通常の民事再生と個人再生の違いは何ですか?

通常の民事再生は関係者が多いことを想定し、手続が複雑になっています。これに対し、個人再生は、個人のみを対象としているため、通常の民事再生に比べ手続が簡略化されており、たとえば、債権者集会が開かれないなどの違いがあります。

よくあるお悩みハッシュタグ

民事再生のよくある質問一覧に戻る