自己破産とは?

自己破産で免責(借金の支払義務の免除)が認められないのは、どのような場合ですか?

ギャンブルや著しい浪費などが原因でできた借金については、免責が認められない場合があります。

ただ、そのようなケースでも、たとえば東京地方裁判所の場合、「少額管財」という手続によって、免責が認められる可能性があります。少額管財とは、裁判所から選任された破産管財人(破産者の財産などを調査する人)が、破産者の財産や免責不許可事由(破産者が財産を隠した、ウソの説明をしたなど免責が認められない行為)の有無を調査する手続です。この少額管財により、免責不許可事由の内容や程度、反省の有無、「自己破産の手続に真剣に取り組み、浪費をしていないか?」といった今後の生活を立て直せる見込みなどを調査したうえで、免責が認められることがあります。

現在では、少額管財手続により免責不許可事由のある方であっても、その多くは免責が認められる運用となっており、2017年の調査結果によると、免責不許可の割合は0.5%(1,000人あたり5人)※と、免責が認められないケースはかなり限られているようです。

※参考:2017年破産事件及び個人再生事件記録調査|日本弁護士連合会

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

相談前は、毎日不安の日々でした。今は精神的にも安心でき、思い切って相談して良かったです。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 60代以上
  • 女性
債務者アイコン

自己破産は大変なことだと思っていました。従業員の方の対応が親切で、もっと早くお願いすればよかったです。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 60代以上
  • 男性
債務者アイコン

支払が困難になり、依頼しました。対応が丁寧で、信頼してお任せできました。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 50代以上
  • 男性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。