あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

玉突き事故とは?損害賠償や過失割合についても詳しく解説

作成日:更新日:
リーガライフラボ

制限速度の高い高速道路や、渋滞の発生した道路では、3台以上の車両が関係する玉突き事故が発生することがあります。
玉突き事故は、関係する当事者や車両の数が通常の交通事故よりも多いため、事故の発生した原因や、誰にどの程度の事故発生の責任があるのかなどの判断が難しいという特徴があります。
そこで今回の記事では、玉突き事故や、その損害賠償と過失割合について弁護士が解説します。

玉突き事故とは

玉突き事故とは、後方の車両に追突された車両が、その反動で前方の車両に追突してしまうような事故のことをいます。

玉突き事故についての誰がどの程度の責任を負うのかは、きっかけとなった追突事故の責任についての考え方を基本にして考えることになります。

玉突き事故の過失割合

玉突き事故は、一般的な交通事故と比べて関係する当事者が多く、各当事者の過失が複雑に絡み合って事故が発生しているケースもありますので、適切な過失割合を判断するのが難しいことがあります。

今回は玉突き事故についての当事者の過失割合を考えてみましょう。

(1)後続車が追突した場合の過失割合

一般道路における追突事故の場合、基本的に追突された前方の車両には過失がなく、後方車両の前方不注意などの過失で事故が発生するものがほとんどです。
特に、前方車両が駐停車していた場合には、基本的に、過失割合は先方車両:0、後方車両:100となり、追突した後方車両に100%の過失があることとなります。
したがって、このような追突事故がきっかけで発生した玉突き事故でも、過失割合は基本的に最後尾の車両:100となって事故の全責任を負い、その他の車両は過失責任を負わないことになります。

(2)過失割合が修正される場合

しかし、最後尾の車両が玉突き事故の全責任を負うのは、あくまで基本的なケースですので、玉突き事故が発生した原因や事故の具体的状況によっては、過失割合が修正されて、前方車両も責任を負うケースがあります。
過失割合が修正される代表的な例をいくつか紹介します。

(2-1)前方車両が理由のない急ブレーキをかけたことによる追突の場合

車両の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、車両を急停止したり、または急ブレーキをかけたりすることを禁じられています(道路交通法24条)。
したがって、先行車両がこのルールに違反して理由のない急ブレーキをかけたために、後行車両が先行車両に追突した場合には、先行車両にも過失が生じます。
この場合の基本的な過失割合は、先行車両:30、後行車両:70です。

このような追突事故がきっかけで発生した玉突き事故の基本的な過失割合は、次のように、A車:0、B車:30、C車:70となります。

(2-2)先頭車両への追突を避けるため2台目が急ブレーキをしたことによる追突の場合

2台目の車両は、追突を避けるために急ブレーキをしていますので、危険を防止するためやむを得ずに急ブレーキをかけたものと考えられ、道路交通法24条のルールには違反していません。
そして、先頭車両が理由のない急ブレーキをかけたために、衝突を避けるために2台目の車が急ブレーキをせざるを得ない状況であった場合には、先頭車両に道路交通法24条違反が認められますので、先頭車両にも過失責任が生じます。

一方で、先頭車両A車は通常通りブレーキをかけて停車しただけであり、B車が急ブレーキをしたのは、B車の前方不注意や十分な車間距離をとっていなかったことが理由である場合には、A車の過失責任は認められません。

(2-3)高速道路での玉突き事故

高速道路は、高速での走行が許され、最低速度を維持する義務があり(道路交通法75条の4)、駐停車は原則として禁止されています(同法75条の8第1項)。
このように、高速道路は一般道路と異なり、自動車の高速走行が前提とされており、法違反による事故が重大となる可能性が高くなりますので、法違反の過失を一般道路よりも重く評価する傾向があります。

例えば、事前の整備不良によるガス欠などが理由で高速道路上に駐停車し、後続車両が追突した場合には、先行車両:40、後行車両:60の過失割合が基本となります。
そのために玉突き事故が発生した場合の基本的な過失割合は、A車:0、B車:40、後行車両:60となります。

また、自分に過失がない事故によって高速道路上に駐停車せざるを得ないなど、高速道路上に駐停車したこと自体には過失がない場合であっても、退避可能であったのに退避しなかったことにより追突事故が発生した場合には、先行車両にも事故の一定の過失があるものとされ、基本的な過失割合は先行車両:20、後行車両:80となります。
そのために玉突き事故が発生した場合の基本的な過失割合は、A車:0、B車:20、後行車両:80となります。

さらに、高速道路では、時速80kmを超える高速度での走行が許容される一方、駐停車は原則として許されていませんから、理由のない急ブレーキ(道路交通法24条違反)による事故の危険は、一般道路とは比較になりません。
そこで、高速道路で先行車両の道路交通法24条違反により追突事故が発生した場合には、過失割合は先行車両:50、後行車両:50が基本とされ、一般道路の場合と比べて先行車両の過失割合が高くなっています。
そのために玉突き事故が発生した場合の過失割合は、A車:0、B車:50、後行車両:50が基本となります。

もし、先頭車両であるA車に理由のない急ブレーキをしたなどの過失が認められる場合には、玉突き事故の過失割合は修正され、A車にも過失責任が生じることになります。

玉突き事故にあった場合の損害賠償

交通事故の被害者は、加害者側の任意保険会社から、交通事故により受けた損害について、損害賠償を受け取ることができます。
玉突き事故の被害者も、同じように加害者側の任意保険会社から損害賠償を受け取ることができます。
実際に、どの項目について、どの程度の金額を受け取ることができるかどうかは、事故の過失割合や被害者の具体的状況などによって異なりますので、具体的な金額を知りたい方は、弁護士に相談してみるとよいでしょう。

一般的に被害者が受け取ることができる可能性のある損害賠償の項目は、次の通りです。

(1)物損

交通事故によって車両が故障したなどの物損被害を受けた場合には、次のような賠償を受け取ることができる可能性があります。

  • 車両の修理費用
  • 評価損
  • 代車使用料 など

(2)人損

交通事故によって、負傷・死亡などの人的な被害を受けた場合には、次のような賠償を受け取ることができる可能性があります。

(2-1)被害者が支払うこととなった損害の賠償(積極損害)

交通事故で人的な被害を受けたことで、被害者が支払うこととなった損害のことを、積極損害といいます。
加害者側に請求することができる可能性のある積極損害は、次の通りです。

  • 治療関係費
  • 付添費用
  • 入院雑費
  • 将来介護費
  • 通院交通費
  • 装具・器具等購入費
    (義歯、義手、介護用品などの購入費)
  • 家屋・自動車等改造費
    (被害者が寝たきりとなったり、車いすが必要な生活となったりした場合に、家屋や自動車に必要な改造費用)
  • 葬儀関係費用(被害者が事故により死亡した場合の葬儀費用) など

(2-2)交通事故がなければ得られたであろう利益を失ったことに対する損害の賠償(消極損害)

交通事故で人的被害を受けたことで、交通事故がなければ得られたはずであったのに、交通事故のために得られなくなってしまった利益のことを、消極損害といいます。
加害者側に請求することができる可能性のある消極損害は、次の3つです。

  • 休業損害
    (交通事故のケガのために働くことができず、失った分の利益)
  • 後遺症による逸失利益
    (後遺症により失った、被害者が将来にわたって得られるはずであった利益)
  • 死亡による逸失利益
    (死亡により失った、被害者が将来にわたって得られるはずであった利益)

(2-3)慰謝料

被害者は、交通事故による人的な被害により受けた精神的苦痛について、慰謝料として賠償を求めることができます。
加害者側に請求できる可能性のある慰謝料は、次の3つです。

  • 死亡慰謝料
  • 傷害慰謝料(入通院慰謝料)
  • 後遺症慰謝料

玉突き事故での過失割合に不服がある場合

玉突き事故は、交通事故の当事者も多く、当事者の言い分が異なるなどして事故の状況を正確に把握できない場合もあり、過失割合の判断が難しいケースもあります。
車両にドライブレコーダーを搭載していれば、先行車両に理由のない急ブレーキがあったかどうか、自分が運転する車両の車間距離は十分だったかなどの客観的な状況把握に役立つことがありますので、警察や保険会社にその存在を知らせるようにしましょう。
また、加害者側の保険会社から提案された過失割合に納得できない場合には、示談を成立させずに、一度弁護士に相談することをお勧めします。

交通事故の過失割合は、過去の裁判例の積み重ねにより、事故の客観的な態様別に、事故当事者の基本的な過失割合が決まっています。実務では、別冊判例タイムズ38『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(全訂5版)』(東京地裁民事交通訴訟研究会編)が、裁判例に基づく過失割合が記載されたものとして広く利用されています。
交通事故に詳しい弁護士であれば、この書籍や判例、過去の経験などから、相談者に有利となる事情の見落としがないかどうか、加害者側の保険会社の提案した過失割合が妥当かどうかを検討し、回答することができます。

【まとめ】交通事故の被害に関する相談はアディーレ法律事務所へ

玉突き事故は、先行車両に過失のないケースが多く、基本的に最後尾の車両が責任を負うこととなるでしょう。
しかしながら、先頭車両が理由のない急ブレーキをした結果、玉突き事故が発生したなど、先頭車両に過失が認められるケースもあります。
また、天候や夜間の事故など、事故の具体的状況によってはさらに過失割合が修正されることがあります。
玉突き事故の過失割合について、加害者側の保険会社の判断に納得できない場合や、提案された示談金が適切かどうかの判断に悩んだ場合には、示談を成立させる前に、一度弁護士にご相談ください。
弁護士は、事情を詳しく伺ったうえで、過失割合が修正される事情がないかどうか、損害賠償額が増額できる余地はないかなどについて検討します。

玉突き事故など、交通事故の被害でお困りの方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

交通事故被害の慰謝料・示談金増額の ための資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

よく見られている記事

弁護士による交通事故
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中