ケース15個人再生への方針変更で300万円の減額!家族と相談したうえで納得のご依頼!

Mさん(40代・男性)
Mさん(40代・男性)
カテゴリ 民事再生
借金の期間 20年以上
借金の理由 ギャンブル・生活費の補填
借入先の数 7社

相談までのできごと

Mさんは、独身時代にパチンコなどのギャンブルにお金を費やすようになりました。数年後には結婚し、戸建てを購入。またお子さまにも恵まれました。
しかし、Mさんの勤めていた会社が倒産。次の職場が見つからないなか、生活費や教育費の借金が増えていき、さらには競馬にのめりこむようになってしまいました。
借金はさらに増えていくばかりで、困ったMさんは当事務所にご相談くださいました。

弁護士の対応

当初、Mさんは個人再生を希望されていました。しかし、業者との取引期間が長く、債権調査の結果からも借金を減額できる余地がありました。
また、Mさんはお子さまの奨学金の保証人になっていました。個人再生手続を行うと、保証人の変更を求められるおそれがあることをご説明し、ご家族で相談する時間を作るためにも、まずは任意整理手続でご依頼をお受けしました。
結果的には、任意整理手続では借金が思うように減らなかったため、方針を変更。当初のご希望だった個人再生手続を行いました。

解決ポイント

Mさんのご希望を尊重しつつも、少しでも負担が小さくなる手続方針をご提案しました。
またご依頼をお受けしたあとでも、Mさんが手続の影響などについて落ち着いて考えられるように配慮し、本当に納得された状態で手続を進めることができました。

民事再生手続を終えて

個人再生手続の結果、Mさんの借金は300万円減額。月々の返済額も大幅に減少し、無理のない3年での返済計画を立てることができました。

月々の返済額

相談時:12万円  →  手続後:約27,000

借金総額

相談時:400万円  →  手続後: 100万円

弁護士からのコメント

ご相談時に決定した方針は、のちに変更することも可能です。アディーレの弁護士にご相談いただければ、これまで多くのご依頼を解決してきた実績をもとに、柔軟な方針変更を行い、依頼者の方にとってベストな結果を目指します。
ご相談は何度でも無料ですので、お気軽にお問合せください。

※事例の内容はご相談当時の状況や条件等によります。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

取立の電話が精神的苦痛となって、仕事に集中できず。弁護士に依頼したことで、苦痛から解放されました。

  • ★★★★★満足
  • 個人再生
  • 30代以上
  • 男性
債務者アイコン

考えるだけでは前に進まないので、悩んだら一歩踏み出してほしいです。

  • ★★★★★満足
  • 個人再生
  • 50代以上
  • 女性
債務者アイコン

先が見える状況となり、安心しました。これからも庶民の味方として頑張ってください。

  • ★★★★★★大満足
  • 個人再生
  • 40代以上
  • 男性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

民事再生の解決事例一覧に戻る