自己破産とは?

会社で取締役をしていますが、自己破産をするとどうなりますか?

一度、委任契約は終了してしまいますが、自己破産の開始決定後に再度、選任されれば、取締役になることができます。

会社と取締役との委任関係を規定している民法では、破産が委任契約の終了事由として規定されており、自己破産をする方が会社の取締役をしている場合には、退任することになってしまいます。

さらに以前は、商法により、破産の開始決定を受けて免責が確定するまでの間は取締役になることができないと規定されていました。

しかし、2006年に新会社法が施行され、商法の規定が削除されたことで、破産の開始後、免責が確定するまでの間であっても取締役になることができるようになりました。

そのため、一度、委任契約は終了してしまうものの、再度会社から取締役に選任されれば、取締役になることができるのです。

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。