あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

不倫慰謝料が払えない!親が払わなければならないケースはあるのか?

作成日:更新日:
kiriu_sakura

不倫の慰謝料を請求する側から「あなたが慰謝料を支払えないなら、代わりに親に請求する」と言われ、親に不倫がばれて、さらに慰謝料を請求されてしまうのではないかと心配されていませんか。

あなたが不倫の慰謝料を払えない場合でも、基本的に、親があなたの慰謝料を代わりに支払わなければならないということはありません。

また、慰謝料請求者が不倫をあなたの親にバラすことは、プライバシー侵害などの不法行為に当たる可能性もあります。

ただ、あなたの代わりに親が慰謝料を支払う例外的なケースもあります。

親が慰謝料を支払う例外的なケースや親に迷惑をかけないための対処法について知っておきましょう。適切な対処法を知っておかなければ、親に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

この記事では、

  • 不倫の慰謝料についての親の支払い義務
  • 親に迷惑をかけないための対処法

について、弁護士が詳しく解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。東京弁護士会所属。

目次

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

不倫の慰謝料が支払えなくても基本的に、親には支払い義務はない

今回は、夫が妻以外の女性と不倫をしたというケースで、不倫をしていた女性の立場からご説明します(夫を「不倫相手」、妻を「慰謝料を請求する側」と言います)。

慰謝料は基本的に本人が支払うものです。
原則として、本人以外の親や親族が慰謝料の支払い義務を負うことはありません。

そのため、不倫の慰謝料を請求する側の妻から「あなた(本人)が払えないのであれば、代わりに親に請求する」と言われた場合には、あなた(本人)から慰謝料を請求する側に対し、不倫をしたことについては謝罪をし、そのうえで親には慰謝料を支払う義務はないことを伝えるようにしましょう。

なお、不倫の慰謝料を請求する側の妻から「あなたが慰謝料を払わないなら、親にあなたが不倫をしていたことを伝える」と言われ、実際に親にバラされてしまうこともあるかもしれません。

この場合には、脅迫や恐喝といった犯罪に当たる可能性や、プライバシー侵害などの不法行為が成立する可能性があります。警察や弁護士に相談するようにしましょう。

不倫の慰謝料を親が支払うことになる例外的な3つのケース

このように、あなた(本人)が不倫の慰謝料を払えない場合でも基本的には親が支払うということにはなりません。

しかし、次の3つのケースに当たる場合には、例外的に不倫の慰謝料を親が支払うこともあります。

  1. 親が不倫の慰謝料の連帯保証人となっている場合
  2. 不倫の慰謝料請求されたのが未成年の場合
  3. 親が任意の支払いに応じた場合

それぞれ説明します。

(1)親が不倫の慰謝料の連帯保証人になっている場合

不倫の慰謝料の支払いについて、慰謝料を請求する側と本人が合意し、その際に親が支払いの連帯保証人となることを同意している場合には、親も不倫の慰謝料の支払い義務を負うことになります。

ただ、ここで注意してほしいことは、保証人になるためには、保証人となる者が、法律上の条件を満たした書面に自ら署名することが必要ということです。

つまり、本人と慰謝料を請求する側との間で、親の承諾もなしに、親を連帯保証人とする契約書を作成した場合には、それに基づいて親がお金を支払わなければならないということはありません。

親が連帯保証人となって支払う必要があるケースとは、あくまでも親が連帯保証人になることを承諾して、有効な連帯保証契約書を作成して連帯保証人になった場合のことです。

なお、親が連帯保証人になることを求められている場合には、親だからといって保証人にならなければならない義務はなく、断ることができますので、保証人になるかどうかを慎重に判断してもらってください。

(2)不倫の慰謝料請求されたのが未成年者の場合

不倫の慰謝料を請求された本人が未成年者(20歳未満。2022年4月以降は18歳未満)の場合には親が慰謝料を支払うケースがあります。

そもそも、本人が未成年者の場合であっても、原則、不倫をした本人が慰謝料の支払い義務を負うのであって、親は慰謝料の支払い義務を負うことはありません。

ただ、本人が未成年である場合には、本人が親権者の同意なしに慰謝料の支払いに合意しても、その合意は一定の場合、親が取り消すことができるとされています。

そのため、慰謝料を請求する側としては、未成年者と慰謝料の合意をする場合、未成年者の親権者の同意(共同親権の場合は、親権者2人ともの同意)をもらっておかなければなりません。

そこで、本人が未成年者であった場合には、慰謝料を請求する側が示談交渉に親の同席を求めるケースが一般的です。

そして、親が同席する示談交渉では、未成年者本人に慰謝料を支払うだけのお金がないことも多いため、親が未成年者本人に代わって慰謝料を請求する側の妻と交渉し、本人に代わり任意で慰謝料を支払うこともあります。

(3)親が任意の支払いに応じた場合

あなたが未成年者ではなかったとしても、親がすでにあなたが不倫をしたことや慰謝料が支払えずに困っていることを知っているケースでは、親としての責任感から任意に不倫の慰謝料の支払いに応じることもあります。

親に迷惑をかけないための2つの対処法

不倫の慰謝料を支払えない場合でも、親に迷惑をかけたくないと思うのは当然です。

そこで、ここでは、不倫の慰謝料を支払えない場合でも親に頼らずにすむ2つの対処法について解説します。

そもそも、あなたに不倫の慰謝料を支払う義務が本当にあるのかは確認しましたか。

また、減額や分割はできないかと不倫の慰謝料を請求する側に交渉したでしょうか。

親に迷惑をかけないためには、あなたが本当に不倫の慰謝料を支払わなければならないのかを確認し、次の2つのパターンのどちらかで交渉してみましょう。

  • (あなたに慰謝料を支払う義務がない場合)支払い義務がないと主張する
  • (あなたに慰謝料を支払う義務がある場合)減額や分割払いを交渉する

交渉次第では、不倫の慰謝料がなくなる可能性や減額や分割が認められる可能性があります。

(1)慰謝料の支払い義務があるかを確認する

不倫の慰謝料の支払い義務があるかないかは、不貞行為(肉体関係の伴う不倫)の有無や、夫婦の状況、事実の把握などによって、左右されます。

たとえば、次のようなケースではあなたに不倫の慰謝料を支払う義務がない可能性があります。

  1. 肉体関係の伴う不倫がない場合
  2. 既婚者であることを知らなかった場合
  3. 不倫を始めた当時すでに夫婦関係が破綻していた場合
  4. 自らの意思で肉体関係を持っていない場合

(1-1)肉体関係の伴う不倫がない場合

相手と肉体関係がない場合には不倫の慰謝料を支払う必要がないのが原則です。

ただし例外として、社会通念上、許されない親密な関係を持っていた場合があります。

たとえば、頻繁にデートを重ねて、キスなどの行為をしていたときです。肉体関係はないため、不貞行為には該当しませんが、既婚者と親密な関係を持てば、「夫婦の平穏・円満な共同生活を送る権利」の侵害にあたり、肉体関係はなくても、不倫の慰謝料を支払わなければならないケースもあります。

(1-2)既婚者であることを知らなかった場合

あなたが不倫をしていたときに、相手が既婚者であることを知らなかった場合には不倫の慰謝料を支払う必要がない可能性があります。

そもそも、不倫の慰謝料請求が認められるためには、あなたに既婚者だと知りながら不倫をしたか、気づくべきだったのに不注意で知らなかったという「故意・過失」が必要になります。

あなたが既婚者であることを知らずに、かつ、知らなかったことについてあなたに落ち度がない場合、不倫の慰謝料を支払う必要はありません。

ただし、「故意・過失」については、「知らなかった」と言えば、当然に認められるわけではありませんので、判断には専門的な知識が必要となります。

(1-3)不倫を始めた当時すでに夫婦関係が破綻していた場合

夫婦が長年別居しているなどあなたが不倫をする前から夫婦関係が完全に破綻している場合には、法律が保護している「夫婦が平穏・円満な共同生活を送るという権利」が存在しないため、あなたに不倫の慰謝料の支払う義務はありません。

ただし、結婚していながら、夫婦関係が破綻している(夫婦としての実態がない)と認められることはあまりありません。

夫婦が別居する理由は様々であり、お互い頭を冷やすための一時的な別居や、別居していても夫婦としての連絡を継続しているなどの場合には、通常、夫婦関係が破綻しているとは判断されません。

しかし、婚姻期間に比べて別居期間が長期間であるなど、夫婦関係が破綻していると言えるようなケースもあります。具体的に自分の場合にどう判断されるのかを知りたい方は、弁護士に相談するようにしましょう。

(1-4)自らの意思で肉体関係を持っていない場合

強姦や脅迫など、相手の行為により自由意思を制圧するほど無理やり肉体関係を持たされた場合、基本的に、あなたに責任はなく、不倫の慰謝料の支払いに応じる必要はありません。

ただし、自分の意思で断れた場合など、主張は認められないときもあり、具体的状況次第になります。

(2)支払い義務がないと主張する場合

これまで説明した不倫の慰謝料の支払い義務がない4つのケースに当てはまり、不倫の慰謝料の支払い義務がないと主張する場合には、不倫の慰謝料を支払わなくてもよくなる可能性があります。

ただし、相手も引き下がることなく、裁判となってしまう可能性が高いといえます。
裁判は避けたい場合には、誤解を招く行動をしてしまったとして、解決金を提示して裁判を回避する方法もあります。相手がこれに応じれば、裁判を避けることもできます。

(3)支払い義務があることを認め、減額や分割を求める場合

これまで説明した不倫の慰謝料の支払い義務がない4つのケースに当てはまらない場合、つまり、不倫の慰謝料の支払い義務があることを認める場合には、不倫の慰謝料の減額や分割を求めましょう。

不倫をし、不倫の慰謝料を支払う義務があると認めるが、慰謝料を一括で支払えない場合には分割交渉、慰謝料の減額を求める場合には慰謝料の減額交渉をすることになります。

(3-1)分割交渉

あなたと慰謝料を請求する側との双方の合意があれば、分割払いにすることが可能です。回数も、交渉次第です。

分割交渉をしても「一括で支払ってもらいたい」と頑なに主張してくる人もいますが、一般的には「支払ってもらえるなら、分割払いを認める」と譲歩する人が多く、分割払いは認められやすい傾向にあります。

なぜなら、一括の支払いを求めて裁判をして勝訴しても、お金がない人から、自主的な一括での支払いを期待することはできません。また、差押えをしても手間や費用がかかるうえ、本当にお金がなければ一括で回収することは困難だからです。

分割であっても、確実に支払ってもらえるのであれば、請求する側にもメリットがあります。

減額交渉が可能か検討したうえで、分割払いであれば不倫の慰謝料を支払えるという場合には、一度分割交渉をしてみましょう。

なお、通常、分割払いの合意をする際には、「分割払いの支払いが遅れたら、残額を一括で支払う」など、分割の支払いが確実に行われるようにするための条件が付きます。

したがって、確実に支払える額で合意することが大切です。

(3-2)減額交渉

減額交渉をする場合には、たとえば、請求金額が相場を逸脱していることや不倫の慰謝料の減額要素があることなどを主張して、減額を求めていくことになります。

不倫の慰謝料の減額が見込めるケースとしてはたとえば次の5つの場合があります。

  1. 相場とかけ離れた高額な慰謝料を請求された場合
  2. 不倫を誘ってきたのは不倫相手からであった場合
  3. 不倫をしていた期間が短い場合
  4. あなたの収入や資産が少ない場合
  5. あなたが真摯に反省・謝罪した場合
(3-2-1)相場とかけ離れた高額な慰謝料を請求された場合

相場とかけ離れた高額な不倫の慰謝料を請求されていた場合には、不倫の慰謝料を減額できる可能性があります。

そもそも、不倫の慰謝料の裁判上の相場は、夫婦が離婚する場合は「およそ100万円~300万円」、夫婦が破綻や離婚しない場合には「およそ数十万円~100万円」です。

そのため、たとえば、500万円を超える請求をしてきた場合には、特殊な事情がない限り、相場からかけ離れていることを理由に、不倫の慰謝料を大幅に減額できる可能性が高いといえます。

ただし、あくまでも不倫の慰謝料の減額はあなたに有利な事情を根拠にもとづいて主張して認められるものです。あなたにとって不利になる事情が多い場合には減額が認められにくいこともあります。

(3-2-2)不倫を誘ってきたのは不倫相手からであった場合

不倫相手が積極的に不倫に誘ったなど、不倫相手が不倫を主導していたような場合には、不倫の慰謝料が減額できる可能性があります。

また、あなたと不倫相手が同じ職場で、不倫相手があなたの上司であるという立場を利用してあなたを誘って肉体関係を持った場合にも、慰謝料を減額できる可能性があります。

(3-2-3)不倫をしていた期間が短い場合

不倫をしていた期間が短い場合には不倫の慰謝料が減額できる可能性があります。

長期間の不倫ではなく、肉体関係を持ったのは一度きりであった場合などには、慰謝料は低額になる傾向があります。

(3-2-4)あなたの収入や資産が少ない場合

あなたの収入が少なく、資産もほとんどない場合には、「責任は取りたいが、○○万円が支払える限度である」ことを、誠意を持って伝えることで、相手が減額に応じてくれる可能性があります。

ただし、「お金がない=支払う必要がない」というわけではありませんので、真摯に謝罪することも大切です。

(3-2-5)あなたが真摯に反省・謝罪した場合

あなたが、不倫を深く反省し、真摯に謝罪をすれば、慰謝料を請求する側もあなたに対する「許せない」気持ちが和らぎ、その結果、減額に応じてもらえる可能性もあります。

不倫の慰謝料の請求を無視した場合の3つのデメリット

慰謝料を請求する側から「親に請求する」と言われ、怖くなってしまっても、不倫の慰謝料を無視することはおすすめしません。

不倫の慰謝料請求をされた場合には、無視せずにきちんと交渉を行うようにしましょう。不倫の慰謝料請求を無視してしまうとさらに状況が悪化するおそれがあります。

不倫の慰謝料請求を無視した場合のデメリットは次の3つです。

  1. 裁判になる可能性が高い
  2. 示談交渉や裁判で不利になる可能性がある
  3. 慰謝料の請求をする側がさらに怒りを募らせる可能性がある

(1)裁判になる可能性が高い

不倫の慰謝料請求を無視し続けると、相手が裁判を起こす可能性が高くなります。
裁判となれば、手間も時間もかかり、あなたに大きな負担がかかります。

(2)示談交渉や裁判で不利になる可能性がある

さらに、不倫の慰謝料請求を無視し続けると、後で示談交渉や裁判となった場合にあなたに不利な要素になってしまう可能性があります。

不倫の慰謝料の請求を無視し続けると、慰謝料請求をする側や裁判官は、あなたが無視をしていた理由を「あなたにやましいことがあったからではないか?」、「不倫を反省していないのでは?」などと考えます。

そして、慰謝料を請求する側や裁判官はあなたに悪印象を持つ可能性があります。

その結果、その後に示談交渉や裁判になった場合にも、あなたにとって不利な形になってしまう可能性があります。

(3)慰謝料を請求する側がさらに怒りを募らせる可能性がある

不倫の慰謝料請求を無視することで、慰謝料を請求する側がさらに怒りを募らせて、その後、減額交渉や分割交渉をしたいと思っても、交渉に応じてもらいにくくなる可能性があります。

【まとめ】不倫の慰謝料が支払えなくても、基本的に親に請求がいくことはない

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 不倫の責任はあくまで当事者にあり、基本的には親に請求がいくことはない。慰謝料を請求する側が「親に請求する」と言っている場合には、不倫については謝罪したうえで、親には慰謝料を支払う義務がないことを伝えるようにしましょう。
  • 不倫の慰謝料を親が支払う例外的な3つのケース
  • 親が不倫の慰謝料の連帯保証人となっている場合
  • 不倫の慰謝料請求されたのが未成年の場合
  • 親が任意の支払いに応じた場合
  • 慰謝料をされた場合には、あなたに本当に慰謝料を支払う義務があるのかを確認しましょう。支払う義務がある場合でも減額や分割を求めるようにしましょう。
  • 不倫の慰謝料の請求を無視した場合の3つのデメリット
  • 裁判になる可能性が高い
  • 示談交渉や裁判で不利になる可能性がある
  • 慰謝料の請求する側がさらに怒りを募らせる可能性がある

不倫の慰謝料も、きちんと対応することで慰謝料の減額や分割をすることができます。

実際、アディーレ法律事務所に相談された多くの方が慰謝料の減額や分割に成功しています。

不倫の慰謝料を請求されお困りの方は、アディーレ法律事務所への相談がおすすめです。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫慰謝料を請求された事件の相談料は何度でも無料です。

また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため、費用倒れの心配はありません。

(以上につき、2022年3月時点)

浮気・不倫の慰謝料請求をされてお悩みの方は、アディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています