債務整理に関する基礎知識

特定調停で整理したい債権者の住所が同一都道府県にない場合,別々に特定調停を申し立てなければなりませんか?

特定調停は,債務者と債権者の総合的な利害関係の調整を目的とした制度です。そのため,事件を処理するために適当であると認められる場合には,債権者の住所が同一都道府県にない場合にも,同一の簡易裁判所で事件を処理することが可能です。

特定調停のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

今すぐ電話で相談予約 0120-316-742