あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

不倫慰謝料を減らしてほしい!頼りになる法律事務所の選び方を解説

作成日:更新日:
s.miyagaki

「突然、不倫相手の奥さんから500万円の慰謝料を請求された!どうしよう」

こんなとき、頼りになるのが法律事務所です。
でも、どんな法律事務所に依頼すればいいのか分からない方も多いでしょう。
実績、専門性、費用など、法律事務所の選び方には様々なポイントがあります。
今回の記事では、

  • 法律事務所へ依頼するメリット・デメリット
  • 法律事務所の選び方

について弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 池田 貴之

法政大学、及び学習院大学法科大学院卒。アディーレ法律事務所では、家事事件ドメイン(現:慰謝料請求部)にて、不貞の慰謝料請求、離婚、貞操権侵害その他の男女トラブルを一貫して担当。その後、慰謝料請求部門の統括者として広く男女問題に携わっており、日々ご依頼者様のお気持ちに寄り添えるよう心掛けている。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

法律事務所に依頼するメリット

法律事務所に依頼するメリットとしては、次のものがあります。

  • 不倫慰謝料の減額可能性が高まる
  • 「会社をやめろ」「勤務先や家族にばらすぞ」など、金銭以外の要求に対しても対応してくれる
  • ストレスや労力が軽減される
  • 示談した後に、トラブルが蒸し返されるのを防ぐ

これらにつき、詳しく解説します。

不倫慰謝料の減額可能性アップ

もっと不倫慰謝料を減額してくれというと、不倫相手の配偶者が怒って、裁判されるのではないか。怖くて減額してくれと言いにくい。

確かに、当事者同士で話をすると感情的になり、話し合いが難航するケースが多いです。
また、特に、不倫相手の配偶者に弁護士が付いている場合は、押し切られて高額な金額で示談しがちです。
しかし、あなたが弁護士へ依頼すると、弁護士が代わりに不倫慰謝料の減額交渉をしてくれます。
そして、弁護士が、代わりに交渉することで、押し切られず、減額に成功することも少なくありません。

その結果、自分で交渉するよりも、不倫慰謝料を減額してもらえる可能性が高まります。

 弁護士はどうやって減額交渉するの?

不倫慰謝料には、裁判上の相場がありますので、基本的には、この相場を基に交渉をすることになります。
この相場からかけ離れた多額の不倫慰謝料を請求されている場合は、減額の余地が大きいといえます。

不倫の慰謝料の裁判上の目安
離婚をした場合・別居(※)している場合約100万~300万円
離婚をしない場合・別居していない場合約数十万~100万円

※婚姻関係が破綻していると評価できるような別居をいいます(例:離婚調停中)。
 
なお不倫(不貞行為)の回数や、内容、反省の有無などによって、上記の金額は増減しますので、個別のケースにより相場の額は異なります。

弁護士から不倫慰謝料の請求が来ている場合でも、減らせるものなの?
弁護士なんだから相場の金額で請求してるんじゃないの?

不倫慰謝料を「請求する側」に弁護士がついている場合、初回は「この金額でなら示談してもいいと思っている金額(例:相場に近い金額)より大幅に多い金額」で請求してきていることが少なくありません。
というのも、示談してもいいと思っている金額に近い金額で、初回の提示をしてしまうと、譲歩する余地が乏しく(交渉材料が乏しく)、交渉がまとまりにくいからです。

そのため、交渉した結果、大幅に不倫慰謝料が減額されたということも少なくありません。
もちろん、全ての案件が、大幅に盛られた金額で請求されているわけではないため、不倫慰謝料の請求を受けた側の弁護士は、相手の態度や証拠、判例などに照らして、どこまで削れるのか慎重に見極めた上で交渉を行うことになります。

相場の金額であったとしても、それを払えるほどの収入がない。そういう場合、弁護士はどう交渉してくれるの?

あなたの収入が乏しい場合には、弁護士が相場を下回る金額で交渉したり、分割払いで話をしたりすることもあります。

金銭以外の要求に対しても適切に対応

金銭以外の要求を、不倫相手の配偶者から受けることもあります。
不倫をしたからといって、何でも言うことを聞かなければならない、ということはありません。
とはいえ、こういうケースでは、不倫相手の配偶者はかなり怒っており、ご自身で対応すると余計に事態が悪化することもあります。
この点、弁護士は、要求は正当か否かを判断し、不倫相手の配偶者側に不当な行為をしないよう冷静に、そして強く説得します。
特に、家族や勤務先といった周囲に不倫の事実が知られないよう特段の注意を払って交渉にあたります。

ストレスや労力の軽減

不倫相手の配偶者側から、強く責められ、さらには多額の不倫慰謝料も請求されることで、四六時中悩んでいるという方も多いです。
そして、交渉そのものにも、大変な労力がかかります。
 
この点、弁護士に依頼すれば、弁護士が代わりに交渉してくれます。
その結果、あなたは、基本的に不倫相手の配偶者側と直接話さなくて済みます。そして、あなたが日常生活を送っている間に交渉は進んでいきます。

このように、法律事務所に依頼することで、ストレスや労力を軽減することができます。

トラブルの蒸し返し防止

なんとか不倫相手の配偶者と、示談することができ一件落着、と思っても、後日、また不倫慰謝料をめぐってトラブルになることがあります。
例えば、示談書を交わしたものの、口外禁止の条項を示談書に入れなかったために、示談後、不倫のことを言いふらされるという事態もあり得ます。
また、上司と不倫したというケースで、「今後、不倫相手と接触したら違約金を払う」といった示談をしてしまうと、形式的には、出勤してその上司と顔を合わせるだけで違約金の対象となってしまいかねません。
インターネット上に示談書のひな型が公開されていることもありますが、個々のケースに対応したものではないですし、不倫相手の配偶者側がそれと同じ示談書を提示してくるとは限りません。

不備なく示談をするためには法律の知識が必要です。
弁護士は、トラブルの蒸し返しが起きないように示談を締結してくれます。

法律事務所に依頼するデメリット

法律事務所に依頼すると、弁護士費用がかかります。
弁護士費用と、メリット(予想される減額の程度など)を比較考慮して、弁護士に頼むか決めるとよいでしょう。

法律事務所を選ぶポイント

どんな法律事務所を選べばいいの?

どの法律事務所に依頼するかによって、不倫慰謝料をどの程度減らせるのかなど、成果が異なってきます。
そのため、法律事務所の選び方は重要です。次のポイントを参考にして法律事務所を選ぶと良いでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 不倫慰謝料を専門的に取り扱う弁護士がいるか
  • 電話で気軽に面談できるか
  • 事務所が近くにあるか
  • 弁護士費用はどうなっているのか
  • 分かりやすく親切に説明してくれるか

これらについて詳しく解説します。

その法律事務所の実績は豊富?

実績が豊富ということは、これまでのノウハウの蓄積があるということです。ノウハウの蓄積があれば、交渉などにおいて有利に立ち回りやすくなります。
 
法律事務所のHPなどに、不倫慰謝料の事件を取り扱った実績が載っている場合がありますので、チェックしてみましょう。

アディーレ法律事務所では、これまでに1万5000件以上の不倫慰謝料減額のご相談をいただいております(2022年9月時点)。
※ご相談数は、弁護士法人アディーレ法律事務所と弁護士法人AdIre法律事務所の合計です。

また、アディーレ法律事務所では、不倫慰謝料減額の解決実績をHPに載せています。

不倫慰謝料を専門的に取り扱う弁護士はいる?

医者が、内科医、外科医、などと専門分野が分かれているように、弁護士にも専門分野があります。そのため、不倫慰謝料の事件を専門的に取り扱う弁護士がいる法律事務所に依頼するとよいでしょう。

「不倫慰謝料を請求された側の事件だけ」を扱う法律事務所と、「請求側・請求された側の両方の事件」を扱う法律事務所があるけど、どっちがいいの?

この2種類の事務所のメリットの違いについて説明します。

「請求された側だけ」を専門的に扱う法律事務所のメリット

「不倫慰謝料を請求された側の事件だけ」扱う法律事務所の場合、不倫慰謝料の請求側の事件を扱っていないので、「不倫慰謝料を請求された側だけの味方」という点で、共感することができます。

他方で「請求側・請求された側の両方」を扱う法律事務所の場合、弁護士があなたに
「不倫慰謝料を請求されて辛いよね」と言ったとします。

しかし一方で、あなたとは関係ない他の事件ではあるものの(※)、請求側の依頼者には「不倫されて腹が立つよね」と言う状況になる可能性があります。
(※)弁護士は、同じ事件について、請求側と請求された側の両方の依頼を受けることは禁止されています。

「請求側・請求された側と両方扱う」法律事務所のメリット

「不倫慰謝料の請求側と請求された側の両方を扱う」法律事務所の場合、不倫慰謝料の請求をする側の事件を受任した際に、請求する側の人たちの本心を聞いていることが多いです。
そして、両方を扱う法律事務所では、こうした事件の経験を通して、請求する側の人たちの思考パターンが知識として蓄積されていきます。

「どこまでの減額だったら応じてもらえるか」
「請求側は、要求に応じなかったら裁判すると言っているが、本心ではなく、まだ交渉を続けても大丈夫なのではないか」
など相手の考えを読まなければならない場面はたくさんあります。
こういうときに、請求側の人たちの思考パターンを多く知っている法律事務所は頼りになることでしょう。

他方で「不倫慰謝料を請求された側の事件だけ」を専門に扱う法律事務所の場合、不倫慰謝料の請求側の事件を受けることがありません。
そのため、「請求された側だけを専門的に扱う」法律事務所の場合、基本的には、請求側の人たちの表面上の動向や、書籍などの調査で得た知識を基に、請求者側の本心を推測することになります。

なお、不倫慰謝料を請求された側の事件だけを扱う法律事務所であったとしても、過去に他の法律事務所で、請求側の事件を受任した弁護士が移籍してきていることもありますので、2種類の事務所の上記各メリットは一律に当てはまるわけではありません。

アディーレ法律事務所では、

  • 不倫慰謝料の事件を専属的に扱う部署があります
  • 不倫慰謝料を請求する方・請求された方の両方の事件を扱っています

電話でも相談できる?

法律事務所に来所して弁護士と面談するという方法もありますが、忙しくて行く時間がない、という方も多くいます。
そのような方は、電話でも相談ができる法律事務所がおすすめです。土日祝日や、夜遅くまで相談に対応している法律事務所だとより便利です。

アディーレ法律事務所では、電話での相談も可能です。
また朝9時~夜10時、土日祝日も相談をしていただくことができます。
※2022年11月時点

その法律事務所は近い?

電話で相談できるとしても、事務所が遠いとちょっと不安

そんな方は近くにある法律事務所を選びましょう。
アディーレ法律事務所は全国に60拠点以上(2022年10月時点)あり、法律事務所へアクセスがしやすくなっています。

※拠点数は弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。

弁護士費用はどうなっている?

一般的な法律事務所の弁護士費用は 
相談料+着手金+報酬金+各種手数料+実費
となっています。
(※法律事務所によって、これらの弁護士費用の名称や内容は異なります。)

相談料は無料のところや、報酬金は成果に応じて発生する法律事務所が多い
です。

他方で、着手金は、弁護士が事件に着手することに対してかかるお金ですので、事件で成果があろうがなかろうが、返金しない法律事務所が一般的です。

このほかにも、各種手数料(裁判対応(出廷など)の際の手数料など)や、実費の負担が必要となることもあります。

この点、アディーレ法律事務所では、全く成果を得られなかった場合には、原則として、弁護士費用を返金(※)していますので、費用倒れの心配をすることなく、ご依頼いただけます。
※返金には諸条件がございます。

弁護士の説明は分かりやすくて親切?

実際に会ってみないと、説明が分かりやすいか、親切かということは分かりません。
また、人によってその法律事務所が合う、合わないもあります。
口コミだけでは、判断が難しいことも多いので、一度、実際に相談してみることをお勧めします。
相談料無料のところであれば、お金のことを気にせず相談することができます。

【まとめ】どこの法律事務所を選ぶかで、不倫慰謝料の金額が変わることも!

法律事務所を選ぶポイントをまとめると、次の通りになります。

  • 実績の豊富さ:
    各法律事務所のHPなどでチェック
  • 専門性の高さ:
    「請求された側だけ」を扱う法律事務所と、「請求側と請求された側の両方」を扱う法律事務所がある。「請求された側だけ」を扱う事務所は、依頼する側からしてみれば共感しやすい。
    「両方」を扱う法律事務所は、経験上、請求側の人たちの手の内(思考パターン)を熟知している傾向にあり、その経験を減額の交渉に活かすことができる。
  • 電話でも相談が可能:
    忙しい方は法律事務所に行って相談ではなく、電話での相談が便利
  • 事務所の近さ:
    近い方が安心感がある
  • 弁護士費用:
    弁護士費用の内「着手金」は成果がなくとも原則として返金しない法律事務所が一般的。もっとも、成果がなければ弁護士費用を返金する法律事務所もある。
  • 説明が分かりやすくて、親切:  
    この点は実際に弁護士に会わないと分からないため、「相談料無料」の法律事務所などで相談することがおすすめ

アディーレ法律事務所では、不倫慰謝料を請求された事件の相談料は何度でも無料です。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため、費用倒れの心配はありません。

(以上につき、2022年11月時点)

不倫慰謝料を請求をされてお悩みの方は、不倫の慰謝料請求への対応を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

この記事の監修弁護士
弁護士 池田 貴之

法政大学、及び学習院大学法科大学院卒。アディーレ法律事務所では、家事事件ドメイン(現:慰謝料請求部)にて、不貞の慰謝料請求、離婚、貞操権侵害その他の男女トラブルを一貫して担当。その後、慰謝料請求部門の統括者として広く男女問題に携わっており、日々ご依頼者様のお気持ちに寄り添えるよう心掛けている。東京弁護士会所属。

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています