あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

ダブル不倫とは?慰謝料を請求する際のポイントも解説

作成日:
リーガライフラボ

夫(妻)の不倫に気付いたけど、不倫相手も既婚者だった、というケースは決して少なくありません。
不倫相手に慰謝料を請求したいけれど、不倫相手の配偶者も慰謝料を請求してくるのでは?と心配の方もおられるかもしれません。この記事では、ダブル不倫とは何か、慰謝料を請求する際のポイントなどについて解説したいと思います。

ダブル不倫とは?通常の不倫との違い

一般的に不倫とは、既婚者の婚姻外の恋愛関係(肉体関係を含む)を指します。
しかし、すべての不倫が法律上問題となり、慰謝料を請求できるわけではありません。まず法律上問題となる不倫とは何か、ダブル不倫とは何かについて解説します。

(1)法律上問題となる不倫とは

慰謝料を請求するためには、不倫が、民法上の「不法行為」(民法709条)に該当するものでなければなりません。
不法行為となる不倫のことを、法律の世界では、「不貞行為」といいます。
不貞行為とは、配偶者以外の異性と自由な意思で性行為・肉体関係を持つことを言います。性行為・肉体関係まではいかなくても、性的に密接な関係(一緒にふろに入る、愛撫をするなどの性交類似行為)をもつことも、不貞行為に含まれます。基本的に、好意を伝えあう、日中のデートや一緒に食事に行く、手をつなぐという行為だけでは不貞行為とはなりません。

(2)ダブル不倫とは既婚者同士の不倫

通常の不倫は、不倫当事者の片方が独身でもう片方が既婚者です。
一方、いわゆるダブル不倫は、既婚者同士が浮気している場合をいいます。既婚者が二人いることから、「ダブル」と称するようになったと考えられます

ダブル不倫は職場がきっかけになることも多い

ダブル不倫に発展してしまう理由は人それぞれですが、相談事例からは、職場がきっかけになることも多いことが分かります。
職場では、次のような事情からダブル不倫に発展することがあるようです。

  • 配偶者より顔をあわせる機会が多く、一緒に過ごす時間も長い
  • 職場の人間なのでプライベートの悩みも相談しやすい
  • お互い家庭を持っているので、お互いの家族に関する悩みについて共感しやすい
  • 一緒に生活しているわけではないのでお互いに嫌な面が目につかず、良い面のみ目につく

慰謝料に関するご相談事例はこちらをご確認ください。

配偶者のダブル不倫が発覚したら?慰謝料を請求する前に知っておきたい知識

配偶者がダブル不倫をしていることに気付き、自分の信頼を裏切られた事実に直面すると、動揺したり激怒したりして、冷静でいることは困難かもしれません。
ですが、配偶者や不倫相手に慰謝料を請求し、ダブル不倫の責任を果たさせるためには、冷静に対処することが必要です。
感情のままに、罵倒したり、手を出したり、職場に不倫を言いふらしたりしてしまうと、かえって自分に不利になってしまうことがあります。悪いのは向こうなのに、なぜ自分に不利になるのか納得できないと感じるのももっともですが、自分を守るために、冷静に対処するように心がけましょう。

(1)ダブル不倫の慰謝料請求には証拠が必要

不倫相手に慰謝料を請求する場合には、次の事実についての証拠が必要です。

  1. 不貞行為の存在
  2. 相手の故意・過失
    (「付き合っている人が既婚者であること」について知っている(故意)、又は知らなくても注意すれば知ることができたし知るべきであった(過失))

配偶者や不倫相手が1と2の事実をSNSなどで認めた場合も証拠になりますが、後で「嘘だった」「怖かったから認めざるを得なかった」などと言い逃れをされてしまう可能性がありますので、やはり写真やSNSなどの客観的な証拠があるとよいでしょう。

(2)慰謝料の請求先は、実質的にお互いの家庭になる

ダブル不倫は、不倫の当事者が共に既婚者ですので、不倫の被害者は2人いるということになります。
そして、不倫された配偶者は、それぞれ不倫相手に慰謝料を請求することができます。
慰謝料を支払う責任を負うのは不倫を行った当事者個人ですが、夫婦の家計は同一であることが多いので、離婚しない以上、被害者である配偶者も間接的に経済的な負担を負うことになります。

ダブル不倫の慰謝料を請求するためのポイント

ダブル不倫の慰謝料については、重要なポイントが3つありますので紹介します。

(1)慰謝料の金額について

ダブル不倫は、お互いに慰謝料を請求することになるので、もし、請求できる額が同額であれば、結局、家計全体で考えた場合の差し引きはゼロとなります。

ですが、慰謝料の金額は、それぞれの家族の事情によって異なります。
次のような事情がある場合には、不倫相手の配偶者よりも請求できる金額が高くなる可能性があります。

  • 不倫が原因で自分は離婚したけど相手方夫婦は離婚していない
  • 不倫相手の方が不倫に積極的だった
  • 不倫相手が仕事上有利な地位にあることを利用して不倫関係を始めた
  • こちらは夫婦関係円満だったが、相手方夫婦はすでに夫婦関係が破綻していた など

ただし、証拠がない場合には相手方夫婦も自分に不利な事実は認めないでしょうから、不倫相手の配偶者よりも多額の慰謝料を請求しても、交渉が簡単にはいかないことが予想できます。

一方で、自分は離婚していないが相手方夫婦が離婚している場合には、自分よりも、不倫相手の配偶者が請求できる金額が高くなる可能性があります。
このような場合には、不倫相手の配偶者が慰謝料を請求してきていない段階で、自分が先に慰謝料を請求するかどうかは慎重に検討する必要があります。自分が慰謝料を請求したことをきっかけに、寝た子を起こしてしまい、不倫相手の配偶者が自分の夫に(より高額の)慰謝料を請求してくる可能性があるためです。

(2)求償権について

不倫は一人で行えるものではありませんので、当事者二人が、連帯して被害者に対して慰謝料を支払う責任を負います。これを法的に「不真正連帯債務」といいます。
例えば上の図で、Aさんは、不倫の当事者であるAさんの夫と、Bさんに対して慰謝料の支払いを請求することができます。二人にそれぞれ支払いを請求することもできますし、どちらか一方に請求することもできるのです。
Aさんが、夫には請求せず、Bさんだけに対して慰謝料全額100万円を請求し、Bさんが100万円を支払ったとします。するとBさんは、支払った100万円のうち、Aさんの夫に対して、その責任分(通常は5~6割)の支払いを請求することができるのです。これを「求償権の行使」といいます。

Aさんとしては、慰謝料を受け取って解決したと思っていたのに、後々夫に対して求償権を行使され、「不倫相手は反省していない」などと感じてさらに傷つくということになりかねません。

(3)時効について

不倫の被害者は、加害者である不倫の当事者に対して、慰謝料の支払いを請求することができます。
これを、法的に、「不法行為に基づく損害賠償請求権」といいます。
この損害賠償請求権は、いつでも行使できるとは限りません。
民法には消滅時効が定められており、一定期間が経過すると、この損害賠償請求権は消滅してしまうのです。
権利があるのにそれを行使せずに放置する人まで法律上保護する必要はない、と考えられているためです。
ですので、慰謝料を請求したいと考えている場合には、この期間内に請求する必要があります。

消滅時効が完成する期間は次の通りです(民法724条)。

  1. 不貞行為の存在及び不貞相手を知ってから3年間
  2. 不貞行為があったときから20年間

このいずれかの期間が経過した時点で、慰謝料を請求する権利は、時効で消滅してしまいます。

ただし、配偶者に対する慰謝料を請求する権利は、離婚後6ヶ月の間、消滅時効は完成しません(民法159条)。ですので、1の3年が経過していても、2の20年が経過していなければ、離婚後6ヶ月の間は、慰謝料を請求することができる可能性があります。

法律上時効期間の規定はありますが、時効期間が経過していても、慰謝料を請求すること自体は可能で、法律上問題はありません。
時効消滅は、請求される相手の利益になる規定ですので、請求された相手が「時効消滅しているから支払わない」と主張しない限り、考慮されないのです。
ですので、3年の時効期間を経過していても、不倫相手が時効消滅を主張せず、自主的に支払いに応じるのであれば、慰謝料を受領することができます。

ダブル不倫の場合、厄介なのが、この慰謝料請求権が時効消滅する時期が同じとは限らないという点です。

短期の消滅時効は、不貞行為及び不貞相手を知った時から3年です。
自分は不貞行為も不貞相手も知っているけれども、不貞相手の配偶者は不貞にも気づいていないというケースは少なくありません。
その場合、自分の慰謝料請求権は3年の時効が進行しますので、不倫相手に慰謝料の請求をするかどうかを時効消滅するまでに決めなければなりませんが、不貞相手の配偶者はまだ3年の時効が進行していません。
ですので、最悪、自分の慰謝料請求権の時効が完成してしまって慰謝料を受け取ることができなかったが、不貞相手の配偶者が自分の配偶者に慰謝料を請求してきて、自分の配偶者が慰謝料を支払う責任を負うということもあり得るのです。

このように、ダブル不倫の場合、通常の不倫と比べて、慰謝料の請求や求償権の行使、消滅時効の関係がクロスして複雑に絡み合うので、自分で解決することは避けて、弁護士に相談するとよいでしょう。

ダブル不倫をした際に考えられる5つのリスク

既婚者でありながら職場の人(この人も既婚者)と不倫をするのは、大変なリスクが伴います。
ここでは5つのリスクを紹介します。

(1)離婚や家庭崩壊の危機

不貞行為は、法律上の離婚原因となりますので、不倫に気付いた配偶者が離婚を希望した場合、離婚せざるを得なくなる可能性があります。
離婚するつもりはなく不倫は遊びだったとしても、離婚して家族を失うリスクがあります。
また、離婚せずに済んだとしても、夫婦として築いてきた信頼関係は失われますので、不倫発覚前と同じような夫婦関係を送ることは期待できないかもしれません。
夫婦関係が冷え切ってしまい、実質的に家庭が崩壊してしまうリスクもあります。
一度失った信頼を取り戻すためには、夫婦関係改善のための真摯な努力が必要となるでしょう。

(2)子どもを悲しませてしまう

不倫は、配偶者からだけではなく、子どもからの信用も失います。
特に思春期の子は、不倫も理解することができますので、精神的なショックを受けて一時的に不安定になり、不登校となったり、学業に悪影響が出たり、親を責めたりすることもあります。
不倫の結果子どもを精神的に傷つけて、悲しませてしまうリスクがあります。

(3)職場に居づらくなる

社内でのダブル不倫であれば、職場に不倫しているとの噂が広がり、ダブル不倫がばれてしまう可能性があります。
そうすると、働きにくく職場に居づらくなってしまうことが容易に想像できます。
人事異動の対象となって、急な引っ越しが必要となり、家族に迷惑をかけてしまうかもしれません。また、不倫により職務や職場に悪影響があると判断されると、降格や減給などの何らかの懲戒処分を受ける可能性もあります。

(4)社会的信用を失う

ダブル不倫は、ご近所の家族同士でしてしまうこともあります。
そうすると、近所の人に不倫のうわさが広まってしまう可能性がありますし、うわさが広まってしまうとご近所付き合いが難しくなるかもしれません。
不倫は、一般的に道徳的に許されないと考えられており、不倫をした人を非難する風潮があります。
会社内の人や近所の人、親戚などからも「不倫するなんて」と非難されたり、「不倫をするような人だ」と判断されたりして、自分が築き上げた社会的な信用を失ってしまいます。

(5)高額な慰謝料の請求

不倫をした当事者は、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性もありますし、自分の配偶者から慰謝料を請求される可能性もあります。
双方とも離婚すれば、離婚した場合の慰謝料の相場は100万~300万円ですので、高額の慰謝料の支払いを請求される恐れがあります。

【まとめ】ダブル不倫をされたら1人で抱え込まずに相談!お困りの方は弁護士法人アディーレ法律事務所へ

ダブル不倫はリスクがあり、代償も小さくはないのですが、様々な理由からダブル不倫を行う方がいます。
ダブル不倫は、社内や、近所、学校や習い事の保護者など身近で起こることも少なくありません。
また、既婚者であってもスマホで家族と知られずに個人的に簡単に連絡を取ることができますので、家族に知られない間に親しくなりすぎてしまい、友人や同僚という関係から、不倫関係に発展してしまうことがあるのです。
配偶者がダブル不倫をしていることに気付いた場合、ダブル不倫には説明したように複雑に問題が絡み合いますので、よりよい解決のために、一人で抱え込まずに弁護士に依頼してみるのもいいかもしれません。
慰謝料をしっかりもらいたい、不倫の証拠はこれで十分かわからない、など不倫トラブルでお悩みの方は弁護士法人アディーレ法律事務所にご相談ください。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

もしくは

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

よく見られている記事

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

メールでお問い合わせ