

借金を返済するための3つめの心得が、一人で悩まないことです。

借金のストレスを抱えた状況では、(1)の「借金の状況の把握」や(2)の「家計の見直し」を冷静に行うことが難しい場合もあります。このような場合に一人で悩んでいては、利息や遅延損害金などで借金が膨らむばかりで、返済からは遠ざかってしまいます。
そのため、一人で悩まず、第三者に相談することが大切です。

近しい家族や知人などに相談できる場合には、借金について打ち明けてみましょう。
また、借金について相談可能な窓口もあります(電話相談や無料相談が可能なところも、少なくありません)。

主に、次のような相談窓口があります。

  • 日本貸金業協会
  • 日本クレジットカウンセリング協会
  • 役所での無料法律相談
  • 弁護士や司法書士  など

借金問題の相談窓口にどのようなものがあるか、詳しくはこちらをご覧ください。

借金相談をしたい!無料・電話で相談できる窓口を中心にご紹介

借金返済が難しい場合には「債務整理」を検討する

先ほどの心得(1)と(2)で把握できた借金の状況と家計をもとに、返済のシミュレーションをしてみましょう。
返済シミュレーションは、各金融機関のホームページ上でできる場合も少なくありません。

正確なシミュレーション方法について詳しくはこちらをご覧ください。

「まだ借金返済は余裕」は過信かも?借金の危険信号3つ

借入先が複数あるなど、すぐには正確なシミュレーションが難しい場合には、差し当たり、「借金の総額」を「36」で割ってみてください。利息が増えないと仮定した場合に、3年間で完済するには毎月いくら必要かが分かります。この金額を仮に「x円」とします。
x円が、先ほどの心得(2)で求めた「返済に充てることができる金額」を上回っている場合には、自力での完済は困難である可能性が高いです。
(x円が「返済に充てることができる金額」以下であっても自力で完済できるとは限りません。実際には利息が増えるため、3年間で完済する場合毎月の返済額はx円より高額になるためです)

シミュレーションの結果、自力での完済が困難と分かった場合には、「債務整理」を検討することがおすすめです(シミュレーション上、自力での完済ができそうな方でも債務整理をすれば返済の負担を大きく減らせる可能性があります)。

債務整理とは、借金返済の負担を減らしたり無くしたりできる可能性のある手続きで、主に次の3種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

それぞれについてご説明します。

※どの債務整理をしても、税金など一部の支払義務は減らしたり無くしたりできません。

(1)任意整理

任意整理とは、支払い過ぎた利息がないか、負債の額を正確に再計算(引き直し計算)したうえで、返済の負担を軽減するため個々の債権者と交渉する手続きです。

例えば、次のような条件で返済の負担を軽減できないか交渉します。

  • 返済期間を長期化することで、毎月の返済額を減らす
  • 今後発生するはずだった利息(将来利息)を減らすことで、総返済額を減らす

任意整理の大きなメリットが、

それぞれの債権者につき、手続きの対象とするかどうかを選べる場合がある

というものです。

そのため、返済していける見込みがあるのであれば、次のような柔軟な対処も可能です(※)。

  • 車や住宅のローン、迷惑をかけたくない保証人のいる借金など
    →任意整理の対象から外して、今まで通り返済を続ける
  • 金融機関からのその他の借金
    →任意整理によって、返済の負担減を目指す

※ただし、任意整理の対象から一部の債権者を外すと、返済が滞ってしまうところがある場合には、このような柔軟な対処はできないことがあります。

(2)個人再生

個人再生とは、負債を返済できなくなってしまうおそれのある人が、裁判所の認可を得たうえで、基本的に減額された負債を原則3年間で分割払していく手続きです。

どのくらい減額されるかは、負債の総額や所持している財産の価格などによって異なるものの、任意整理よりも大幅に減額できるケースが少なくありません。

また、次にご説明する自己破産とは異なり、高額な財産があっても基本的に手放す必要はありません(高額な財産があると、総支払額が増える可能性はあります。また、ローンが残っている場合には別途債権者が引き揚げてしまうおそれがあります)。

さらに、条件を満たしていれば、住宅ローンの残った自宅を手放さずに、それ以外の負債を減額できる可能性もあります。

(3)自己破産

自己破産とは、負債を返済できなくなってしまった人が、裁判所から原則全ての負債について支払を免除してもらう(免責)ための手続きです。

自己破産の場合、一定の財産は債権者への配当などのために手放さなければならない可能性があります。また、一定の職種については手続き中の従事が制限されます。

その一方で、自己破産には、他の債務整理よりも返済の負担を大きく減らせる可能性があります。

(4)思っていたよりも借金の額が少なくなる?「過払い金」とは

ここまでは、借金返済の負担を減らすための方法を説明してきました。
しかし、「過払い金」が発生していれば、今ある借金の額が減ったり、逆にお金を取り戻せる(過払い金返還請求)可能性があります。

過払い金とは、支払い過ぎた利息のことです。

かつて、貸金業者の多くが利息制限法の上限金利をオーバーした高利を取っていました。
利息制限法の上限金利(元金によって異なる。年15~20%)オーバーしていても、出資法の上限金利(年29.2%)までであれば刑事罰がなかったので、年29.2%ギリギリの高利を取る貸金業者が多かったのです。

利息制限法の上限金利をオーバーして支払った分の金額があれば、借金の元金の返済に充てます。そのため、借金の額が減ります。
それでもまだ支払い過ぎた利息がある場合、過払い金返還請求をすることで取り戻せる可能性があります。

過払い金返還請求をできる可能性があるのは、次の2つの条件を満たしている場合です。

〇2010年6月17日以前に借入れを始めた
〇最後に取引をしてから10年以内である

(5)どの債務整理が最適かは、状況によって異なる

どの債務整理が最適なのかは、負債の総額や、家計の状況などによって異なります。
債務整理で返済の負担を減らせないかとお考えの方は、気軽に弁護士に相談してみることをおすすめします。

【まとめ】借金返済のための3つの心得は「家計を見直す」「借金を正確に把握する」「一人で悩まない」

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 借金返済のための心得は、次の3つ。
    1. 借金の正確な状況を把握する
    2. 家計を見直す
    3. 一人で悩まない
  • 借金返済が困難な場合には、次のような債務整理を検討する(自力で完済できそうでも、債務整理をすれば返済の負担を減らせて家計に余裕ができる可能性あり)。
    • 任意整理
    • 個人再生
    • 自己破産

アディーレ法律事務所では、所定の債務整理手続きにつき、所定の成果を得られなかった場合、原則として、当該手続きに関してお支払いただいた弁護士費用を全額ご返金しております。

また、完済した業者への過払い金返還請求の場合は、原則として過払い金を回収できた場合のみ、弁護士費用をいただいておりますので、弁護士費用をあらかじめご用意いただく必要はありません(2022年5月時点)。

債務整理についてお悩みの方は、債務整理を得意とするアディーレ法律事務所にご相談ください。