あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

預金残高がゼロになってる!預金差押えを受けたときの対処法

作成日:更新日:
リーガライフラボ

「預金を引き出そうとしたら、残高がゼロになっていた。記帳すると、サシオサエと記載がある……」預金への差押えを受けると、このようなことが起こります。

この記事では、

  • 預金差押えの概要
  • 預金差押えを受けると、その口座はどうなるか
  • 預金差押えを受けた場合に日常生活に出る影響
  • 1回の預金差押えでも完済できない場合どうすべきか

について弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2010年弁護士登録。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。現在、東京弁護士会所属。

預金差押えの概要

預金差押えの流れと差押えの理由の調べ方、不服申立てについて説明します。

(1)預金差押えとは

借金の返済が滞ると、債権者が銀行預金への差押えを行うことがあります。
差押えとは、

金銭債権を強制執行できるようにするため、債務者が財産譲渡などの事実上または法律上の処分をすることを禁じる目的で行われる手続き

引用:三省堂編修所(編集)『デイリー法学用語辞典』三省堂 P.236

具体的には、債権者が債務者の銀行口座の預金を差押えて、強制的に債務の回収を行います。裁判所が強制執行の一種として行います。

事前に預金が差押えられることがわかると、預金を引き出されてしまい、差押えの効果がなくなるため、事前に差押えの日時を知ることはできません。
預金差押えの流れは、通常次のようになります。

※銀行が預金について供託所へ供託を行った場合を除きます(民事執行法(以下「法」)第156条1項、2項)。

債務者よりも先に銀行に対して裁判所から「債権差押命令」が送達され、その時点で差押えの効力が生じます。
銀行は債権差押命令を受け取ると預金を別口座に移動します。
その後債務者に債権差押命令が送達され、1週間後に債権者は直接銀行から預金を取り立てられるようになります(法第155条1項)。

(2)差押えを受けた理由を調べる

まずは、なぜ差押えが起きたのかを把握する必要があります。
返済が滞っている借入先が1つだけであれば、その借入先による差押えの可能性が高いですし、差押命令には、差し押さえた相手が記載されていますので、差押えた相手はわかります。
差押えの前には、裁判所から訴状・支払督促や判決等が届いていますので、その記載で原因がわかります。

(3)差押えに不服がある場合は異議を申立てる

債務者に債権差押命令が送達されて1週間で債権者による取立てが可能となり、一度取り立てられた預金を取り戻すことは原則できません。

そのため、差押えについて不服があれば早期に対処しなければなりません。

(3-1)身に覚えのない差押えの場合

身に覚えがない差押えや、不当な差押えに対しては、抗告や異議を申立てることができます。
お早めに弁護士にご相談ください。

(3-2)このまま差押えを受けては生活が立ち行かなくなる場合

年金や生活保護費等の受給権は「差押禁止債権」に該当し、差押えが禁止されています。
差押禁止債権について詳しくはこちらをご覧ください。

差押禁止財産とは?差し押さえられない物をわかりやすく解説!

しかし、差押禁止債権でも、ひとたび口座へ入金されてしまえば、預金として差押えられます。

預金がこのままなくなってしまっては生活が成り立たないという場合には債務者の生活の状況その他の事情を考慮の上、裁判所が差押命令の全部または一部を裁量で取り消してくれる可能性があります。

(3-3)差押えを受けて困ったら迅速に弁護士に相談を

差押えについて争うためには迅速な対応が必要です。早急に弁護士にご相談ください。

預金差押えを受けると口座はどうなる?

預金差押えを受けるのは、債権者からの請求額及び強制執行に必要な費用(執行費用)の限度です(法第155条1項)。
それを上回る金額は差し押さえられません。

また、1つの債権差押命令で差押えを受けるのは、銀行への債権差押命令の送達時に口座に入っていた預金です。
それ以後に入金されたものは当該債権差押命令の対象ではないため、自由に出金できます。
もっとも、完済に至るまで、債権者が再度の預金差押えを図る可能性はあります。

さらに、預金差押えを受けたからといって必ずしも口座が凍結されるわけではなく、口座自体の利用は可能です。

預金の差押えで日常生活に出る影響

預金残高が差押えによってゼロになった場合、予定していた公共料金等の引落しができなくなります。

また、差押えがあったという情報が当該銀行の内部で保管され、不利益をうける可能性があります。

預金差押えでも完済できない場合には、債務整理を

預金差押えでも完済に至らない場合、残りの金額についての返済義務は存在し続けます。
このような場合には、債務整理によって返済の負担減を検討しましょう。

それでは、債務整理を行うメリットについて解説します。

(1)借金等は債務整理によって支払負担を減らすことができる

通常の借金であれば、債務整理を行うことで支払負担を見直すことができます。
債務整理には、主に任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。

任意整理とは、払い過ぎた利息はないか、利息制限法で定められた上限を超える部分を上限となる利率に基づいて計算し(引き直し計算といいます)、負債額を算出し、残った借入れ金額について、将来利息のカットや数年間の分割による月当たりの支払額の減少等による総合的な返済負担の軽減を目指して個々の借入先と交渉する手続です。

個人再生とは、負債が返済困難であることを裁判所に認めてもらい、法律に基づき定められた最低弁済額を原則3年間で分割して返済していく手続です。
最低弁済額は負債総額や財産価額等をもとに決まりますが、大きな財産がなければ総返済額を大幅に減額できる可能性があります。
また、条件を満たしていれば「住宅資金特別条項」を用いて住宅ローンの残った自宅を残せる可能性があります。

自己破産とは、債務者の収入や財産からは負債を返済できないことを裁判所に認めてもらい、原則全ての負債について返済義務を免除してもらう手続です。

自分の状況に合った債務整理を選択することで、借金の返済負担を軽減し、生活の立直しにつなげることができます。

(2)個人再生や自己破産では、借金についての差押えを停止・失効できる

既に借金についての差押えを受けてしまっていても、個人再生や自己破産の裁判所での手続が開始すれば、差押えは中止・失効します。

個人再生の場合、個人再生の申立てを受けた裁判所が「個人再生手続開始決定」を出すと差押えは中止し(民事再生法第39条1項)、無事に認可決定が出れば失効します(同法第184条本文)。
また、開始決定より前に差押えを中止したい場合には、個人再生の申立ての際に強制執行についての中止命令の申立てを行えば、裁判所が職権で中止を認める可能性があります(同法第26条1項2号)。

自己破産の裁判所における手続は、管財事件と同時廃止の2種類があります。

管財事件の場合は破産手続開始決定が出れば失効します(破産法第42条1項)。
同時廃止の場合には、開始決定により差押えは中止となり(同法第249条1項)、負債の免除をするという「免責許可決定」が確定すれば失効します(同法第249条2項)。

(3)税金や養育費等、債務整理でもなくせない支払義務への対処

税金等の公租公課や養育費、故意または重過失により人の生命・身体を侵害した不法行為責任、積極的な害意による不法行為責任等、裁判所での債務整理を行っても支払義務を減らしたりなくしたりすることのできないものがあります。

しかし、債務整理によって借金の返済負担を見直せば、これらの支払もよりスムーズにできるようになることを期待できます。
借金返済と相まってこれらの支払が困難になっている場合には、借金問題と合わせて弁護士に対処法につきご相談ください。

【まとめ】預金差押えを受けても完済できない場合、支払負担の軽減のためには債務整理の検討を

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 預金差押えはあくまで債権差押命令が銀行に送達された時点の預金を押さえるもので、口座凍結とは異なり以後の口座の利用自体が不可能となるわけではない。ただし、未払い額が解消されるまで繰り返し差押えを受けるリスクはある。
  • 預金差押えでも完済に至らない場合には、債務整理による返済の負担減を図る必要がある。税金や養育費等、債務整理をしてもそのまま支払義務が残るものもあるが、借金について返済負担を見直すことでこれらの支払いもより円滑になることを期待できる。

預金の差押えを受け、異議を申立てる場合には迅速に動かなければなりません。
また、預金差押えでも完済に至らず、他社の返済も困難になっている場合には、生活再建のため債務整理による返済負担の軽減が不可欠です。
預金差押えを受けてお困りの方はアディーレ法律事務所にご相談ください。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上,弁護士140名以上。ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

もしくは

ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ

0120-316-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

新型コロナウイルス感染対策における電話での債務整理相談実施について
(1月14日更新)

お気軽にお問い合わせください

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2010年弁護士登録。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。現在、東京弁護士会所属。

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。