あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

自己破産してから10年過ぎると、クレジットカード作成やローン契約はできる?

作成日:更新日:
yamazaki_sakura

「自己破産なんてしたら、一生クレジットカードも持てないし、住宅ローンも組めなくなるのでは?」

自己破産という言葉の響きから、このように思っている方も少なくありません。
しかし、自己破産してから7年ほど経過すれば、クレジットカードを作成したり、ローンを組んだりできるようになる可能性があります。
自己破産等の情報が「信用情報機関」に登録されている間は困難ですが、一定期間ののちに、自己破産した情報が消えるためです。官報の掲載情報は残りますが、一般的なクレジットカード契約では、官報の照会までは行わないことが多いです。

この記事では、次のことについて弁護士が解説します。

  • 自己破産の手続をしたという情報が、信用情報機関に登録されている期間
  • 自己破産の手続から10年経てばクレジットカードを作れるか
  • 自己破産の手続から10年経てばローンを組めるのか
  • 自己破産後にクレジットカードやローンの申込をする際の注意点
この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

自己破産の場合の信用情報機関への登録について

それでは、信用情報のしくみや自己破産の場合について説明します。

(1)信用情報機関とは?

自己破産等の債務整理を行うと、「ブラックリスト」に載るということを聞いたことのある方も多いと思います。

金融機関がブラックリストなる名称のリストを作成しているわけではなく、ブラックリストというのは、信用情報機関の事故情報の俗称です。

金融機関が加盟している信用情報機関では、カードやローンの申込・契約状況や返済の状況等についての情報である「信用情報」を登録しています。

延滞や債務整理等、当初の契約どおりの返済ができていないという情報を信用情報の中でも特に「事故情報」と呼ぶことがあります。

金融機関は、クレジットカードやローンについて申込みを受けると、審査のために申し込んだ人の信用情報を信用情報機関に照会します。

その際、事故情報があると審査が通りにくくなります。

信用情報機関に事故情報が登録されている状態を、俗にブラックリストと呼ばれています。

事故情報が影響するのは、クレジットカードやローンの借入申込みや、第三者の保証人になろうとする場合等の、その人の支払能力が問題となる場面です。

(2)自己破産の場合の信用情報機関の事故情報の登録期間は?

事故情報は、永遠に登録されているわけではありません。
信用情報機関ごとに、事故情報の種類ごとにまちまちではあるものの、一定期間の後に事故情報は消えます。

自己破産の場合、信用情報機関ごとの事故情報の登録期間は次のようになります。

信用情報機関破産に関し登録される主な情報破産に関する事実が登録される期間
CIC破産開始決定・免責の有無契約期間中+契約終了後5年以内 =免責許可決定を確認した加盟会社が登録した報告日から5年以内
JICC破産申立ての有無【契約日:2019年9月30日以前】 破産申立ての日から5年を超えない期間 ※申立て取下げがあった場合は申立取り下げを加盟会社が登録した時点まで 【契約日:2019年10月1日以降】 契約継続中+契約終了後5年以内 ※申立て取下げがあった場合は申立取り上げを加盟会社が登録した時点まで
KSC破産手続開始決定の有無破産手続開始決定の日から7年を超えない期間

※随時、変更される可能性があります。

参考:信用情報について|信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構(JICC)
参考:センターの概要|一般社団法人 全国銀行協会

自己破産の裁判所での手続の流れは、次のようになります。

自己破産の申立てを受けた裁判所が、手続を始める要件が満たされていると判断すると「破産手続開始決定」が出て、裁判所での手続が始まります。
負債を抱えている人にとっての自己破産の手続のゴールは、原則全ての負債の返済を免除してもらう「免責許可決定」を獲得することです。

自己破産の手続についての事故情報が登録される時点は信用情報機関ごとに異なりますが、最も長い期間登録される可能性があるのは、表の一番下のKSCの、「破産手続開始決定の日から7年を超えない期間」です。

裁判所での手続から5~7年程度で、自己破産についての事故情報は消えることになります。

自己破産の手続から10年でクレジットカードを作成できる?

自己破産の手続をした場合でも、5~7年ほどで事故情報が消えた後であれば、クレジットカードを再び所持できる可能性があります。

ただし、自己破産の際に債権者となっていた会社やそのグループ会社では、クレジットカードを作成できない可能性があります。
会社によっては、ある人が自己破産をしたという情報を内部で保管している可能性があり、こうした場合には「またこの人は自己破産をしてしまうかもしれない」と警戒するためです。
官報を確認する金融機関も、難しいでしょう。
また、自己破産した方は、「クレジットヒストリー」が白紙になっているため、審査を通常よりも通過しにくくなる場合もあります。
クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンの利用履歴等です。

「クレジットカード等の利用履歴がないということは、過去に事故情報が登録されていた可能性がある」と、金融機関から判断され、審査を通りにくくなる可能性があります。

自己破産後にクレジットカードを作成できるかどうかについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

自己破産後にクレジットカードはいつ使えるようになる?注意点は?

(1)事故情報が残っている間も、デビットカード等なら作成できる可能性あり

事故情報が登録されている間、キャッシュレス決済が全く利用できなくなってしまうわけではありません。

利用と同時に口座からお金が引き落とされるデビットカードや、あらかじめ入金した分の額しか利用できないプリペイドカード等であれば、申込みの際に信用情報機関への照会が原則として行われません。
そのため、自己破産の手続を取ったという事実によって、これらのカードが使えなくなってしまう可能性は低いといえます。

(2)自己破産後のキャッシュレス決済利用の注意点

キャッシュレス決済は現金よりも「お金を使った」という感覚が希薄になりがちで、お金の使い過ぎにつながりかねません。
実際に所持している範囲のお金しか使えないという点では、デビットカードやプリペイドカードはクレジットカードほどの浪費のリスクはないとも言えますが、お金を使った感覚が薄くなりがちという点では共通しています。

自己破産の手続後は、キャッシュレス決済の利用は必要最小限にとどめたほうがいいでしょう。

自己破産の手続から10年でローンは組める?

ローンの場合も、自己破産についての事故情報が消えた後であれば、組むことができる可能性はあります。

ただ、クレジットカードの場合と同様に、

  • 自己破産の際に債権者となっていた会社や同グループの会社では、ローンを組めない可能性がある
  • クレジットヒストリーが白紙のため、審査を通りにくい可能性がある

この2つの注意点があります。

安易なローン利用は危険!

また、ローンを組みたいと思っても、慎重に検討する必要があります。
安易にローンを組んで支払ができなくなってしまっても、2回目以降の自己破産の申立ての場合、免責許可決定を獲得できない可能性があります。
本当にローンを組まねばならないのか、念入りに確認してください。

自己破産の手続後にローンを組もうとする際のことについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

自己破産したら何年でローンを組める?信用情報について徹底解説

自己破産の手続後にクレジットカードやローンの申込みをする際の注意点

それでは、クレジットカードやローンの申込みをするときの注意点を説明します。

(1)事故情報が抹消されているか確認する

「もう事故情報は消えているはず」と思っていても、まだ登録が残っている可能性があります。
自己破産の事故情報があれば、審査は原則として通らないため、申込みをする前に事故情報が消えているかどうか確認しておくことがおすすめです。

事故情報を含む信用情報については、信用情報機関への照会を行うことで確認できます。
照会の方法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

カードローンを滞納してブラックリストに載るとどうなるの?

(2)一気に複数の申込みを行わない

複数の会社に一気に申込みをして、申込みの事実が信用情報機関に登録されると、審査を通りにくくなる可能性があります。
短期間に複数の申込みをするということは、お金に困っている人だと判断されてしまう可能性があるためです。

万が一事故情報の残った状態で複数の申込みを行うと、多くの会社の審査に落ちることにもなりかねません。

複数の会社に一気に申込みを行うことは避けましょう。

【まとめ】自己破産の手続をしても、永遠にクレジットカードやローンを利用できなくなってしまうわけではない

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 自己破産の手続を取った事実は一定期間信用情報機関に登録されるが、この情報は自己破産の手続から5~7年程で消えるのが通常。
  • 自己破産の手続から7年ほど経てば、クレジットカードやローンを利用できる可能性はある。
  • 自己破産の手続後にクレジットカードやローンの申込みを行う際は、事前に事故情報が消えているか確認のうえで、一気に複数の申込みをしないようにする。

自己破産の手続の後は、お金の浪費や借金を繰り返さないように心がける必要がありますが、永遠にクレジットカードやローンを利用できなくなってしまうわけではありません。

アディーレ法律事務所では、万が一免責不許可となってしまった場合、当該手続きにあたってアディーレ法律事務所にお支払いいただいた弁護士費用は原則として、全額返金しております(2022年7月時点。ただし返金の対象外となる例外ケースがあります)。

自己破産についてお悩みの方はアディーレ法律事務所にご相談ください。