自己破産とは?

自己破産をして少額管財となる場合、裁判所へは何回行く必要がありますか?

たとえば東京地方裁判所の場合、少額管財では、裁判官との面接のため、原則として裁判所へ行くのは最低1回で済みます。この面接のことを、免責審尋(めんせきしんじん)といい、面接の結果に応じて、免責(借金の支払義務の免除)をしてもよいかが判断されます。加えて、破産管財人(破産者の財産などを調査する人)との面接のため、破産管財人の事務所などに1回お越しいただく必要があります。なお、免責審尋、および破産管財人との面接には、代理人である弁護士が同席することが多いのでご安心ください。

ちなみに、各裁判所によってその名称は異なりますが、たとえば東京地方裁判所の場合、自己破産の手続には、少額管財(原則)と同時廃止(例外)という2つの手続があります。少額管財と同時廃止のどちらになるかは、裁判所により判断されます。少額管財手続について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。