自己破産とは?

自己破産をすると、子どもの学資保険は解約しなければなりませんか?

誰の財産であるかは、単に名義だけにとどまらず実質的に判断されます。

通常の場合、子どもは自ら学資保険を積み立てることができませんので、実質的にみて親本人の財産であると判断される可能性が高いといえます。

ただし、処分されるのは学資保険の解約返戻金が20万円を超える場合であり、20万円以下の場合には学資保険を解約する必要はありません。

また、解約返戻金が20万円を超えるとしても、契約者貸付制度がある場合にはこれを利用して解約返戻金を20万円以下にすることにより、解約を回避することが可能です。

※東京地方裁判所の場合

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。