自己破産とは?

住宅を所有している場合には、少額管財手続となってしまうのですか?

少額管財手続になるのは高価な財産を所有している場合です。そのため、住宅を所有したまま自己破産を申し立てると、通常は少額管財手続となります。

同時廃止手続にするためには、自己破産の申立てに先行して競売や任意売却によって住宅を処分し、住宅を所有していない状態で自己破産を申し立てることが必要です。先行する大きな資産処分(特に弁護士が受任通知を発送した後)があると、裁判所によっては少管手続が選択されることもあります。ただし、自己破産の申立直前に住宅を処分してしまうと、住宅売却金額が適正か否か、売却代金を隠匿していないか等の調査が必要であるとして少額管財手続が選択されてしまうこともあるため、処分前にあらかじめ弁護士に相談した方が望ましいです。

ただし、住宅ローンの残額が住宅の価値の1.5倍以上の場合(※裁判所によって基準が異なります)には、先行して処分することなく、同時廃止手続で自己破産をすることが可能です。

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。