債務整理のよくある質問

給料の差押をされそうですが,回避する方法はありませんか?

法律上,自己破産・民事再生の申し立て手続が開始された後は,強制執行をすることはできません。そのため,自己破産・民事再生を予定している場合には,できるだけ早急に手続をすすめる必要があります。

これに対し,任意整理の場合,自己破産・民事再生のように強制執行を禁止する法律上の制度は存在せず,強制執行を中止するかどうかは貸金業者の判断に委ねられています。そのため,貸金業者とできるだけ早急に和解して,強制執行を中止してもらう必要があります。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

なんとかなると思わないことが大事です。相談して大変楽になりました。

  • ★★★★★満足
  • 個人再生
  • 50代以上
  • 男性
債務者アイコン

自分と同じように悩んている人はたくさんいると思いますが、専門家の方にいち早く相談することが一番大切と思います。

  • ★★★★★★大満足
  • 個人再生
  • 40代以上
  • 男性
債務者アイコン

大手だから安心しました。頼んでよかったです。

  • ★★★★やや満足
  • 任意整理
  • 40代以上
  • 男性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務整理のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。