過払い金請求とは?

過払い金の請求期限はいつまで?時効について解説

過払い金はいつまでも請求できるわけではなく、時効があります。

そして、1日でも早く過払い金を請求することで、時効を迎える可能性を下げられます。

過払い金請求の時効

過払い金請求の時効は、基本的に最後に取引した日から10年です。

2020年4月1日以降に完済した場合は、最後に取引した日から10年、または過払い金を請求できることを知ってから5年が時効となります。

過払い金の時効について

たとえば、2017年4月1日に完済し、その後そのカード会社との間で借入・返済がなかった場合、時効が成立するのは10年後の2027年4月1日です。

そして、時効である2027年4月1日までに、取引履歴の取寄せや、過払い金の計算、過払い金返還請求書の送付まで完了しなければ、回収できる過払い金がゼロになってしまいます。

過払い金300万円が
時効で消えてしまった方

お電話でのお問い合わせは0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

0120-316-742

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝日も繋がります

お電話で相談予約をする

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝日も繋がります

途中で一度完済している場合

過払い金の時効について

過払い金の計算は、原則としてすべての取引が対象となります。

そのため、一度完済してから同じカード会社と取引がなかった期間が途中にあったとしても、最後の取引から10年または過払い金を請求できることを知ってから5年以内なら、過払い金を取り戻せる可能性があります。

時効の成立で悔しい思いをしている方も

思ったら早く行った方がいいと思う。10年すぎてしまうと時効になってしまうので…。
自分ももっと早く行けばもっと戻って来たと少し後悔しています。
(60代・男性)

私は時効の事を知らず、大変悔しい思いをしました。あまり悩まず、気を楽にして相談して下さい。
アディーレさんの計らいで、少額でも返金があったことがとても嬉しかったです。
(60代・女性)

ある程度想定していたこととはいえ、一部の債権者の分については、「時効消滅のため回収不能の見込み」という調査結果の報告を実際に受けたときは悔やみました。
一刻も早く手続きを依頼すべきです。
(60代・男性)

あなたも後悔する前に!

お電話でのお問い合わせは0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

0120-316-742

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝日も繋がります

お電話で相談予約をする

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝日も繋がります

過払い金請求について不安なことはありませんか?

アディーレに過払い金請求を依頼することで、あなたは次のようなメリットを受けられます。

  • 過払い金の無料診断
  • 完済していれば初期費用ゼロ
  • お客さまが損をしないための保証
  • 取引履歴はご依頼後に弁護士が取寄せ
  • ご依頼後の手続はすべて弁護士が対応

このようなメリットがあるからこそ、費用や手続に関する不安を解消しつつ、過払い金を回収できます!

よくあるお悩みハッシュタグ

このページの監修弁護士

弁護士 谷崎 翔 アディーレ法律事務所

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2010年弁護士登録。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。