任意整理とは?

低金利の一本化と任意整理では、どちらが有利ですか?

任意整理のほうがとても有利です。任意整理の場合、基本的には今後発生する利息(将来利息)を付けないように交渉しますし、連帯保証人を立てることもありません。

任意整理に抵抗があるとのことで、「低金利で借金を一本化できる業者をインターネットで見つけた」という話を耳にすることがあります。確かに銀行などで借り換えをした場合、それまでよりも金利は少し低くなりますがゼロにはなりません。また、借入金額が大きくなってしまうため、審査が通りにくく、連帯保証人を立てるなどの条件をつけられる場合もあります。

また、のちのち返済が厳しくなってきて、「やはり…任意整理をしよう」となった場合、今度は借り換えをしたことが逆に足かせとなってしまうおそれがあります。

連帯保証人の方などにも多大な迷惑をかけることになりかねず、かえって被害を拡大させてしまう恐れがあるのです。

つまり、一本化といっても、結局は新しい大きな借金を作ることと変わりません。

もちろん、そのお金で他の貸金業者のこれまでの借金については返済するわけですが、借金の総額は全く減っていません。

また、金利が低いといっても、利子を上乗せしたお金を毎月返済しなければならないというこれまでの生活サイクルは何も変わることがないのです。

任意整理のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。