あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

借金の延滞でかかる遅延損害金とは?支払いの回避策があるって本当?

作成日:
yamazaki_sakura

『遅延損害金』という言葉を聞いたことはありますか?
『遅延損害金』とは、お金を支払わなくてはいけない時に、約束した期日までに返済しなかった場合のペナルティです。
期日までに支払いをしている方は、あまり気にしたことはないのでないでしょうか。

普段はあまり気にすることのない『遅延損害金』、実は結構怖いんです。
放っておくと、とんでもない金額になります。
遅延損害金が膨らんで、借金の返済が苦しい時は『任意整理』をすると、遅延損害金の支払いを免除してもらえる可能性があります。

遅延損害金は支払いを遅らせると遅らせるだけ、どんどん金額が大きくなってしまいますので、早めに対応することが大切です。
今回は、

  • 遅延損害金とは何か
  • 遅延損害金の上限と計算方法
  • 遅延損害金の支払いの回避方法

についてご説明します。

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

『遅延損害金』とは?

遅延損害金』とは、支払わなくてはいけないお金を支払期日までに支払わなかった場合のペナルティです。
お金を借りた場合も、返済期日までに返せなかった時は遅延損害金が発生します。

『遅延損害金』と『利息』は別のもの

借りたお金(=元金)以外にかかるお金と言えば、『利息』をイメージされると思います。
『遅延損害金』と『利息』は、全くの別物です。
『利息』と『遅延損害金』が、同時に発生することはありません。
返済期日を境に、返済期日まで発生するのが『利息』、返済期日の翌日以降発生するのが『遅延損害金』です。

例えば、1月1日に10万円を借りて、2月1日に返すという約束をしたとしましょう。
利息は、返済期日である2月1日まで発生します。
2月2日以降は利息ではなく、遅延損害金が発生します。

利息っていつから発生するの?

利息は、あくまでも取っても取らなくても良いお金です。
いつから利息が発生するのかについては、当事者の契約で自由に決めることができます。

利息を取ることは決めたけれど、いつから利息が発生するか決めていない場合について、最高裁判所の判例(昭和33年6月6日判決)は、「お金を貸した当日から」利息が発生するとしています。

利息とはお金を借りたことの対価です。
判例は、お金を受け取った当日からお金を自由に使える以上、その日から利息を支払うべきという考えなのです。

ですから、利息を取ると決めたけれど、いつから発生するか特に何も決めていなければ、お金を貸した当日(例で言えば1月1日から)利息が発生します。

上の例で利息は取ると決めたけれど、発生時期を定めていなければ、利息の発生期間は1月1日から2月1日までです。2月1日に元金10万円と利息をまとめて返すことができれば、遅延損害金は発生しません。

ですが、2月1日の返済期日までに元金と利息分のお金を返せなかった時には、2月2日から遅延損害金が発生します。

参照:最高裁判所の判例(昭和33年6月6日判決)|裁判所 – Courts in Japan

『利息』や『遅延損害金』の上限について

利息や遅延損害金は、当事者の間で決めれば無制限に請求できるわけではありません。
お金を借りる側というのは、貸す側に比べて弱い立場にあります。
お金に困って、どうしてもお金を借りたいという窮状に乗じて、貸す側が不当に高利の利息や遅延損害金を請求することはできません。
利息制限法という法律で、その上限は決まっています。

(1)利息の上限と計算方法について

利息制限法では、借りる金額によって、以下のとおり利率の上限が3段階で定められています。

この上限を超える部分は違法です。上限を超えた部分は無効となりますから、支払う必要はありません。

例えば、10万円を年利20%の利息で貸すという場合、上限の18%を超える2%分は違法ですから、その分は無効になります。
もしも、上限を超えた利息を支払ってしまったという場合には、返すように請求することができます。

それでは、利息の計算方法についてご説明します。
返済期日まで1年未満しかないという場合は、利息は日割りで計算します。この場合の計算方法は、

という式で求められます。
(※うるう年の場合は366日で割ります。また、利息制限法の上限利率を超えなければ、うるう年であっても365日で計算するとしたり、月単位、週単位で利息が発生することにするなど、契約で異なる方法にすることもできます。)

なお、個人間で借金をする場合、最初に利息が発生すると決めておかなければ、後から利息を請求されることはありません(※個人が貸金業者からお金を借りる場合も同様ですが、貸金業者が利息を付けずにお金を貸すことは通常考えられません)。

(2)遅延損害金の上限と計算方法について

次に、遅延損害金の上限についてご説明します。
遅延損害金は、

  • 個人間の借金
  • 貸金業者からの借金
  • 遅延損害金を決めていない場合

について、それぞれ利率が異なっていますので、それぞれに分けてご説明します。

(2-1)個人間の借金について

遅延損害金も、利息制限法によって上限の利率が3段階定められています。
遅延損害金の法律上の上限は「利息の1.46倍」(利息制限法4条1項)ですから、以下のとおりになります。

遅延損害金の計算方法は、基本的には利息の場合と同じです。
返済期日の翌日から実施に支払った日までを「滞納期間」として計算します。

なお、1年以上支払いが遅れた場合には、1年分はまとめて計算した上で1年未満の端数分を計算して、合計することになります。

参考:利息・損害金の計算について|裁判所 – Courts in Japan

(2-2)貸金業者からの借金について

利息制限法は、「営業的金銭消費貸借上の債務」については、遅延損害金の上限は20%であると規定しています(利息制限法7条1項)。
「営業的金銭消費貸借上の債務」とは、要は銀行や消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合です。
業者からお金を借りる場合の『利息』の上限は、これまでお話したとおりです(借りる金額によって、それぞれ20%、18%、15%です)。

他方、『遅延損害金』については、その上限は一律20%なのです。
ですから、借りる金額が10万円以下、という場合には、利息も遅延損害金も利率は同じ、ということになりますね。
もしも20%を超える遅延損害金を請求されている場合には、20%を超える部分については違法ですので、支払う必要はありません(※2010年6月18日以降にお金を借りた場合です)。

(2-3)遅延損害金を定めなかった場合について

お金の借りる際、遅延損害金を決めなかった場合はどうなるのでしょうか。
利息は、基本的に最初の契約で取ると決めなければ後から請求することはできません(※商人間の借金は除きます)。

ですが、遅延損害金は、当事者が決めていなかったとしても、一定限度で請求することができます。
遅延損害金の利率は、お金を借りた時期によって、異なるので注意が必要です。

お金を借りたのが2020年4月1日より前であれば、借りた相手が『商人』(会社など営利事業を営んでいる者)か、「商人」ではない個人かで遅延損害金の利率は異なっていました。

ですが、民法が改正され、2020年4月1日以降にお金を借りた場合には、借りた相手に関わらず、遅延損害金の年利は3%です(※今後、3年ごとにさらに見直される可能性があります)。

利息は一定額以上には増えないが、遅延損害金は支払うまで増え続ける

先ほどご説明したとおり、利息の発生は『返済期日』までです。
返済期日までは、利息は日々増えていきますが、返済期日以降は発生しませんので、それ以上増えることはありません。
他方、遅延損害金は、返済期日の翌日以降、実際に支払いを終えるまで、毎日増え続けることに注意が必要です。

貸金業者からお金を借りる場合、遅延損害金が上限の20%かそれに近い利率が定められていることも多いです。
100万円を借りて、返済期日を1年過ぎてしまえば、それだけで20万円の遅延損害金が発生します。
今、まさに借金の返済を滞納しているという方は、遅延損害金だけでいくらあるのか、まずは把握されることをお勧めします。

遅延損害金は消滅時効にかかる?

『消滅時効』という言葉を聞いたことはありますか?
消滅時効とは、一定の期間が経過することによって、文字通り、権利が消滅してしまうことです。
遅延損害金も時効により消滅します。

ただ、借金をした場合の遅延損害金は、基本的には、遅延損害金独自の消滅時効を考えるのではなく、元金(借りたお金)の時効とセットで考えます。
つまり、元金が時効によって消滅すれば、遅延損害金も元金と一緒に時効により消滅します。

借金の元金の消滅時効はいつ?

それでは、借金の元金が時効により消滅するのはいつでしょう。
この点、やはり借金をした時期によって、扱いが異なります。

(※2020年4月1日以前に借りた場合の時効の起算点は、いずれも「債権者が権利を行使できる時から」です。)
上の図の期間が経過していれば、債務者は消滅時効を援用できます。

借金の消滅時効について、詳しくはこちらをご覧ください。

借金滞納したら貸主から督促状が!弁護士に相談したら時効だった!?

借金の元金が時効により消滅している場合には、遅延損害金も時効により消滅しています。

ただ、消滅時効に関しては、起算点がいつか、途中で中断していないか、など確認する必要がありますので、長年督促を無視するなどして借金が消滅時効にかかっているのではないかという場合には、事前に弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

遅延損害金の支払いを回避できる可能性がある?

借金の返済はまだ何とかできるけれど、遅延損害金が膨れてしまって苦しい……。
そんな時は、『任意整理』を検討してみてください。
「任意整理」とは、今後発生する利息(将来利息)をカットしてもらい、残った元本だけを分割で払っていくことを、借入先と交渉する手続きです。

任意整理は、裁判所などを介さずに、弁護士が直接債権者と任意に交渉する手続ですので、相手方によっては、遅延損害金の支払いもカットしてくれることがあります。

債権者としても、遅延損害金にこだわって、結局元金も支払ってもらえずに破産などされるよりは、カットできる部分はカットして、最低限元本にプラスアルファした分を回収できれば良いと考える場合もあります。
自己破産を考えるほどでもないけれど、膨れた遅延損害分を何とかできないか……そんな時は、『任意整理』をお勧めします。

弁護士を依頼するメリットについて

『債務整理』をするとは言っても、なかなか個人の方が自力で債権者と交渉するのは難しいです。
貸金業者によっても、比較的『任意整理』に応じてくれる業者と、そうでない業者がいます。
交渉には時として専門的知識も必要ですので、次のようなリスクがあります。

  • 債権者に交渉に応じてもらえない
  • 交渉がなかなか進まない
  • 期待した条件で和解できなかった
  • 過払い金があったのに見落としてしまった

弁護士に『任意整理』を任せる場合、弁護士会では、『任意整理』に関する統一的な基準を設けています。

例えば、東京には3つの弁護士会がありますが、『東京三弁護士会統一基準』の主な内容は、次のとおりです。

弁護士が債権者と『任意整理』の交渉を行う際は、このような統一基準に沿った形で交渉します。
債権者(特に貸金業者)も、弁護士との交渉に慣れていますので、このような『統一基準』も承知しています。

ですから、ご自身で交渉するよりも、弁護士に交渉を依頼する方がスムーズに交渉が進む可能性があります。

任意整理について、詳しくはこちらをご覧ください。

任意整理で借金はいくら減る?借入額ごとの減額シミュレーション

また、弁護士に依頼する最大のメリットは、次の点です。

『過払い金』の見落としがない

ことです。

いろんなところから借金をしていて、借りては返すことを繰り返していると、中には、利息を払いすぎている場合(いわゆる過払い金)があり、適正な利息に計算し直すと借金が大幅に減る方がいらっしゃいます。

弁護士に依頼する場合、場合によっては、『信用情報機関』に対する情報開示請求を行い、『過払い金』が発生していないかを調べます。というのは、過去の借金のうち、完済した借金については、ご本人もうっかり存在を忘れていることがあるからです。

本来は、『過払い金』が発生していて、その返還を請求できたのに、忘れていたがために請求できず、結局過払い金の返還請求権が時効により消滅してしまうというケースは思いのほか多いのです。

『信用情報機関』に対する情報開示請求を行えば、どの金融機関に借金をしていたのか、ご本人も忘れていた借金について調べることができます。なお、『信用情報機関』への情報開示請求は、ご本人でも簡単にできますが、情報の開示を受けただけでは、過払い金の金額を計算することはできません。

過払い金の金額を計算するためには、借入をしていた貸金業者などから「取引履歴」(借り入れと返済の履歴)といったものを取り寄せて計算し直す必要があります。
ご自身で過払い金の計算をすることは不可能ではないものの、弁護士に相談する方が多いです。『信用情報機関』に対する情報開示について詳しくはこちらをご覧ください。

どこの金融機関から借金したか忘れてしまっても、債務整理はできる?

また、『任意整理』によっても借金の返済のめどが立たない、という方は、『民事再生』や『自己破産』を検討されることをお勧めします。
借金の返済がきつい、という方は、

  • 払い過ぎの利息はないか
  • 任意整理で遅延損害金などをカットできないか
  • 民事再生や自己破産についても考えた方が良いか

などについて、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

【まとめ】借金の返済を滞納した場合、返済期日の翌日から遅延損害金が発生する。『任意整理』をした場合には、遅延損害金の支払いを免除してもらえることもある。

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 遅延損害金とは、支払いを滞納した時のペナルティである。
  • 借金をした場合、返済期日の翌日から実際に返済するまで、毎日発生する。
  • 利息は、基本的にお金を借りた日から返済期日までに発生する『お金を借りた対価』であり、遅延損害金とは別物である。
  • 利息の上限は、借入金額によって次のとおり異なる。
    1.10万円未満であれば年20%
    2.10万円以上100万円未満であれば年18%
    3.100万円以上であれば年15%と利息制限法で決まっている。
  • 遅延損害金の上限は利息の1.46倍だが、消費者金融などの貸金業者から借金をした場合の遅延損害金の上限は年20%である。
  • 遅延損害金の支払いが苦しければ『任意整理』をすれば、遅延損害金の支払いを免除してもらえることもある。
  • 『債務整理』について弁護士などに相談すれば、信用情報機関への情報開示請求をする、などして債務を確定し、場合によっては、過払い金が発生していることが発覚することもある。

アディーレ法律事務所では任意整理を取り扱っており、任意整理についてのご相談は何度でも無料です。
アディーレ法律事務所では、任意整理をご依頼いただいたのに所定のメリットがなかった場合、当該手続きにあたってアディーレ法律事務所に、お支払いいただいた弁護士費用を原則として全額ご返金しております(2022年4月時点)。

任意整理でお悩みの方は、任意整理を得意とするアディーレ法律事務所にご相談ください。