あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

離職票とは?取得までの流れや失業手当との関係について詳しく解説

作成日:
リーガライフラボ

離職票とは、退職後に失業手当を受領する際に必要な書類で、離職したことを公的に証明するものです。

失業手当を受け取るためには、失業手当の申請を離職者自身が行わなければならず、離職者が離職票取得手続や失業手当受領手続の流れについて把握しておくことが必要になります。

特に、すぐにでも失業手当を受け取りたいと考えている人は、失業手当の受給を少しでも遅らせないためにも、手続をきちんと理解しておかなければなりません。

離職票取得の流れや失業手当の受給の流れについて、弁護士が詳しく解説します。

離職票とは?

離職票とは、正式名称を「雇用保険被保険者離職票」といい、離職したことを公的に証明する文書のことをいいます。

離職票には、会社の情報、雇用保険加入期間、賃金支払状況、退職理由等が記載されており、その記載内容にしたがって、失業手当の受給資格の有無、受給期間を決められます。

失業手当を受領するためには、ハローワークに対して離職票の提出が必要となります。

離職票は、いつ貰える?

離職票は10日~2週間程度で貰えることが通常です。

離職日の翌日から2週間程度経過しても、会社から離職票が届かない場合は、一度会社に確認してみましょう。

離職票を受け取るまでの流れ

離職票は、離職日当日に貰えるものではありません。

あなたが離職票を受け取るまでの流れについて、次の通りです。

順番に説明していきます。

(1-1)離職者から会社に依頼

離職前に、会社の担当者に対して、離職者から離職票の交付手続を依頼する必要があります。

離職票の発行するのはハローワークですが、離職票の交付の申請や手続を行うのは会社になります。

離職票の交付が遅くなると、失業手当の申請も遅くなりますので、離職前に依頼しておくことが重要です。

(1-2)会社から離職証明書をハローワークに送付

会社が、ハローワークに対し、離職証明書と雇用保険被保険者資格喪失届を提出します。

離職証明書は、会社が作成するものですが、離職者自身の署名捺印も必要です。
離職証明書には実際とは異なる離職事由や勤務実態が記載されたりすることもあるので、署名捺印をする際には、誤りがないかをきちんと確認することが重要です。

ハローワーク側で離職証明書を確認し、手続が完了すると、離職票が発行され、会社宛てに送付されます。

(1-3)会社から離職票を離職者に送付

会社は、ハローワークから受け取った離職票を離職者に対して郵送します(郵送が一般的ですが、受け取りの場合もあります)。

これらの手続きを経て、離職者の手元に離職票が届くことになります。

離職票がもらえない場合、どうしたらいい?

離職票が2週間以上経過してももらえないという場合、次のような対応をとることが考えられます。

・会社に問い合わせる
・ハローワークに問い合わせる
・離職票なしに、仮手続きを進める

離職票の交付が遅くなると、その分、失業手当の給付が遅くなる可能性があります。
そのため、離職票がもらえない場合には、早急な対応が必要となります。

(1)会社に問い合わせる

離職票が届かない場合、会社に問い合わせてみましょう。

離職者が会社に対し、離職票の交付を求めている場合、会社は離職した翌日から10日間以内にハローワークに対して離職証明書などを提出し、離職票の交付手続きを行わなければならないとされています。
そのため、会社が離職票の交付手続を行わなかった場合、違法にあたる可能性があります。

どうして離職票が届かないのか、離職票の交付手続きはどうなっているのか、遠慮することなく、会社に確認しましょう。

(2)ハローワークに問い合わせる

離職票が届かない場合、ハローワークで、離職票の交付手続きがどうなっているのかを確認できます。
そして、会社の不備で離職票の交付が遅れている場合、ハローワークから会社に対し離職票の交付手続きを行うように働きかけます。

(3)離職票なしに、仮手続きを進める

離職した日から一定期間経過しても離職票が届かない場合、ハローワークにおいて失業手当受給の仮手続きを進めることができます。

※離職した翌日から12日間経過後に仮手続きをすることができるとするハローワークもありますが、どれくらい期間が経過すれば仮手続きを行うことができるかについては、各地のハローワークによって運用が異なります。事前にお近くにハローワークに確認することが必要です。

離職票の交付が遅くなれば、その分、失業手当の受給が遅くなってしまいますが、仮手続きを進めることで失業手当の受給が遅くなることを防ぐことができるのです。

ただし、仮手続きから4週間後に設定される「失業認定日」には、離職票が必要となりますので注意が必要です。仮手続きを行ったらすぐに、会社やハローワークに、離職票交付手続きがどうなっているのかを問い合わせ、早急な離職票の交付を求めましょう。

※全国各地のハローワークで仮手続きが行える場所と行えない場所があります。さらに仮手続きを行っているハローワークの中でも必要な書類や手続き、運用が異なります。
仮手続きを利用する際には、事前に、お近くのハローワークに仮手続きができるのか否か、できるのであればどういった書類、どういった手続が必要なのかを確認しましょう。

離職票を紛失した場合、再発行できる?

離職票を再発行することは可能です。
会社もしくはハローワークに対して、再発行を申請することができます。ハローワークで再発行の申請をする場合には、退職した勤務先の住所を管轄しているハローワークで申請する方が、その他のハローワークで申請するよりも早い再発行が期待できます。

ただし、再発行にも時間がかかるため、少しでも早く失業手当を受給したいと考えているのであれば、離職票を受け取ったら、紛失しないようにきちんと保管することを心がけましょう。

失業手当をもらうためには、離職票が必要?

失業手当をもらうためには、離職票が必要です。
失業手当をもらうための手続について、説明します。

(1)失業手当をもらうための流れ

失業手当をもらうための流れは、次の通りになります。

順番に説明していきます。

参考:雇用保険の具体的な手続き|ハローワーク インターネットサービス

(1-1)ハローワークで失業手当受給申請

必要書類をハローワークに対し提出し、失業手当の受給を申請します。
必要書類については、後述します。

(1-2)雇用保険受給者説明会に参加

ハローワークにおいて開催される雇用保険受給者説明会に参加します。
雇用保険受給者説明会では、雇用保険制度について説明してくれます。
失業手当の受給に必要な書類の受領もありますので、必ず出席しましょう。

(1-3)求職活動

失業手当を受給するためには、求職活動を行っていることが前提となります。

この求職活動とは、求人の応募、ハローワーク等が行う講習やセミナーの受講、再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験などを意味します。
求人活動を閲覧しているだけ、知人から紹介を受けただけでは求人活動を行っているとはいえませんので、注意が必要です。

(1-4)失業認定

原則、4週間に1度、失業認定を行います。
指定された日にハローワークに行き、その時点での求職活動の状況等を報告する必要があります。

(1-5)失業手当の受給

失業認定を行った日から約7日後に、指定した金融機関の預金口座に失業手当が振り込まれます。

(2)失業手当をもらうために必要な書類

  • 雇用保険被保険者離職票(-1、2)
  • 個人番号確認書類(いずれか1種類)
    マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票
  • 身元(実在)確認書類(1のうちいずれか1種類、1の書類をお持ちでない方は2のうち異なる2種類(コピー不可))
  1. 運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、官公署が発行した身分証明書、資格証明書(写真付き)など
  2. 公的医療保険の被保険者証、児童扶養手当証書など
  • 写真(最近の写真、正面上半身、縦3.0㎝×横2.5㎝)2枚
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳又はキャッシュカード(一部指定できない金融機関があります。ゆうちょは可能です。)

参考:雇用保険の具体的な手続き|ハローワーク インターネットサービス

(3)離職票の書き方

離職票には、雇用保険被保険者離職票―1と雇用保険被保険者離職票―2の2種類あります。
失業手当を受領するためには、2種類両方の書類の提出が必要となります。

(3-1)雇用保険被保険者離職票―1

赤く太線で囲った部分について、離職者側が記入する必要があります。
失業手当の受け取りを希望する金融機関、口座を指定してください。

引用:雇用保険被保険者離職票―1 記入例|ハローワーク インターネットサービス

(3-2)雇用保険被保険者離職票―2

赤く太線で囲った部分については、離職者側が記入する必要があります。
退職理由によっては失業手当が貰える時期、期間等に影響を与えるため、会社が記載する退職理由に誤りがあるかどうかを念入りに確認する必要があります。

引用:雇用保険被保険者離職票―2 記入例│ハローワーク インターネットサービス

会社が記載する退職理由が異なっていた場合には(例えば会社側が自己都合退職扱いにしているが、実際には会社から解雇された場合など)、離職票の「⑯離職者本人の判断(〇で囲むこと)事業主が〇を付けた離職理由に異議」の欄の「有り」を〇で囲むことで異議を唱えることができます。そのような場合、ハローワークは会社と離職者、両者から話を聞き、どちらの言い分が正しいのかを判断することになります。

(4)退職証明書との違い

退職証明書とは、退職したことを証明する書類になります。
離職票が公的に離職したことを証明する文書であるのに対し、退職証明書は、公的な証明ではありません。
転職先企業から、退職証明書の提出を求められたりすることもあるので、離職票と間違えないように注意が必要です。

【まとめ】失業手当がもらえずお困りの方はハローワークに相談

失業手当を少しでも早くもらうためには、離職者自身が離職票取得手続や失業手当の受給手続をきちんと理解し、早めに手続きを行う必要があります。
最後に、今回の内容について復習してみましょう。

[離職票について]

  • 離職票の取得までには10日間~2週間程度かかる
  • 離職票が2週間経過しても届かない場合には、早急な対応が必要
  • 離職票の記載は違うこともあるので、違う場合には異議を申立てる

[離職票取得の流れ]

  1. 離職者から会社に依頼
  2. 会社から離職証明書をハローワークに送付
  3. 会社から離職票を離職者に送付

[失業手当の受給手続]

  1. ハローワークで失業手当受給申請
  2. 雇用保険受給者説明会
  3. 求職活動
  4. 失業認定
  5. 失業手当の受給

失業手当は、失業した労働者にとって、生活を維持していくために必要不可欠のものです。
失業手当を受領できずにお困りの方は、ぜひお近くのハローワークにご相談ください。

参考:全国ハローワーク所在案内|厚生労働省

残業代請求・退職代行に関する
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-610-241

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中