あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

配偶者に浮気された!子供がいることは慰謝料の増額理由になる?

作成日:更新日:
kiriu_sakura

配偶者の浮気が発覚した場合、少しでも多くの慰謝料を請求したいと考えてしまうのが普通です。

そのため、浮気の慰謝料請求をする際には、

「多くの慰謝料が請求できるケースってどういう場合?」
「子供がいることは慰謝料の増額理由になる?」

などの疑問を持ってしまうことがあります。

浮気の慰謝料の金額は、増額理由・減額理由があるかないかなど様々な事情を考慮して決められており、増額理由がある場合には高額な慰謝料になる可能性があります。

そして、子供がいる場合には、慰謝料の増額理由に当たる場合があり、高額な慰謝料が請求できる可能性があります。

少しでも高額な慰謝料を獲得するためには、どういった事情が増額理由にあたるのかを事前に知っておくことが必要です。

この記事では、

  • 慰謝料が請求できる浮気とは?
  • 浮気の慰謝料の金額の相場・決め方とは?
  • 子供がいることは慰謝料の増額理由になる?
  • 子供から慰謝料は請求できる?
  • 高額な慰謝料を請求するためには?

について、弁護士が詳しく解説します。

浮気の慰謝料請求を検討されている方、浮気の慰謝料について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

慰謝料が請求できる浮気とは?

浮気や不倫であれば、全てに慰謝料請求が認められるわけではありません。
慰謝料請求が認められるためには、配偶者の浮気や不倫が「不貞行為」である必要があります。

「不貞行為」とは、一般的に、配偶者のある者が、配偶者以外の異性と自由な意思で性行為・肉体関係を持つこととされています。

もっとも、性行為・肉体関係とまではいかなくても、性的に密接な関係(一緒に風呂に入る、愛撫をする等の性交類似行為など)を持つことも、「不貞行為」にあたるとされています。

一方、2人きりで会う、食事をする、手をつなぐという行為だけでは、基本的に「不貞行為」にはあたりません。

不貞行為の判断基準はどこから?配偶者に疑惑がある際に取るべき2つの行動

浮気の慰謝料の金額の相場・決め方とは?

ここで、浮気の慰謝料の金額の相場と決め方について説明します。

(1)浮気の慰謝料の金額の相場

まず、浮気の慰謝料の金額の相場について説明します。

(2)浮気の慰謝料の金額の決め方

次に、浮気の慰謝料の金額の決め方について説明します。

慰謝料の金額の相場は、数十万~300万円と大きく幅があることがわかります。この金額の幅の中からどのようにして金額を決めることになるのでしょうか。

そもそも不貞行為の「慰謝料」とは、配偶者や不倫相手の不貞行為を原因として生じた精神的苦痛に対して支払われるお金のことをいいます。

そのため、慰謝料の金額を決める際には、明確な計算方式や基準があるわけではなく、精神的苦痛がどの程度なのかを様々な事情(増額理由・減額理由があるか)を考慮して決めることになるのです。

子供がいることは増額理由になる?

夫婦の間に未成熟子がいる場合には、浮気の慰謝料の増額理由にあたるとされています。

ここで「未成熟子」とは、子供がいまだ経済的・社会的に自立して生活できない状態にあることをいいます。
通常は、「未成熟子」とは、未成年のことを指しますが、成年に達していても、在学中であったり、心身に障害があり、自立して生活ができないような場合も「未成熟子」ということがあります。

夫婦の間に未成熟子がいるにもかかわらず、配偶者が浮気をしたということになれば、あなたが浮気にとって受ける精神的ショックは大きいだろうと判断されているのです。

東京地裁平成21年6月22日判決
「被告(浮気相手)が訴外A(夫)と不貞関係を継続し、同棲を続けていることもあって、…原告(妻)が訴外A(夫)と約10年間にわたる結婚生活を営み、2008年8月の当時で6歳と1歳の二人の子供をもうけていたことに鑑みると、突然に離婚を求められる事態になったことにより原告(妻)の受けた精神的苦痛は相当に大きいというべきである。」

⇒約10年にわたる結婚生活や6歳と1歳の未成熟子がいたことなどを理由として、妻の受けた精神的ショックは大きいと判断し、浮気相手に対し200万円の慰謝料の支払いを命じる判決を下しました。

なお、子供の有無以外にも次のような要素が慰謝料の金額を左右する項目であるとされています。

慰謝料の金額を
左右する項目
理由
婚姻期間被害者(浮気された方)の心情の配慮や離婚後の再スタートが困難になりやすいという理由から、婚姻期間が長いことは増額要素とされています。
浮気発覚前の婚姻生活の状況浮気の発覚以前、家庭生活は円満だったか、崩壊寸前だったかという事実によって左右されます。もし、浮気が発覚する以前から家庭生活が崩壊寸前であった場合、慰謝料は減額される傾向にあります。
自分自身の落ち度夫(妻)が浮気をするようになった落ち度が自分自身にある場合(過去に浮気をしていた等)は、慰謝料は減額される傾向にあります。
浮気相手の認識、意図浮気相手が、夫(妻)が既婚者だと知っていたか否かです。たとえば、相手が既婚者と知りながら家庭を壊すつもりで浮気をしていた場合、行為が悪質であると判断され、増額となる場合があります。
浮気の期間、具体的内容、頻度浮気の期間が10年以上など長期間にわたる場合は、慰謝料の増額要素とされています。
浮気の否認浮気が認められる状況で浮気相手が否認を続けるケースです。そのような場合、被害者の心情を踏みにじったと判断され、増額となる場合があります。
不貞関係解消の約束反故以前も浮気をしており、二度としないと約束を交わしていたにもかかわらず、再び浮気をした場合です。このような場合、悪質と判断されるため、慰謝料が増額となる場合があります。
夫(妻)と浮気相手の子どもの妊娠夫(妻)と浮気相手との間に子どもができた場合、極めて大きなショックをもたらします。そのため、夫(妻)と浮気相手との間で妊娠が発覚したことは、増額要素とされています。
精神的苦痛うつ病になるなど、浮気によって大きな精神的損害が発生した場合、それを裏付ける証拠(診断書など)があると、増額となる場合があります。
浮気相手の反省、謝罪、社会的制裁浮気相手が真摯に謝罪していたり、社会的制裁(退職など)を受けていたりする場合は、慰謝料が減額される場合があります。

子供からも慰謝料は請求できる?

あなたの配偶者の浮気が発覚した場合、あなたが精神的ショックを受けるのはもちろんのこと、夫婦仲が険悪となり、夫婦が別居や離婚をした場合には、あなた方夫婦の子供も精神的ショックを受けることになります。

この場合、あなたとさらに子供からも配偶者や不倫相手に慰謝料請求することができるのでしょうか。

基本的には、子どもが慰謝料請求することはできないとされています。
なぜなら、親が浮気をしたからといって必ずしも親子の縁が断絶されるわけではない(離れて暮らすことになっても必ず愛情が受けられなくなるわけではない)からです。

判例でも、次のように判断しています。

最高裁昭和54年3月30日判決
「妻及び未成年の子のある男性と肉体関係を持った女性が妻子のもとを去った右男性と同棲するに至った結果、その子が日常生活において父親から愛情を注がれ、その監護、教育を受けることができなくなったとしても、その女性が害意をもって父親の子に対する監護等を積極的に阻止するなどの特段の事情がない限り、右女性の行為は未成年の子に対して不法行為を構成するものではないと解するのが相当である。」

⇒つまり、夫が浮気相手と同棲するために家を出て行った結果、夫婦の間の子が父親から愛情を注がれるということができなくなったとしても、原則、子が浮気相手に対して慰謝料請求することはできないと判断したのです。

引用:最高裁昭和54年3月30日判決|裁判所 – Courts in Japan

高額な慰謝料を請求したい!どうすればいい?

高額な慰謝料を請求するためには、(1)きちんと浮気の証拠をつかんでおくこと、(2)慰謝料請求を弁護士へ依頼することをおすすめします。

(1)きちんと浮気の証拠をつかんでおくこと

高額な慰謝料を請求するためには、相手に反論をさせない証拠をきちんとつかんでおくことが重要です。浮気の証拠があることで有利に慰謝料交渉を進められる可能性が高くなります。

証拠としては、例えば、メールや写真、動画、浮気・不倫を自白した録音、ホテルのレシートなどさまざまものが考えられます。

浮気・不倫の慰謝料請求に効果的な証拠は?証拠集めの注意点も解説

(2)高額な慰謝料請求には、弁護士へ依頼することがおすすめ

慰謝料請求を弁護士に依頼することで、次のようなメリットを受けることができます。

1.弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
2.高額な慰謝料を獲得できる可能性が高まる
3.配偶者や浮気相手と連絡をとらなくてもよい
4.トータルでサポートしてもらえる

詳しく説明します。

(2-1)弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる

配偶者は「家庭の問題だから」などあなたにしたことを軽く考えていたり、浮気相手は、「配偶者から誘ってきた」など不貞を重く考えていなかったりすることがあります。そのため、あなたから慰謝料請求が来ても無視したり、適当にあしらったりすることもあります。

しかし、弁護士からの書面が届くと、あなたの本気度が伝わって態度が一変し、事の重大性に気付いてきちんと対応するケースが多いといえます。

(2-2)高額な慰謝料を獲得できる可能性が高まる

少しでも高額な慰謝料を獲得するためには、過去の裁判例や法律の知識、交渉のテクニックが必要となります。

高額な慰謝料を請求する場合には、配偶者や不貞相手からの反発も当然大きくなりますので、その反発を抑えるためにも、専門家による交渉が必要となるのです。

弁護士であれば、法律の専門家としての治験を駆使して、配偶者や不貞相手と粘り強く交渉し、少しでも高額な慰謝料の獲得を目指しますので、高額な慰謝料を獲得できる可能性があります。

(2-3)配偶者や不貞相手と連絡をとらなくてもよい

弁護士が慰謝料の支払い交渉を行う場合、弁護士が交渉すべてを代行しますので、あなたが自ら配偶者と連絡を取る必要はありません。

慰謝料の請求を検討するといった場合、当然配偶者や不貞相手に対する怒りも大きい場合が多いと思います。

そのような場合に、慰謝料交渉のために、自ら配偶者や不貞相手と連絡をとらなければいけないということは、肉体的にも精神的にも大きい負担がかかります。

弁護士が交渉を代行することで、あなたにかかる負担を減らすことができます。

(2-4)トータルでサポートしてもらえる

さらに、弁護士は、慰謝料請求に限らずに、例えば、配偶者や不貞相手との関係を断ち切ったり、慰謝料の未払いなど後々に起こりうるトラブルを防ぐための和解書なども作成したりすることもできます。

弁護士は、依頼者の悩みに寄り添い、依頼者にとって一番よい解決を目指します。

【まとめ】夫婦間に子供(未成熟子)がいることは、浮気の慰謝料の増額理由になる

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 慰謝料請求が認められるためには、配偶者の浮気や不倫が「不貞行為」である必要がある。
  • 浮気の慰謝料についての裁判では、別居や離婚をした場合にはおよそ100万~300万円、別居や離婚をしなかった場合にはおよそ数十万~100万円となることが一般的。
  • 慰謝料の金額を決める際には、明確な計算方式や基準があるわけではなく、精神的苦痛がどの程度なのかを様々な事情(増額理由・減額理由があるか)を考慮して決める。
  • 夫婦の間に未成熟子がいる場合には、浮気の慰謝料の増額理由にあたる。
  • 親の浮気に子供が精神的なショックを受けた場合でも、基本的に、子どもから慰謝料請求することはできない。
  • 高額な慰謝料を請求するためには、(1)きちんと浮気の証拠をつかんでおくこと、(2)慰謝料請求を弁護士へ依頼することをおすすめ。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。
原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2021年7月時点)

浮気・不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、アディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています