クレジットカードは任意整理できる?手続き後は新たなカードを作れる?

任意,整理,クレジット,カード 任意整理

「任意整理という方法で借金が減額できると聞いたけど、クレジットカードで作った借金も減額できるのだろうか…?」

「返済が厳しいから任意整理を検討しているけど、そうするとクレジットカードも利用できなくなるの?」

インターネットショッピングなど、様ざまな便利なサービスが増えることで、クレジットカードを利用する場面はどんどん増えています。借金についてご相談をお受けしていると、債務整理をした場合のクレジットカードに関する質問がとても多いです。
そこで今回は、「クレジットカードの利用でできた借金の任意整理」、「任意整理後のクレジットカードの利用」について、弁護士が詳しく解説していきます。

弁護士による過払い金・借金の無料相談を実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

アディーレ法律事務所は債務整理・過払い金のご相談が無料です。お気軽にお問い合わせください。

クレジットカードの利用でできた借金も任意整理が可能?

そもそも任意整理とは何か、簡単におさらいをしましょう。任意整理とは、支払いの負担を減らすための債務整理の手続きの一つで、もっとも多く利用されています。債権者と交渉して、今後の金利のカットや長期分割などを認めてもらうという手続きです。では本題の、クレジットカードの利用でできた借金と任意整理について、詳しく見ていきましょう。

クレジットカードも任意整理は可能。今後の金利はカットできる。

現在の多くのクレジットカードには、商品代金の立替払いをしてもらうショッピング機能にくわえ、現金が借りられるキャッシング機能もついています。結論からお伝えすると、ショッピング分も、キャッシング分も、任意整理が可能です。そして、多くのクレジットカード会社で長期分割(分割払いスケジュールの組直し)と今後の金利のカットに応じてもらえます。

ショッピング・キャッシングの借金自体の減額は?

借金自体の減額、つまり元金をカットすることは、ほとんどのクレジットカード会社で応じてもらえません。「少なくとも借りた元金は全額返す」というのが、任意整理の原則的な考え方です。もっとも、いわゆる過払い金が発生していた場合は異なります。元金を過払い金で相殺することができますので、実質的に元金をカットすることができます。

クレジットカードに過払い金が発生することはある?

クレジットカードであっても、「キャッシング利用分」に過払い金が発生することがあります。長年クレジットカードのキャッシングを利用されていた方は、一度過払い金が発生していないか調査した方が良いでしょう。
ただし、ショッピング利用分に過払い金が発生することはありません。少しだけ法律の話をします。過払い金は、貸金契約(金銭消費貸借契約)の利息を制限する利息制限法という法律で、貸金の利息に上限が定められていることで発生します。ショッピングは、貸金契約ではなく、「立替払い契約」だと考えられているので、過払い金が発生しないのです。

任意整理するとクレジットカードはどうなる?

契約中のクレジットカードを任意整理するとどうなる?

契約中のクレジットカードを任意整理すると、そのクレジットカードは解約扱いとなります。また、このあと詳しく説明する信用情報機関への事故情報の登録がされるほか、任意整理をしたクレジットカード会社が独自で管理するデータベースに登録されることもあります。その場合、信用情報機関から事故情報が抹消されてからも、そのクレジットカード会社では契約ができないこともあり得ます。

ショッピング枠だけは利用できるようにしたい…そんなことは可能?

現在、ほぼすべてのクレジットカード会社において、ショッピングとキャッシングを切り離しての任意整理を受け入れていません。このため、任意整理をした場合は、キャッシング枠もショッピング枠も利用できなくなります。さすがにそこまでカード利用者側に有利にはならないようです。

任意整理した場合、貯まっていたポイントはどうなる?

任意整理をすると、クレジットカードが解約扱いとなるのと一緒に、そのクレジットカード会社独自のポイントは、すべて失効してしまいます。任意整理をする直前にポイントを利用しても、任意整理で不利になることはほぼありません。もし任意整理を依頼するならば、ポイントは依頼前に使いましょう。ただし、ポイントで足りなかった分を追加で直前利用(借入れ)した場合、任意整理で不利になることがありますので、注意が必要です。

クレジットカード会社発行のETCカードなどはどうなる?

先ほど、契約中のクレジットカードを任意整理すると、そのクレジットカードは解約扱いとなるとご説明しましたが、ETCカードだけは例外です。交通事故が起こらないようにするため、ETCカードの利用停止はできないのです。しかし、だからと言って利用し続けてもいいというわけではけっしてありません。ご自身で自動車から取り外し、利用をしないようにしなければなりません。

他の借金だけ任意整理してクレジットカードはしない場合、カードは利用できるのか?

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されます。信用情報とは、消費者金融、クレジットカード会社、銀行などの金融機関が業界ごとにつくっているデータベースのことです。このデータベースには、どこの業者にいくらの借り入れがあるか、その返済状況はどうか、などの個人情報が詰まっています。ここに延滞や債務整理などの事故情報が載ると、次回の審査時にその情報が参照され、審査が通らないということが起こります。これが俗に「ブラックリストに載る」とか、「ブラックになる」と呼ばれる状態です。
信用情報機関は、業界ごとにつくられているため、例えば消費者金融からの借入れだけを任意整理した場合、クレジットカードには影響が出ず利用し続けられることもありえます。しかし、各信用情報機関の間で情報共有もされており、業者の中には複数の信用情報機関に加盟していることもありますので、任意整理後は基本的にクレジットカードも利用できなくなると考えていた方がいいでしょう(契約済みのクレジットカードが使えなくなる理由は、このあとご説明します)。

任意整理後の信用情報について

任意整理した後、クレジットカードを他社で新規契約は可能?

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されるため、クレジットカードを他社で新規契約しようとしても、審査が通らず、契約できなくなるでしょう。また、すでに契約していた他社のクレジットカードも、しばらくすると利用ができなくなります。クレジットカードの審査は、契約時だけではなく、適宜審査がされているからです。いつ審査されるかはクレジットカード会社によって運用が異なりますが、少なくとも更新時には審査があります。その際には利用できなくなると考えていた方がいいでしょう。

信用情報が回復するのはいつ?

任意整理により信用情報機関に事故情報が登録された場合、信用情報が回復するまではカードの利用が困難になります。では信用情報機関に載ってしまった事故情報が抹消され、信用情報が回復するまでの期間はどのくらいか気になりますよね?一般的には、任意整理をした金融機関の負債を完済してから、5年ほどかかると言われています。ただし、この期間はあくまで目安です。ケースによって信用情報の回復にかかる期間は異なりますので、注意が必要です。

信用情報の調べ方

ご自身の信用情報は、実は専門的知識がなくても、各信用情報機関から書面で簡単に取り寄せることができます。信用情報機関には以下の3つがあり、すべての機関から取り寄せることも、調査したい機関だけから取り寄せることもできます。ただし、1機関あたり500〜1000円程度とそれほど高くはありませんが、情報の取得には手数料がかかります。取寄せ方法などは、各信用情報機関のホームページに詳しい説明が載っていますので、検索してそちらをご参照ください。

<3つの信用情報機関>

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • 全銀協(全国銀行個人信用情報センター)

クレジットカードが持てない間にカードがどうしても必要な場合は…

任意整理をしてしまった後、クレジットカードが無いと、どうしても不便な場合があります。特にオンラインのサービスでは無いと不便ですよね。

任意整理しても家族カードはつくれる

信用情報はあくまで個人単位で登録・管理されており、任意整理などの債務整理をして事故情報が登録されても、ご家族の信用情報に影響はありません。このため、ご家族がクレジットカードの契約をし、そのクレジットカードの家族カードであれば、利用をすることはできます。ただし、せっかく任意整理をされて借入れの完済を目指しているのですから、弁護士としてはご家族名義であったとしても、借入れを増やさないことを強くおススメします。

ご自身だけでなんとかするなら、デビットカード

また、デビットカードであれば、信用情報の影響を受けずに作成することができます。
デビットカードは、利用をすると登録している銀行口座から即時に代金が引き落とされ、残高不足の場合はそのときだけ利用不可になるだけです。借入れにはならないため、信用情報機関を利用しての審査は不要となっています。

まとめ

クレジットカードは大変便利ですが、手元の現金を使わずに買い物ができてしまうため、金銭感覚のマヒが起こりやすいです。カードでつくった借金も任意整理することが出来ますので、何かお困りの事情があれば専門家に相談してみてはいかがでしょうか?
しかし本来は、そのようなことにならないことが望ましいので、支出をきちんと管理することが一番大切です。

弁護士による過払い金・借金の無料相談を実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

アディーレ法律事務所は債務整理・過払い金のご相談が無料です。お気軽にお問い合わせください。