債務整理のよくある質問

裁判所から訴状が届きました。どのようにすればよいですか?

数ヵ月間返済を延滞している場合には,貸金業者から訴訟を提起されることがあります。裁判所から届いた訴状に対して何も対応をしなければ,貸金業者の主張がそのまま認められた内容の判決が出され,貸金業者は,あなたの給料や預金の差押等の強制執行を行ってくる可能性があります。

判決が出て強制執行をされることを回避するためには,訴状の内容に対して反論する必要があります。具体的には,答弁書を裁判所に提出することが必要となります。もっとも,答弁書の作成・提出には,専門的な知識が必要になりますので,訴状が届いた場合には,弁護士に相談することをお勧めします。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

なんでもっと早く相談しなかったのか?と今でも思っています

  • ★★★★★★大満足
  • 過払い金
  • 60代以上
  • 男性
債務者アイコン

なんとかなると思わないことが大事です。相談して大変楽になりました。

  • ★★★★★満足
  • 個人再生
  • 50代以上
  • 男性
債務者アイコン

丁寧に話を聞いていただき、とても印象が良かったです。

  • ★★★★★★大満足
  • 任意整理
  • 20代以上
  • 女性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務整理のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。