あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

個人再生をしてもデビットカードでキャッシュレス決済はできる?

作成日:更新日:
リーガライフラボ

「個人再生を行うと、一定期間クレジットカード等の後払いが制限されるように、キャッシュレス決済もできなくなり、現金を持ち歩かないといけなくなるのではないか」

こうした不安をお持ちではないでしょうか?
個人再生をしたからといって、全くキャッシュレス決済ができなくなるというわけではありません。

立替払い機能のない、利用と同時に代金が銀行口座から引き落とされる「デビットカード」や、家族カード・QRコード・バーコード等で支払ができるスマホ決済アプリやプリペイドカード等で立替払いでないものはであれば、個人再生の手続きを行う場合でも、新規作成や継続利用自体は通常行うことができます。
この記事では

  • 個人再生をすると利用できなくなるキャッシュレス決済
  • 個人再生をしても利用可能なキャッシュレス決済

について弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

個人再生を専門家に依頼すると、受任通知の到達以降はクレジットカードを利用できない

個人再生とは、現在抱えている借金を法律で定められた基準に基づいて減額し、原則3年間で分割、返済するという、裁判所を通して行う手続きです。

弁護士などの専門家は、個人再生の依頼を受けると全ての債権者に対して「受任通知」という書面を送付します。

個人再生の受任通知には、次の内容が記載されています。

貸金業法上、このような受任通知を受けた貸金債権者は取立てをストップしなければならないと規定されています(※貸金業者以外の個人の債権者などは規制を受けませんが、通常は貸金債権者でなくても受任通知を受け取ると取立てを停止することが多いです。また、弁護士に依頼した場合には仮に督促が停止しなくても、弁護士が代理人として債権者と交渉しますので、債権者と直接やり取りをする必要はありません)。

また、弁護士が受任したときには、まだ債務整理の方針が定まらず、自己破産なのか、個人再生なのか、任意整理なのかがはっきりしないことがあります。

そのような場合には、初めは、個人再生の手続きであることは明記せず、「債務整理を受任した」という内容の受任通知を送ります。その後、個人再生の手続きを取る方針が決まった際に、債権者に対して、再度方針の決定について通知を送ることがあります。

クレジットカード会社の利用規約には、通常、受任通知を受け取ると、クレジットカードの契約を強制解約するというような定めがあります。

これは、受任通知を受け取ると、債権者は契約通りの返済を受けられなくなるためです。

なぜですか?クレジットカードを使えないと、不便なんですが。

なぜなら、一部の債権者へ借金やクレジットカードの返済をしてしまうことも、債権者に対して不公平な返済として扱われ、その分返済すべき金額が増えてしまったり、最悪、個人再生の手続を認めてもらえなくなる可能性もあるためです。

そして、そのような状態で借入れをしたり、カード会社に立替払いを行ってもらうことも、返すつもりがないのに借りたということで詐欺になってしまうおそれがあり、これもまた、個人再生の手続きを認めてもらえなくなる可能性があります。

そのため、通常、カードを作っただけで使用していないというようなカード会社に対しても、受任通知を送付し、カードの利用や支払いをできないようにします。

個人再生の後は5~10年間、クレジットカードを新規作成できない

クレジットカード会社は、受任通知や再生手続開始決定の通知を受け取ったタイミングでクレジットカードを強制解約するとともに、クレジットカード会社が加盟している信用情報機関に、弁護士が債務整理のため介入したという情報(いわゆる「事故情報」、「ブラックリスト」と言われます)を登録します。

信用情報機関は国内に3つあり、信用情報機関や、登録されている情報の種類によって、その情報が登録されている期間は異なります。

詳しくはこちらの記事もご確認ください。

何をするとブラックリストに載るの?いつまで情報は残るのか解説

クレジットカード会社はカードの新規作成の申込を受けると、申込みをした人にクレジットカードによる立替払いやキャッシングなどのサービスを利用させてよいか、つまり信用を供与してよいかの審査(与信審査)を行うため、信用情報機関に申込みをした人の情報を照会します。

その際、支払いの延滞があった、弁護士が債務整理のため介入したなどの返済に関して問題が起こったという情報が登録されている場合、通常、カード発行の審査が下りない可能性が高いということになります。

与信審査がないデビットカードなどのキャッシュレス決済は、個人再生の手続中や手続後も利用できる可能性がある

キャッシュレスの生活に慣れているので、カードが一切ないのはどうも落ち着きません…。

カードの利用と同時に連携済みの銀行口座から代金が引き落とされる一般的なデビットカードであれば、立替払いや後払いではないため、信用の供与も発生せず、通常与信審査は行われません。

したがって、このような立替払いではない一般的なデビットカードであれば、個人再生の手続中や手続後であっても、新しく作成することができる可能性があります。

また、既に利用中のデビットカードも、立替払いでなければ、債務を負うことにもなりませんので、個人再生の手続中であっても、引き続き利用することは不可能ではありません。

プリペイドカードや、QRコードなどによるスマホ決済アプリなどについても、デビットカードと同様、立替払いや後払いでなければ、申込みや利用をすること自体は通常可能です。

ただし、キャッシュレス決済のサービスは複雑であり、立替払いのサービスも含んでいて知らないうちに立替払いを利用してしまうということなどもありえ、個人再生の手続中にそのことを問題視されるおそれもあります。

さらに、個人再生の手続中にキャッシュレス決済を用いていると、「現金よりも安易な出費につながりやすいキャッシュレス決済を多用しているのはよくない」と裁判所から問題視されるリスクもあります。

また、実際にキャッシュレス決済での支出を把握しきれなかったことで、再生手続における弁済トレーニングをこなせないなど、再生計画通りの返済ができないと判断されて、手続自体がとん挫することにもつながりかねません。

個人再生を利用する場合には、生活再建や個人再生の手続を着実に行うために、できる限り現金払いにして支出を把握しやすいようにし、キャッシュレス決済は立替払いや後払いではないものであったとしても極力利用を控えるのが望ましいといえます。

このような理由から、受任通知を送付してから、個人再生の手続きが無事完了した後でも、安易なキャッシュレス決済の利用は控えるべきといえますね。

立替払いや後払い方式ではなくても、キャッシュレス決済の場合、現金を使うときよりも「お金を使った」という感覚が希薄になりがちな点はクレジットカードと異なりません。

せっかく個人再生を認可されてもその後の安易なキャッシュレス決済の利用で家計が立ち行かなくなり、再び借金を負うこととなっては本末転倒です。

【まとめ】個人再生をしても全てのキャッシュレス決済が不可能となるわけではないが、利用には注意が必要

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 個人再生の手続きを行う場合、原則として全ての債権者に受任通知を送ることになるため、クレジットカードは強制解約され、信用情報機関への登録により通常一定期間新規作成ができなくなる
  • 立替払い機能のない、利用と同時に代金が銀行口座から引き落とされる「デビットカード」であれば、個人再生の手続を行う場合でも、新規作成や継続利用自体は通常行うことができる
  • デビットカード以外でも、家族カードやQRコード・バーコード等で支払ができるスマホ決済アプリ、プリペイドカード等で立替払いでないものは、個人再生の手続中や手続後も通常利用できる
  • ただし、デビットカード等、立替払いではないキャッシュレス決済であっても、支出のコントロールができずに生活再建に支障が出たり、個人再生の手続上支障が出る可能性もあるため、少なくとも個人再生の手続きが終わるまでの間は、極力利用しないことが望ましい

個人再生をしたからといって、全くキャッシュレス決済ができなくなるというわけではありません。

とはいえ、個人再生の手続きにおいて支障が出る可能性がないとはいえませんし、生活再建のためにも、買い物などを行う際は、ついつい安易に使ってしまいがちなキャッシュレス決済は極力控え、手持ちの現金の範囲で、計画的な支出を行うようにするのが望ましいです。

アディーレ法律事務所では、個人再生を取り扱っております。
アディーレ法律事務所では、万が一再生不認可となってしまった場合、当該手続にあたってアディーレ法律事務所にお支払いいただいた弁護士費用は原則として、全額返金しております(2022年3月時点)。

民事再生でお悩みの方は、民事再生を得意とするアディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士法人アディーレ法律事務所の動画
弁護士法人アディーレ法律事務所のチャンネル
弁護士法人アディーレ法律事務所の動画
弁護士法人アディーレ法律事務所のチャンネル