債務整理のよくある質問

保証会社から代位弁済の通知を受けましたが、何か手続に影響はありますか?

代位弁済とは、保証人等の第三者が、債務者(お金を借りた人)に代わって債権者(お金を貸した人)に対して返済をすることをいいます。代位弁済が行われると、代位弁済をした第三者が債権者の地位を引き継ぎ、債務者に対して金銭の支払を請求したり、抵当権等の担保権を実行したりすることができるようになります。

したがって、保証会社が代位弁済をした場合には、保証会社が元の債権者の地位を引き継ぎ、新たな債権者となります。これにより、弁護士が発送する受任通知の送付先や、裁判所に申告する債権者が元の債権者から保証会社に変更されることになります。

なお、民事再生の場合に、ローン返済途中の住宅を維持したいときは、住宅ローンを保証会社が代位弁済した後6ヵ月以内に、裁判所に申立を行う必要があります。そのため、民事再生の場合、保証会社からの代位弁済には注意が必要です。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

なんとかなると思わないことが大事です。相談して大変楽になりました。

  • ★★★★★満足
  • 個人再生
  • 50代以上
  • 男性
債務者アイコン

このままではいけないと思い、家族の為に決意しました。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 30代以上
  • 男性
債務者アイコン

とても緊張していたが、安心して話せた。行って良かったと思っています。

  • ★★★★★満足
  • 自己破産
  • 30代以上
  • 女性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務整理のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。