あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

同性間の不倫も「不貞行為」と認める判決!弁護士が詳しく解説

作成日:
リーガライフラボ

2021年2月16日、東京地裁において、同性間の不倫も「不貞行為」にあたり、不倫相手に対して慰謝料請求を認める判決が言い渡されました。
これまで同性間の不倫は、「不貞行為」にあたらないとする見解が一般的でしたが、この判決は、これまでの考えと異なる判断をした画期的な判決です。

今回出された判決について、いかなる点で画期的であるといえるのか、今後に与える影響はどういうものか、を弁護士が詳しく解説いたします。
夫や妻が同性と不倫をしており、悩んでいる方、必見です。

同性間の不倫を「不貞行為」と認めた判決はどういう内容?

(1)事案の概要

男性は、妻とインターネットを通じて知り合った女性に対し、妻と性的関係をもったとして、損害賠償(慰謝料)請求を提起しました。
男性は、妻が同性愛に関心があることについて理解し、女性と親しく付き合うことは許していましたが、性的関係を持つことまでは許していませんでした。

(2)判決の内容(東京地裁判決2021年2月16日)

東京地裁は、「不貞行為」は異性間における行為に限定せず、「婚姻生活の平和を害するような性的行為」も対象となると判断しました。
そして、「同性同士の行為の結果、既存の夫婦生活が離婚の危機にさらされたり形骸化したりする事態も想定される」とし、同性間の性的行為について、「不貞行為」にあたると判断しました。

なお、東京地裁は、不倫相手である女性に対し、慰謝料11万円を夫である男性に支払うように命ずる判決を下しましたが、男性は慰謝料が不十分であるとして控訴したとのことです。

参考:<独自>同性との不倫も「不貞行為」 妻の相手に賠償命令│産経新聞

そもそも「不貞行為」って何?

「不貞行為」とは、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいい、相手方の自由な意思にもとづくものであるか否かは問わない。」と定義されています。

参考:最高裁判所判例集 最高裁判所第一小法廷判決昭和48年11月15日│裁判所 – Courts in Japan

配偶者が「不貞行為」を行っていた場合、「不貞行為」を行った配偶者、または、その相手方に対して、慰謝料請求をすることができます。
「不貞行為」の発覚によって離婚に至らなかったとしても、慰謝料請求は認められます。

なお、「不貞行為」は、民法770条1項1号によって、いわゆる「法定離婚事由」として、法律上離婚原因にあたるとされています。

同性間の不倫を「不貞行為」と認める今回の判決がどうして画期的なのか?

(1)これまで同性間の不倫を「不貞行為」とすることは難しいとされていた

(1-1)「不貞行為」は異性間のものに限るとする判決があった

名古屋地裁判決1972年2月29日は、同性間における性的行為は「不貞行為」にはあたらないと判断しました。
これは、性的マイノリティを性的異常などと考えていた1972年当時の世相を反映したものでしたが、性的マイノリティについて配慮を求める現代にはそぐわないものです。

(1-2)同性間の不倫を「不貞行為」にあたらないとする考えが一般的であった

名古屋地裁において同性間の不倫を「不貞行為」とあたらないとする判決が出されて以降、「不貞行為」は異性間のものに限定するのであって、同性間の不倫は含まないとする考え方が一般的となりました。
そのため、「不貞行為」を異性間に限るとする見解は現代にそぐわないものであるにもかかわらず、同性間の不倫を「不貞行為」として、慰謝料請求を認めさせることは難しいと考えられていました。

(2)今回の判決は、異性間の不倫のみを不貞行為とする考えに一石を投じるものだった

確かに、東京地裁判決2004年4月7日において同性間の不倫も「不貞行為」に当たるとした判決もありました。
しかし、これまで同性間の不倫を「不貞行為」ではないとする考えが一般的であったため、同性間の不倫を理由に慰謝料請求をすることは難しいと考えられていました。
そのため、同性間の不倫が発覚し、その相手方に慰謝料請求をしたくても請求を断念した人も少なからずいたかもしれません。

そういった状況の中で、今回の判決は、異性間の不倫のみを「不貞行為」とする古い考えに一石を投じ、同性間の不倫も「不貞行為」として慰謝料請求の対象となる可能性をさししめしたのです。

同性間の不倫を「不貞行為」とした判決が今後に与える影響とは?

今後、今回の判決をきっかけとして、同性間の不倫を「不貞行為」と判断する判決が出る可能性があります。
今回の判決があるからといって、今後、同性との不倫が必ず「不貞行為」と判断されるかというとそうとは言い切れないものの、今回の判決が、「不貞行為」は異性間の性的行為に限るとした古い考え方に変化を求めるものであることは間違いありません。

【まとめ】配偶者の同性間での不倫についてお困りの方は弁護士に相談

これまで、同性間における不倫は「不貞行為」にあたらないとして、慰謝料請求をすることが難しいと考えられていました。
しかし、今回、同性間における不倫を「不貞行為」として認めて、不倫相手に対して慰謝料の支払いを命じる判決が出ました。
同性間の不倫であることを理由として、不倫をされた側が泣き寝入りをする必要はありません。
配偶者の同性間での不倫を理由とする慰謝料請求についてお悩みの方はアディーレ法律事務所へご相談ください。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中