あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

熟年不倫に走る理由とは?不倫のチェック方法と慰謝料請求について

作成日:
リーガライフラボ

「長く連れ添った夫婦には、強い絆があり不倫なんてしない」

そう思いますか?

確かに、ふたりで豊かな老後を過ごす熟年夫婦も多くいらっしゃいます。
しかし現実には40代・50代以上の『熟年不倫』や『熟年離婚』は急増しているのです。

中高年になってから高まる配偶者不倫のリスク。
なぜ熟年不倫が増えているのでしょうか。
その原因とチェック方法について解説していきます。

熟年不倫の主な理由

熟年の既婚者が、配偶者以外の者と不倫関係になる『熟年不倫』。
データからも、不倫を理由に離婚をしている熟年夫婦は増加傾向にあることがわかります。

「長年連れ添った夫婦であれば不倫をしない」どころか、むしろ不倫の危険性は高まるのです。

どうやら『熟年不倫』ならではの「きっかけ」があるようです。

(1)自由に使える時間とお金が増える

不倫は交際を伴うものですから、時間やお金に余裕がなければ行うことは困難です。
若いうちは子供が小さく、子育てで多忙ですし、仕事や収入面でも余裕がありません。

ところが40代・50代ともなれば、子供の成長により子育てに割いていた時間が減り、自分の時間が増えます。
また、子供が独立すると子供の教育費などの負担がなくなります。
その結果、金銭的な余裕が生まれます。
そうなれば不倫相手とのデートなどの交際がしやすくなるわけです。

また、育児から解放されたことをきっかけに
「これからは自分自身のために生きたい」
と、不倫に走りやすい心理状態になるようです。

(2)インターネットの発展で出会う機会が増えた

TwitterやLINEなどのSNSが発展したという背景もあります。
自宅や仕事の合間に、スマホで簡単に不特定多数の人と交流ができるため、手軽に男女が出会える機会が増えました。

特に熟年の方であれば、過去に親しかった人と出会うことで、なつかしさから気分が盛り上がって不倫につながるケースもあるようです。

また、熟年の方が自由な時間で趣味の活動を始めたところ、グループ参加をきっかけに新しい出会いを見つけ不倫へと至ることもあります。

SNSでの出会いは、ダイレクトメッセージ機能などで1対1のやりとりが簡単にできるため、実際に会うまでの心理的なハードルが低くなるようです。

(3)夫婦関係のマンネリ化

熟年夫婦ともなると、夫婦生活もそれなりに長くなっています。
お互いに対する不満も蓄積される頃でもあり、異性として意識することもなくなってしまいがちです。
このような夫婦関係の『マンネリ化』で、お互いに対して物足りなさなどを感じてくると、刺激を求めて不倫するという事態も起こるようです。

(4)軽い気持ちで不倫関係になる

SNSなどで出会いの場面が増えるにしても、始めから不倫をしようとするわけではありません。
趣味のサークルの仲間や、過去に親しかった人との交流を復活させて楽しく過ごすうちに「気が付いたら不倫になっていた」というところでしょう。
あまり不倫を重く考えていないことから不倫を始めてしまうのです。

(5)介護のストレス

熟年になると、実の親や配偶者の親も高齢になっており、介護をしていることがあります。
介護は終わりの見えない仕事ですから、肉体的、精神的な疲れやストレスを抱えやすいものです。
このようなストレスからの解放を求めて、「娯楽」や「依存」として不倫に走ってしまうことがあります。

特に配偶者が介護に非協力的である場合や、夫婦関係が冷え切っているなど、本来であれば一緒に支えてくれるはずの相手に期待できない場合には、他への逃げ道として不倫相手を頼ってしまうという事情もあるようです。

(6)配偶者のDVやモラハラ

ストレスが不倫のきっかけになることは、5で述べた通りです。
肉体的や言葉の暴力を配偶者から受けている場合は当然、強いストレスを抱えることになります。

配偶者のDVやモラハラが最近始まったことではなく、若い頃から継続しており、それでも「子供が成長、独立するまでは」と耐えてきた場合などは、優しい異性に惹かれて不倫に至りやすいようです。

配偶者の熟年不倫を見抜くポイント

配偶者が不倫しているかは以下のポイントで分かる可能性があります。

(1)急に身なりに気を使うようになった

身なりに気を使わなかった人が、急にファッションを変えたり、香水を使い始めたりします。
配偶者を異性として意識する気持ちが薄れていれば、あまり身なりには気を使わなくなるものですが、新しく不倫での交際がスタートすることにより不倫相手という異性を意識し、身なりが気になってくるためです。

口臭の消臭剤や新しいアクセサリーなども、不倫の可能性がありますね。

(2)不倫を匂わせる持ち物

レストランなどのレシート、交通ICカードの履歴など、普段の行動と違う点をチェックしてみましょう。
また、不倫相手とはスマホで連絡を取るようになりますが、それを配偶者に見られることを避けるため、スマホを常に肌身離さず持つようになります。

(3)口実を作って外出する

それまでは出不精なほどであったのに、不倫相手ができると、買い物に行く、実家に帰る、友人と会うなど、何かと口実を作って外出する機会が増えるようになります。

今の時期は、コロナ禍で気軽に出歩けない状況になっていますが、不自然に家をあけてでも不倫相手に会いに行くケースも見受けられるため、不倫に気付くきっかけになるようです。

熟年不倫されたら慰謝料請求はできる?

長年連れ添って信頼していた配偶者に不倫されることはショックも大きいことと思います。
このようなショックを「精神的な損害」として慰謝料請求することはできるでしょうか。

また、配偶者に熟年不倫をされてしまった場合に、慰謝料請求をすることにより「不倫は許さない」という強い意思を示す必要があるかも知れません。

以下では「慰謝料請求」することが可能であるかを解説します。

(1)不倫で慰謝料請求できる条件

離婚する・離婚しないに関わらず、以下の条件を満たせば配偶者、不倫相手に慰謝料請求は可能です。

  • 不貞行為

「不貞行為」とは、肉体関係を持つことです。
肉体関係がなければ不貞行為とはなりません。

ただ、熟年不倫の結果、離婚にまで至ってしまった場合には、肉体関係はなくても、夫婦関係が破綻するほど極めて親密な交際があったといえるだけの関係が認められれば、慰謝料を請求できることもあります。

  • 故意・過失

不倫の慰謝料請求は、民法上の「不法行為」に対する損害賠償請求ですから、加害者である配偶者や不倫相手に「故意・過失」という主観的要件が必要となります。

故意とは「ある事実を知っていたこと」
過失とは「不注意によってある事実を知らなかったこと」

不倫の場合ですと、

「既婚者であることを知っていたこと」
「既婚者であることを不注意で知らなかったこと」

この事実が認められれば「故意・過失」があると言えます。

配偶者への慰謝料請求であれば、自分が既婚者だと認識しているため、通常問題になりませんが、不倫相手に対して慰謝料を請求するのであれば、相手が「既婚者と知らなかった」と言い逃れを防ぐことが必要となります。

「私達が旅行に行くの、奥さんにはなんて説明してるの?」といったメールの文面など、配偶者の存在を知っていたことを推認できるような証拠が必要となってきます。

(2)不倫における慰謝料金額の決め方

不倫の慰謝料の裁判上の相場は、およそ数十万~300万円程度ですが、金額が法律で定められているわけではありません。

不倫の交際期間、不貞行為の回数、不倫が原因で離婚に至ったか、婚姻期間、子どもの有無などの個別事情によって変わってきます。

婚姻期間、不倫の期間が長くなるほど、慰謝料の金額は増額の傾向にあります。
また、離婚しない、子供がいないなどの条件は減額の理由になります。

(3)熟年不倫で慰謝料請求するときの注意点

慰謝料の額は、離婚の有無で慰謝料の額が変わります。
これは、夫婦関係に与えた影響の大きさが異なるためです。

離婚しない場合であれば、夫婦関係は破壊されるほどの被害を受けなかったということで、慰謝料の額は数万~100万円程度でしょう。

なお、慰謝料は、養育費や財産分与とは無関係です。

養育費は、監護親である一方に対し子の養育に必要な費用として他方から支払われる分担金です。
財産分与は婚姻中に築いた夫婦の財産を精算・分配することです。

離婚の際の金銭請求の際には、この内訳を明確にしたうえで慰謝料の請求を行うと良いでしょう。

【まとめ】配偶者の熟年不倫でお悩みの方はアディーレ法律事務所にご相談ください

熟年不倫は、子供が成長して時間やお金の余裕ができたこと、介護ストレスなどがきっかけになることが多いようです。
夫、または妻が不倫しているかは、行動の変化でチェックできるので記事をご参考ください。

配偶者に不倫された場合、離婚の有無を問わず配偶者本人、不倫相手に慰謝料請求をすることが可能です。

ただ、熟年不倫による離婚の場合には、他に養育費や財産分与など同時に考えなければならない点もあり、悩むことも多いかも知れません。
配偶者の熟年不倫の慰謝料請求についてお悩みの方は弁護士に相談することをおすすめします。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求についての電話相談も承っておりますのでご利用下さい。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中