自己破産とは?

競売と任意売却はどこが違うのですか?

住宅を処分する方法である競売と任意売却は、”売却を主導する主体”に違いがあります。

  • 競売
    住宅ローン会社が裁判所へ申立てを行い、裁判所が主導して売却を進める手続です。住宅の所有者へ売却の意思確認はされず、強制的に売却(競売)が行われます。
  • 任意売却
    住宅の所有者が住宅ローン会社の同意を得て、一般的に住宅の所有者と不動産業者が主導して売却を進める手続です。

また、競売は内覧せずに売却されるため、任意売却の金額に比べると売却金額が安価になることが一般的です。加えて、競売は裁判所が決めた期日に基づいて進められるため、すぐに買い手が見つかれば売却可能である任意売却よりも、売却までの期間が長くなります。

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。