自己破産とは?

勤務先から借入がありますが、自己破産をする場合、会社も債権者として裁判所へ申告しなければいけませんか?

自己破産は、裁判所を介して行う債務整理手続の1つです。自己破産には、原則として債権者(=借入先)を平等に扱うという「債権者平等の原則」がありますので、勤務先からの借入がある場合、勤務先を債権者として裁判所へ申告する必要があります。どうしても勤務先を債権者に含めたくない場合は、別の債務整理手続を検討することもできますし、家族や友人の方に勤務先に対する借金を肩代わりしてもらうなどの方法も検討できます。

自己破産することを勤務先に知られたくない方は多く、対応策にお困りだと話す相談者の方もいらっしゃいます。弁護士には守秘義務があり、プライバシーに最大限配慮しておりますので、安心してご相談ください。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

自己破産は大変なことだと思っていました。従業員の方の対応が親切で、もっと早くお願いすればよかったです。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 60代以上
  • 男性
債務者アイコン

日々返済のことで頭がいっぱいだった生活が、うそみたいです。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 20代以上
  • 男性
債務者アイコン

返済の事で落ち着かない状態でしたが、今では仕事に力が入るようになりました。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 40代以上
  • 男性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。