自己破産とは?

自己破産をした場合、引越しはできますか?

自己破産をすると、少額管財の場合、手続中に居住地を変更するときは、事前に破産管財人(破産者の財産などを調査する人)の同意や、裁判所の許可が必要になります。もし、引越しについてやむを得ない事情があれば、比較的簡単に破産管財人や裁判所の許可が得られます。

他方、自己破産の申立てをする前などは、引越しについて裁判所の許可を得る必要はありません。ただし、少額管財・同時廃止のいずれにおいても手続中の場合は、転居後に代理人の弁護士を通じて、裁判所へ住所変更の報告が必要になります。

ちなみに、各裁判所によってその名称は異なりますが、たとえば東京地方裁判所の場合、自己破産の手続には、少額管財(原則)と同時廃止(例外)という2つの手続があります。少額管財と同時廃止のどちらになるかは、裁判所により判断されます。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

借金問題の解決方法は、個人によって異なります。あなたに合う解決策を一緒に考えますので、おひとりで悩む前にまずはご相談を!

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

債務者アイコン

依頼を迷う気持ちは察します。勇気を出して一歩を踏み出せば、きっと道は開けます。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 50代以上
  • 男性
債務者アイコン

手紙などは、アディーレ名義ではなく、個人名で送ってくれるのが良かった

  • ★★★★★満足
  • 自己破産
  • 50代以上
  • 男性
債務者アイコン

本当に親身になって相談に乗ってくれました。安心できます。

  • ★★★★★★大満足
  • 自己破産
  • 40代以上
  • 男性

ご相談は何度でも無料!

お電話でお問い合わせ タップで電話がかかります

【通話料無料】朝9時~夜10時 土日祝も受付中

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。