あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

【弁護士が解説】示談後に不倫慰謝料のさらなる追加請求は可能?

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「すでに不倫の慰謝料について示談をしたが、納得がいかない。さらなる追加の慰謝料を請求できる?」

不倫相手と合意をして慰謝料を受け取ったけれど、事情が変わって、さらに慰謝料を請求しなければ気が済まない、とお考えの方もいるかもしれません。

すでに示談済みであっても、追加で請求することが可能なケースもあります。

もっとも、相手はすでに示談済みとして請求されないはずと考えていることもあり、1度目の請求のときは争いにならなくても、追加請求のときには争いとなってしまうケースも少なくありません。

そこで、慰謝料の追加請求を行う前に慰謝料の追加請求が認められるケースについて知っておきましょう。

この記事では、

  • 不倫慰謝料の追加請求の可否
  • 不倫の慰謝の追加請求ができるケース

について弁護士が詳しく解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

示談後にさらなる不倫慰謝料の追加請求は可能

示談後に不倫慰謝料を追加請求することは、合理的な理由があれば可能です。

そもそも、慰謝料の請求は配偶者の浮気・不倫によって受けた精神的な苦痛を求めるものであり、何度も請求するものではありません。

しかし、必ずしも1回しか請求できないというわけではありません。
合理的な理由があれば追加で慰謝料を請求できる場合があります。

示談後であっても慰謝料の追加請求ができる2つのケース

慰謝料の追加請求ができる主なケースは、次の2つの場合になります。

  1. 同じ相手と不倫関係が続いていた場合
  2. 新しい相手と不倫をしていた場合

それぞれ説明します。

(1)同じ相手と不倫関係が続いていた場合

示談後も同じ相手と不倫関係が継続していた場合には、示談後の不倫行為を慰謝料の対象として、同じ不倫相手に追加で慰謝料請求できる可能性があります。

示談は示談前の不倫が前提ですので、示談後の不倫に関してはまた新たに慰謝料請求することができると考えられるためです。

(2)新しい相手と不倫をしていた場合

新しい相手と不倫をしていた場合にも、不倫をしていた配偶者に対して再度慰謝料請求することができます(新しい不倫相手に対しても慰謝料請求が可能です)。

浮気・不倫をした場合には、不貞行為に基づく不法行為が成立します。そして、この不貞行為に基づく不法行為とは、不貞行為ごとに発生します。

例えば、(仮称)Aさんとの間での不貞行為に基づいて慰謝料を請求し、配偶者や不倫相手に慰謝料を支払ってもらったとしても、その後(仮称)Bさんと浮気・不倫をした場合には、Bさんとの間での不貞行為に基づいて、配偶者やBさんに慰謝料を追加で請求できる可能性があります。

不倫の慰謝料の追加請求が認められた裁判例

ここで、不倫の慰謝料について判決が出ているにもかかわらず、同じ相手と不倫を継続した事例について、慰謝料の追加請求を認めた裁判例について紹介します。

東京地方裁判所判決平成18年11月28日

関係をわかりやすくするために、慰謝料請求する妻を(仮称)X、不倫をした夫を(仮称)A、不倫相手を(仮称)Yとします。

【概要】
YとAは、職場で知り合い、1年半ほど不倫関係にありました。
不倫関係を知ったXは、Yに対して慰謝料を請求する訴訟を提起し、Yに対し110万円の慰謝料などの支払を命じる判決が言い渡されました。
Yは判決が下されたにもかかわらず、その後も、Y宅にAを宿泊させ、手をつないで買い物をしているなど、不貞関係を継続しました。
Xは、判決以降も不貞行為を継続したとして、再度Yに対して慰謝料を請求する訴訟を提起しました。

【判決】150万円の慰謝料などの支払いを命じる判決を下しました。

本訴は、前訴判決の口頭弁論終結後に発生した事実に係るものであり、前訴と訴訟物を異にするものであるから、同一の事実について審理を求めるものではない。また、前訴判決後も同様の不貞行為を継続しているとしても、それは、新たな不法行為というべきものであって、実質的に前訴で審理されたものと同一であるとはいえない

引用:東京地方裁判所判決平成18年11月28日

不法行為に対する慰謝料請求は、一度裁判をして判決が出ると、それを蒸し返すことができません(「判決の既判力」といいます)。つまり、同じ不倫に対する慰謝料請求は2度することはできないということです。

ですが、この事例のように、同じ当事者同士の不倫といっても、前回の判決(口頭弁論)後に不倫が継続していた場合には、新たな不法行為(これまでの不倫とは別もの)であるとして、追加で慰謝料請求することは可能であると判断しました。

さらなる慰謝料の追加請求をするための手続きと流れ

慰謝料の追加請求をするときも、基本的に1度目の慰謝料請求と同じ流れになります。

慰謝料の追加請求

話し合いによる交渉

裁判を提起

相手方に慰謝料を再度請求して、慰謝料を支払ってもらうように交渉することになります。
任意交渉で相手方が支払いに応じない場合には、裁判で慰謝料を支払ってもらうように請求していくことになるでしょう。

慰謝料を追加請求できるかどうかについては、法的判断が必要となるので、不要な争いに発展する前に弁護士にまず相談することをおすすめします。
不倫相手側は「すでに一度慰謝料を支払ったので、もう支払う義務はありません」と否定して、慰謝料の追加請求ができるのかどうかを争ってくる場合があります。

不倫慰謝料の追加請求は弁護士への相談がおすすめ

不倫慰謝料の追加請求を弁護士に依頼することで、次のようなメリットを受けることができます。

  1. 適正な慰謝料を獲得できる可能性が高まる
  2. 弁護士が配偶者や不倫相手と交渉を代行してくれる
  3. トータルでサポートしてもらえる

詳しく説明します。

(1)適正な慰謝料を獲得できる可能性が高まる

適正な慰謝料を獲得するためには、過去の裁判例や法律の知識、交渉のテクニックが必要となります。

慰謝料を追加請求する場合には、配偶者や不倫相手からの反発も当然大きくなりますので、その反発を抑えるためにも、専門家による交渉が必要となるのです。

弁護士であれば、法律の専門家としての知見を駆使して、配偶者や不貞相手と粘り強く交渉し、適正な慰謝料の獲得を目指しますので、適正な慰謝料を獲得できる可能性があります。

(2)弁護士が配偶者や不倫相手と交渉を代行してくれる

弁護士が慰謝料の支払い交渉を行う場合、弁護士が交渉を代行しますので、あなたが自ら配偶者や不倫相手と交渉する必要はありません。

慰謝料の追加請求を検討するといった場合、当然配偶者や不貞相手に対する怒りも大きい場合が多いと思います。

そのような場合に、自ら配偶者や不貞相手と慰謝料交渉をしなければいけないということは、肉体的にも精神的にも大きい負担がかかります。

弁護士が交渉を代行することで、あなたにかかる負担を減らすことができます。

(3)トータルでサポートしてもらえる

さらに、弁護士は、慰謝料請求に限らず、例えば、配偶者や不貞相手との関係を断ち切ったり、慰謝料の未払いなど後々に起こりうるトラブルを防ぐための和解書なども作成したりすることもできます。

弁護士は、依頼者の悩みに寄り添い、依頼者にとって一番よい解決を目指します。

【まとめ】示談後であっても合理的な理由があれば慰謝料請求は可能!

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 慰謝料の追加請求ができる主なケース
    1. 同じ相手と不倫関係が続いていた場合
    2. 新しい相手と不倫をしていた場合
  • さらなる慰謝料の追加請求をするための手続きと流れは、1.相手に対して追加請求、2.話し合いによる交渉、3.裁判を提起、と基本的には1回目の慰謝料請求と同じ流れ。

  • 慰謝料の追加請求の場合には、1回目の慰謝料請求よりも相手方の反発が大きくなるケースもあるため、追加請求できるケースに当てはまるのか、など事前に弁護士に相談しておくことがおすすめ。

  • 慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット
    1. 適正な慰謝料を獲得できる可能性が高まる
    2. 弁護士が配偶者や不倫相手と交渉を代行してくれる
    3. トータルでサポートしてもらえる

不倫慰謝料の追加請求についてお悩みの方は、アディーレ法律事務所に相談されることをおすすめします。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。
原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2022年3月時点)

浮気・不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、アディーレ法律事務所へご相談ください。

ご自身に近い状況の方もいらっしゃるかもしれませんのでご覧ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています