あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

【借金・未払賃金・交通事故】遅延損害金とは?発生条件と対処法

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「支払が遅れると、その分『遅延損害金』が発生する」
こんな話を耳にされた人もいるのではないでしょうか。

遅延損害金は、日常生活のいろいろな場面で発生する可能性があります。

お金を支払うべき立場の人であれば、遅延損害金の上乗せで損することもあるでしょうし、逆に、受け取る立場の人は、受け取れる日は遅くなったものの金額が増えて多少の埋め合わせになることもあるでしょう。

この記事では、

  • 遅延損害金とはどのようなものか

    を確認した上で、

  • 借金の返済が遅れた時
  • 未払になっている賃金を受け取りたい時
  • 交通事故の被害に遭った時

の3つの場面ごとの「遅延損害金」について、弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

遅延損害金とは?

遅延損害金とは、お金を支払う債務について支払うべき日を過ぎてしまった場合に、遅れた日数分発生するものです。
「遅延」「損害」という言葉のとおり、支払が遅れたことについての損害賠償の性質があります。

遅延損害金については、民法419条で次のように定められています。

1.金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、債務者が遅滞の責任を負った最初の時点における法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。
2.前項の損害賠償については、債権者は、損害の証明をすることを要しない。
3.第一項の損害賠償については、債務者は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。

引用:民法419条

1項では、遅延損害金は原則として法律で定められた利率(法定利率)で算出されること、あらかじめ契約で法定利率より高い利率を定めた場合(約定利率といいます)には約定利率を用いることが定められています。

2項では、債権者が遅延損害金を請求する際に、支払が遅れたことで実際に生じた損害について証明する必要がないとされています。
すなわち、遅れによる損害の有無や程度を問わず遅延損害金が発生することになります。

3項では、支払が遅れたのが、債務者にとってはどうにもならない災害等の事情による場合であっても、遅延損害金はなくならないとしています。

「お金を支払う債務」は、次のように様々なことで発生します。

合意で発生する債務の例

  • 個人が金融機関からお金を借りる契約をし、それに基づき借りたお金を返済する債務
  • 個人が会社と労働契約をし、それに基づいて個人が働いて、会社は個人に対して賃金を支払う債務

合意なしで発生する債務の例

  • 不法行為に基づく損害賠償として、交通事故の加害者が被害者に対して損害を賠償する責任債務

(1)遅延損害金の発生するタイミング

遅延損害金は、債務の履行が遅れたことのペナルティーです。
民法412条では、遅延損害金を含む、債務の履行が遅れた場合の責任が発生するタイミングについて、次のように定めています。

1.債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。
2.債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した後に履行の請求を受けた時又はその期限の到来したことを知った時のいずれか早い時から遅滞の責任を負う。
3.債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う。

引用:民法412条

金融機関からの借金は毎月の返済期日が決まっていることが多く、給料についても支払日は定まっているのが通常です。
そのため、これらの場合、「確定期限」があるということになり、決まった日を1日でも過ぎると遅延損害金が発生します。

例えば4月25日が給料日なのに、その日支払われるべきだった残業代が含まれていなければ、その翌日である4月26日から遅延損害金が発生することになります。

交通事故等の不法行為の場合は、あらかじめ賠償の期限を定めておくことはほとんどないでしょう。
不法行為の時点で履行が遅れていて、その当日から遅延損害金が発生する扱いとされています。

(2)遅延損害金の計算方法

遅延損害金の金額は、

期限に支払われるべきだった金額×遅延損害金の利率÷365×遅れた日数

の計算式で求められます。

遅延損害金の利率には、先ほどの民法419条1項で触れたとおり、法定利率と約定利率の2種類があります。

法定利率は、民法改正の影響で、遅延損害金が発生したタイミングによって変動します。

  • 2020年3月31日以前に発生した場合………………………年5%
  • 2020年4月1日~2023年3月31日に発生した場合………年3%
  • 2023年4月1日以降に発生した場合…………………………未定(3年ごとに見直し)

(改正前民法404条、改正民法404条2項、3項)

法定利率は、未払賃金や交通事故の被害等、あらかじめ当事者間で遅延損害金の利率を定めなかった場面で用いられます。
ただし、未払賃金の場合、退職後であれば遅延損害金の上限は年14.6%となります(賃金の支払の確保等に関する法律6条1項)。

一方の約定利率は、借金等の場面で用いられます。
借入れの際の契約書を確認すると、年何%かを確認することができます。
遅延損害金の利率の上限は、次のように元本の額により異なります(利息制限法4条1項、1条)。

  • 元本が10万円未満……………………年29.2%
  • 元本が10万円以上100万円未満……年26.28%
  • 元本が100万円以上……………………年21.9%


これらを超える利率が契約で定められていても、超過する部分は無効となります。
例えば、15万円借りた場合、契約では利率が年28%と定められていても、年26.28%分払えば足りることとなります。

さらに、消費者金融等からの借金の場合には、年20%が一律に上限とされています(利息制限法7条1項)。

借金の滞納で遅延損害金を請求された!

返済期日を1日でも過ぎてしまうと、法律上遅延損害金が発生します。
この項目では、借金を滞納してしまって遅延損害金を請求された場合の対処法を説明します。

(1)利息と遅延損害金の違い

まず、利息と遅延損害金の違いを理解しましょう。

利息と遅延損害金はそれぞれ別の性質のものなので、二重に請求されることはありません。
利息は、お金を借りられたというサービスへの対価の性質があります。
そのため、利息は返済期日まで発生し、遅延損害金の発生タイミングとはずれることとなります。

(2)借金の支払が難しい時は債務整理を

借金の返済が滞ると、遅延損害金は利息よりもさらに高い利率に設定されていることが多く、「こんなお金、請求されても払えない!」と思うほどの負債額に膨れ上がることもあります。
借金の遅延損害金への対処法については、こちらも併せてご覧ください。

遅延損害金とは?計算方法や支払が不安なときの対処法を解説

遅延損害金が膨らむなどして借金の支払が困難な場合、支払えないからといって放置していると、給与や預金を始めとした財産へ差押えを受けてしまうリスクがあります。
支払が困難、と感じたら早期に対処する必要があります。

借金問題について、返済の負担減による解決を図る方法が債務整理です。
債務整理には主に任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。

任意整理とは、支払い過ぎた利息はないか、利息制限法の上限利率に基づいて正確な負債を計算し、残った負債について、将来利息のカットや数年間での分割等による返済の負担減を目指して個々の債権者と交渉する手続きです。

東京都に3つある弁護士会(東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会)では、「クレジット・サラ金処理の東京三弁護士会統一基準」という任意整理事件の処理基準を定めています。
この基準の中には、「和解案の提示にあたっては、それまでの遅延損害金、並びに将来の利息は付けないこと」というものがあります。
弁護士が、上記基準に従って債権者と和解交渉を行い、その結果、遅延損害金は支払わずに済む可能性があります。

個人再生とは、負債が返済できないおそれがあることを裁判所に認めてもらい、法律に基づき決まった額を原則3年間で分割払していく手続きです。
支払うことになる金額は、負債の額や財産価額等をもとに決まるのですが、高価な財産がなければ総返済額を大幅に減額できる可能性があります。

自己破産とは、債務者の収入や財産からは返済が不可能であることを裁判所に認めてもらい、原則全ての負債の支払について免除を受ける手続きです。

どの方法が一番適しているかは、借入れの額や収入等から人によって異なります。
弁護士に相談の上、自身に最適な方法を選ぶことをおすすめします。

未払賃金請求の際に、遅延損害金も請求したい

残業代等、給与に未払があると、法律上は給料日の翌日から遅延損害金が発生することとなります。
この項目では、未払賃金と遅延損害金の関係を説明します。

(1)遅延損害金を実際に受け取れるかどうかはケースバイケース

遅延損害金は、未払賃金に上乗せして請求することができます。
しかし、実際に遅延損害金を受け取れるかどうかは場合によって異なります。

未払賃金を会社に請求し、和解交渉の中で、遅延損害金については譲歩する場合もあります。
遅延損害金なしでもそれなりに大きなお金を受け取れる場合や、生活費に困窮している場合等には、そういった選択をする場合もあります。

一方、会社との交渉では納得のいく金額で折り合えなかった場合には、裁判所での手続きを取ることもあります。
裁判所が労働審判や判決で未払賃金の支払を命じる際には、遅延損害金も併せて支払うよう命じます。

(2)遅延損害金を受け取るためには

まず、未払賃金を請求するためには、下準備として、未払賃金があることの証拠を集める必要があります。
例えば、タイムカードやシフト表、契約書、就業規則等です。
その上で、未払賃金を計算し、会社との交渉に入ります。

労働者本人が会社と交渉することには、直接交渉しなければならないという精神的な負担が伴います。
また、交渉の際には遅延損害金を払うかどうかだけでなく、「そもそも未払賃金は発生していない」等と会社が強硬な態度をとり、法的な論点について争わねばならなくなる可能性もあります。
さらに、一度は発生していた未払賃金を請求する権利が、時効にかかって消滅してしまうリスクもあります。

会社とのやり取りの負担を軽減し、遅延損害金もしっかり上乗せして受け取りたい、消滅時効を阻止したい、という場合には、労働問題を取り扱っている弁護士に相談することをおすすめします。

未払賃金を請求する流れは、通常次のようになります。

未払賃金の請求のための証拠収集の方法や請求の流れについて、詳しくはこちらをご覧ください。

給料の未払いは違法!会社への請求方法や制度を解説

交通事故の損害賠償請求で、遅延損害金を受け取れる?

交通事故の被害に遭った場合、事故当日から遅延損害金は発生します。
しかし、法律上遅延損害金を受け取る権利があっても、実際に遅延損害金を受け取ることができるかどうかはケースバイケースです。
この項目では、交通事故の被害について遅延損害金を受け取る方法を説明します。

(1)交通事故で遅延損害金を受け取れるかはケースバイケース

交通事故の被害に遭った際は、加害者が加入している任意保険会社から損害の回収を図り、交渉がまとまらなかった際には裁判所での手続(訴訟)に移ることが多いです。

しかし、保険会社が裁判前の交渉段階で遅延損害金の請求に応じることはほとんどありません。
また、裁判所での手続きでも、裁判上の和解をする場合には、遅延損害金がカットされることが少なくありません。
きちんと遅延損害金を全額受け取るためには、判決を得る必要があります。

裁判所での手続きは、遅延損害金を上乗せできる可能性があるというメリットの一方、被害者側にも過失があった際にはその分きっちり減額されること、保険会社との交渉よりもお金を受け取れるまでに時間がかかる等の注意点もあります。
これらを考慮の上、訴訟を提起するか否かを決める必要があります。

(2)遅延損害金の請求方法

交通事故について訴訟を提起する際に、遅延損害金も併せて請求する旨を訴状に書く必要があります。

交通事故の訴訟の流れは、次のようになります。

交通事故裁判の流れや、訴訟を行うメリットデメリットについて詳しくはこちらをご覧ください。

【解決事例入り】交通事故裁判における流れや費用について弁護士がくわしく解説

【まとめ】遅延損害金は、支払が遅れたことへのペナルティー

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 支払うべきものが遅れると、遅れた日数分の遅延損害金が発生する。
  • 借金の場合、遅延損害金の利率は利息よりも高い。遅延損害金が膨らんで支払が困難になったら、債務整理によって支払の負担を軽減できる可能性がある。
  • 未払賃金の場合、遅延損害金を上乗せして回収するためには、裁判所での手続きを取らねばならないことが多い。確実に遅延損害金を受け取るためには、弁護士に依頼することがおすすめ。
  • 交通事故の被害に遭った場合、保険会社が任意に遅延損害金の支払に応じることは少ない。遅延損害金を受け取るためには訴訟を提起する必要があるが、訴訟の長短を検討の上決める必要がある。

遅延損害金は、あらゆる場面で発生する可能性があります。
もしやと思った方は、まずは弁護士にご相談ください。

遅延損害金の支払が困難で、返済を続けていても一向に借金がなくならない、という方は、債務整理をご検討ください。

アディーレでは債務整理を取り扱っており、債務整理のご相談は何度でも無料です。

アディーレ法律事務所では、所定の債務整理手続きにつき、所定の成果を得られなかった場合、原則として、当該手続きに関してお支払いただいた弁護士費用を全額ご返金しております(2022年4月時点)。

債務整理についてお悩みの方は、債務整理を得意とするアディーレ法律事務所にご相談ください。