自己破産とは?

生活をするうえでどうしても自動車が必要です。自己破産をしても自動車を維持するにはどうすればよいでしょうか?

自己破産をして、自動車を維持できるかどうかは、その時点での自動車の価値や自動車ローンが残っているかどうかによって異なります。

■自動車ローンが残っている場合
ローン会社との契約により、ローンを完済するまでは、自動車の所有権は信販会社にあるとされるのが一般的です(「所有権留保」といいます)。このため、自己破産をする場合、自動車は信販会社に引き揚げられてしまうことがあります。
■自動車ローンが残っていない場合
たとえば、東京地方裁判所の運用では、自動車の価値が20万円を超えていると、原則として処分しなければなりません。なお、どうしても自動車の維持を希望する場合には、その必要性を裁判所に説明して、自動車の価値分と同じ金額を破産管財人(裁判所から選任され、破産者の財産などを調査する人)に支払うことで例外的に維持できる可能性があります。もし、自動車の時価が20万円未満の場合は、原則としてそのまま維持し続けることが可能です。

自己破産を検討されていて、ご自身がお持ちの自動車を維持できるか確認したい方は、ぜひ自己破産に精通しているアディーレの弁護士へご相談ください。自動車は日常生活において必要不可欠な財産ですので、自動車ローンが残っている場合は、ご家族などの第三者が肩代わり可能かどうかなど、どうにか自動車を残せる方法がないか弁護士が検討いたします。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

やはり悩んだ場合は一人で抱え込まず、即相談すべきだと思います。

  • ★★★★★満足
  • 自己破産
  • 50代以上
  • 男性
債務者アイコン

自己破産という言葉に抵抗があっても、勇気を出して相談してほしいです。

  • ★★★★★満足
  • 自己破産
  • 60代以上
  • 男性
債務者アイコン

支払が困難になり、依頼しました。対応が丁寧で、信頼してお任せできました。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 50代以上
  • 男性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。