債務整理のよくある質問

給料の差押とはどのような手続ですか?

給料の差押等の強制執行をするためには、裁判所に訴訟を提起して判決を得るか、公正証書を作成し(判決や公正証書を「債務名義」といいます)、裁判所に対して強制執行の申立を行うなどの手続を取る必要があります。

裁判所に強制執行の申立を行う場合、貸金業者は強制執行の対象(たとえば給料や預金)とその所在(たとえば勤務先や銀行の支店名)を裁判所に申告しなければなりません。

裁判所に強制執行の申立を行うと、裁判所は強制執行の要件を確認し、申告された強制執行の所在(これを「第三債務者」といいます)に差押命令を送付します。差押命令を受け取った第三債務者は、強制執行の対象の有無を確認し、裁判所に報告しなければなりません。そして、強制執行の対象が存在した場合、第三債務者は貸金業者に対して、支払をすることになります。なお、給料の場合、手取り額の4分の1(手取り額が44万円を超えるときは、手取り額から33万円を差し引いた額)が強制執行の対象となります。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

なんでもっと早く相談しなかったのか?と今でも思っています

  • ★★★★★★大満足
  • 過払い金
  • 60代以上
  • 男性
債務者アイコン

日々返済のことで頭がいっぱいだった生活が、うそみたいです。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 20代以上
  • 男性
債務者アイコン

とても丁寧に対応していただき、満足のいく結果になりました。

  • ★★★★★★大満足
  • 任意整理
  • 50代以上
  • 男性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務整理のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。